FC2ブログ

いい湯だな ハハハン ♨

僕、毎朝コンビニに行きまして、飲み物と大分合同新聞と謂う地方紙を買うのが常なんですね。地方紙はやっぱり、全国紙に較べて、地元のニュースが詳細ですから、常々愛読しているのですけれど、今朝は読んでいて何だか凹みました…。だってね、見出しだけ拾ってみますね。「4月の県内宿泊者84㌫減 最少6万5455人」、「困窮学生に最大20万円 閣議決定、43万人に 10人に1人不十分 学生団体が声明」、「シネマ5(大分のミニシアターです)を共に支えよう コロナ禍で苦境」、「粗鋼生産1万㌧割れ 10年ぶり」、「県北の自動車産業 苦戦 仕事半減億単位の損失」、「地域の病院 経営悪化 閉院続けば第2波に懸念」、「特急ソニック1日22本運休」、「大分交通は減収 今期は最も困難に」、「県内で初 コロナ関連倒産 日田市の旅館」…。ねえ、朝からこんな見出しのオンパレードでして、そうそう、大分県庁内の大きなレストランも潰れたと、昨日のTVで謂ってましたっけ。

こんな片田舎でも酷い惨状でありまして、此れが全国で起きているかと思うと、もう気力を失いますよね…。世界を見ても、経済は-5㌫になる由、最大6000万人が極度の貧困に陥るんだとか。道理でねえ、日本の4~6月期のGDPは、戦後最悪の数字になる由でした。僕、憂慮しているのがホテルや旅館でして、本当に苦しいだろうなァ。経営者や従業員の皆様の胸中、察するに余りあります。

パーソナルな話で恐縮なんですが、僕、前の病院に勤めている時、矢鱈と東京出張が多かったんですね。人材の確保や勉強会の出席等々、1度上京すれば、1週間前後滞在する事もしばしばでした。定宿の人形町を拠点に、四ツ谷でセミナーを受け、目黒で商談をし、高田馬場でヘッドハントをし、時には新宿で落語を聞き、渋谷で映画を観て、神保町で古本を買い、寸暇を惜しんで忙しなく動いていました。で、仕事を1週間精一杯頑張りまして、金曜日の夕刻、今は無き寝台列車に乗り込みまして、有楽町の灯りを後ろに駅弁を食べると。カラスカァと啼いて夜が明ければ、車窓からは瀬戸内海が見え、そしてお昼前に泉都別府に到着します。べっぷ~べっぷ~と、やや間延びしたアナウンスがあり、駅に降り立ち、予約しておいた温泉旅館に行きまして、先ずは旅塵を落とすべく、露天風呂に入ると。もうねえ、都内でのハードな仕事の終わった解放感と、地元に戻った安堵感と、温泉の気持ち良さに、思わず声が出ますもんね♨

で、お部屋に戻り、冷えたビールを飲むと。此れが又美味しいんです♡で、寝台列車って中々熟睡出来ませんからね、其のままお昼寝です♪目が覚めたら又温泉に浸かり、浴衣姿で夕闇迫る別府をそぞろ歩き、風呂上りで汗をかいてますから生ビールをやりまして、地酒と地魚に舌鼓を打つと。で、旅館に戻りまして、好きな音楽をかけたりして、神保町で買った古本を読みながら寝酒のウヰスキーを飲んで、パタンと寝るんです。翌日はひねもすのたりのたり哉、のんびりと湯に浸かり、リフレッシュします。そして、其の翌朝から又仕事を頑張るんです。当時の僕にとって、いや、今でも旅館って、無くてはならない物、そう思えてなりません。

閑話休題、日本の旅館の歴史を紐解きますと、平安期に、お寺の信者さんを泊める為に、宿坊を造ったのが其の始まりだそうです。そして、行基と謂う奈良時代のお坊さんが、巡礼の為の宿泊施設を全国に造ったんですね。江戸期になりますと、東海道53次に宿が出来まして、本陣に脇本陣、旅籠屋や茶屋等々、様々な宿泊施設が出来るんです。となりますと、自然と競争が生まれるんですね。美味しい物を出そう、温泉に入ってマッサージを提供しよう、給仕する人は美人にしよう等々、どんどんと進化し続けまして、現代に至る訳です。

でも、コロナが蔓延し、中々、旅に出て旅館に泊まろうとは思いませんよね…。でも、此の惨状を放置していては、日本全国津々浦々の旅館は、どんどん潰れてしまいます。平安期から続く文化の崩壊でありまして、政府の皆さん、何とかして下さいな。山形県では、県民に対し、クーポン券を配布、旅館への宿泊を補助しています。でもね、僕、旅館に限らず、其の程度じゃダメだと思うんです。日経新聞では数日前から、「コロナ 疲弊する地方」と謂う連載が始まりまして、読めば読む程、溜息が出る惨状です。

僕、問題は旅館だけじゃないと思うんです。全ての業種が今、苦しんでいる訳で、此れを打開するには、思い切った手段しかありません。即ち、1か月間、全国民の行動の自粛を命令します。そして、兎に角PCR検査を行ない、何人の感染者が居るのか把握するんです。勿論、自粛期間中に必要なお金は、日本政府が全額支給します。其の1か月の間、病床や医薬品を確保、コロナの第2波に備え、厳密なシュミレーションを行います。そして、自粛期間が解けたら、大減税を行い、就職を斡旋し、政府が補助金をどんどん出すと。当たり前の事なんですが、コロナを抑え込み、経済を回復するには、此れ位やらないと無理と思うんですよね。確かに、自粛中の1か月は、経済は落ち込むでしょう。でも、其れからは、貯め込んだエネルギーが爆発、大減税も相まって、日本経済はV字回復すると思うんですが、如何でしょうか!?謂わば、損して得取れ、であります。今の政府のやり方は全て後手後手、中途半端でありまして、二兎を追う者は一兎も得ず、結局はコロナの第2波を防げず、経済は低迷するばかり、そうなりゃあしませんかねえ…!?
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR