FC2ブログ

RESPECT!

すみずみを 叩きて湖の 驟雨かな、週末の大分は雷雨でありまして凄まじい雨量、閉口しました。僕、何だか気が滅入ってしまったんですが、其れも其の筈、今、良いニュースが全く無いでしょ。帝国データバンクに依れば、今年1年で倒産が1万社、解散や休業する処は2万5千社になるとの事でした。1部上場企業のレナウンは創業明治35年、1世紀以上の歴史を持つ、老舗のアパレルですけれど、コロナの所為で売上が激減、倒産の憂き目に遭いました。全国紙各紙を眺めていても、札幌の百貨店が潰れ、京都の観光地には閑古鳥が鳴き、名古屋の劇場は倒産寸前、神戸牛の価格は値下がり、新規の採用は激減ですって。JR各社や飛行機会社、旅館については謂わずもがな、全国の介護施設も閉じる処が急増していますし、何と83・7㌫の企業の売上が下がったそうでありました。もう直ぐボーナスのシーズンですけれど、貰えなかったりする人が沢山出る気がしてなりません。住宅ローンや教育費もあるでしょうし、どうして国は何もしてくれないんですかねえ…。吃驚したのが、諸外国に対し、日本から1000億以上の援助金を贈るそうで、いや、日本国民に下さいよ…。だから支持率が急落し、33㌫になるんですぜ。

ところで、台湾には地震研究所がありまして、其処の先生が、「1か月以内に日本で、マグニチュード8以上の大地震が来る。」と予測しています。何でも、大気中の電圧を測定し、予想するんだとか。先生の予想が当たるかは分かりませんけれど、日本の近隣で、かってない程の電圧が測定されたのは間違い無い様です。しかしね、僕、現政権にはもう何も期待してませんけれど、どうせ下野するんですから、1つ位は良い事をして退陣して欲しいんですよ。其れは、食糧の備蓄です。古来から日本は天災が多く、食糧を備蓄し、万が一に備えていました。縄文式土器に食糧を詰めて保存し、弥生期には高床式倉庫が出来ました。奈良時代には義倉が、平安期には穀倉院に食糧を保管していました。義倉には、粟を9年間保存すると謂う決まりがあったそうです。江戸期には、城付米、と呼ばれる制度がありました。全国68か所に44万石のお米が保存されていたそうです。因みに、1万石の単位とは、1万人の人が1年間に消費するお米の量となります。ですから、単純計算で、44万国あれば、132万人の人が3か月間、お米を食べられる事になるんですね。此の城付米、飢饉や出火や地震の際、とっても役に立ったそうです。あの~、現政権の皆さん、そういう備えはあるの!?もし無いならばアナタ達、奈良や平安の政治家よりも劣る事になりますぜ。

閑話休題、ところで皆様、週末は如何お過ごしでしたか!?僕、専らDVD鑑賞に専念していたんです。でね、何と20年前の音楽のライブを観たんですが、いや~、感動したなァ…♪「リスペクト 清志郎」と謂う作品でして、故忌野清志郎さんの歌手生活30周年を祝ったライブなんですね。清志郎さんと謂えば、キング・オブ・ロックと呼ばれ、一世を風靡したバンド、RCサクセションのボーカルでして、各界に多大な影響を与えました。でね、此のライブ、清志郎さんの曲を、様々なミュージシャンが夫々歌うんですね。キャパシティや時間、夫々の都合もありますから、参加出来ずコメントだけの方も居ましたけれど、将に眼福と申しますか、日本音楽界の大物ばっかりなんですよ。僕、10数年振りに観たんですが、本当に吃驚しましたもの。だって、泉谷しげるに井上陽水、矢野顕子に奥田民生、斎藤和義にゆず、及川光博にハイロウズ、ゴスペラーズにアルフィーの坂崎幸之助が、夫々清志郎の歌を歌うんですもん♪又ねえ、皆さんが清志郎を心から尊敬しているのが伝わり、素晴らしいライブでした。そうそう、コメントをした人達も、ウルフルズに細野春臣、高橋幸宏にシーナ&ザ・ロケッツ、三浦友和に坂本冬実って、どんだけ豪華な面子なんでしょう。ロック・ファンで未見の方は、是非1度ご覧になる事をお勧めします。

でね、騎虎之勢で僕、音楽DVDを観まくってたんです。「リスペクト 清志郎」は勿論ですが、僕の選ぶ音楽映画ベスト5を、皆さんにご紹介します。今、コロナで中々お外に出られませんからね、レンタルで借りて、観て頂けたら嬉しいな♡

さて、順不同で残りの4つをご紹介しましょう。先ずは、ビートルズのアニメーション、「イエロー・サブマリン」でしょうか。ビートルズの楽曲がふんだんに使われているのは勿論なんですが、アニメーションがもう、ポップ・アートと申しますか、芸術なんですよ。此れ、絵画のお好きな方に気に入って頂けると思います。お次は「アマデウス」かなァ。楽聖モーツァルトの生涯を辿った作品ですが、当時のオペラや衣装が楽します。モーツァルトの天才性が分かる演出も真にお見事でした。半ばからはサスペンスの味付けもありまして、将に傑作でありましょう。そして、キューバ音楽を題材に取った、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」、平均年齢80歳を超える老人バンドなんですが、其の演奏や歌唱力のまァ見事な事、最後はワールド・ツアーまでやっちゃうんですもん。僕、本作は渋谷のミニ・シアターで観たんですが、前列の女性が立ち上がり、踊り出したのにも感動しました。最後は、「グレーテスト・ショーマン」かな。此れはもう、近年ではピカイチでして、歌もダンスも真に見事、現代にマッチした傑作と思えてなりません♪

其の他にも、「スクール・オブ・ロック」、「キャデラック・レコード」、「トミー」、「ブルース・ブラザーズ」、「ザ・コミットメンツ」、「ファントム・オブ・パラダイス」、「ロッキー・ホラー・ショー」、「ワン・プラス・ワン」、まだ書洩らしもあるでしょうが、音楽映画の傑作って、沢山ありますもんね。騙されたと思って、未見の方は是非ご覧下さいませm(__)m。

さて、今日の拙ブログは完全に僕の趣味の話となり、大変失礼致しました。よし、今週も忙しくなりそうですが、読者の皆様、コロナに負けない様、共に頑張りましょう!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR