FC2ブログ

バレンシアの寡婦

如月も終わり弥生、此処大分は昨日から春雨ですけれど、皆様、週末は如何お過ごしでしたか!?僕、1週間の疲れが出たのかなァ、ひたすらに惰眠を貪りまして、カラスカァと啼いたらもう月曜ですもんね、嫌になっちゃうなァ…。

さて、コロナウィルスですけれど、一向に終息する気配すらありません。僕、ネットでアベ総理の記者会見を見たのですけれど、もうねえ、ホトホト愛想が尽きました。だって、具体的な事は何も謂ってなかった上、ま~た大嘘吐いてたでしょ。1日3800件の検査が可能になったと謂ってましたけれど、今朝の日経新聞に依れば、900件がやっとなんですって。子供達には外に出るなと謂っておきながら、昨日は東京マラソンやってるんですもの、空いた口が塞がらないとは、此の事でありましょう。しかもね、其の会見、質問を遮るわ、時間制限はあるわで、まともな対応は皆無でした。挙句の果てには、最後は精神論でして、「政府だけでは無理です。皆で戦いましょう。」って、コイツ、大馬鹿ですぜ。あのね、必要なのは精神論じゃないの。検査キットと薬、医師や看護師の確保、そして、其の費用でしょ!そして、腹が立って仕方が無いのが、病床を5000床確保すると謂ってるんですが、今まで政府は、病院を減らすべく、着々と政策を進めてたんですよね。こういうのを朝令暮改と謂いまして、もう誰も、自民党の事なんて信用しませんぜ。

此れも吃驚したんですが、日本で最も老舗のスポーツ新聞がありまして、創業74年、170万部数を誇る日刊スポーツ紙なのですけれど、土曜日の同紙の1面は、「アベふざけるな!」でありました。僕、此れが国民の総意と思いますよ。だって、北海道の帯広厚生病院では、お子さんの居る看護師さん170人が出勤出来ないと訴え、急遽診療を取りやめたとか。スーパーでも、幼い子供が居るパートの方が出勤出来ず、臨時休業の店舗も出たそうです。滋賀の大津市では、学校給食2万食を発注済みの会社が悲鳴を上げていました。因みに、全国の学校給食って、1日900万食にもなるんですって。全国の給食会社は、軒並み倒産する危険性があります。今朝の日経新聞に出てましたけれど、日本中の全ての地域の経済指標が落ちているそうです。アベノミクスの頼みの綱の株価も、何処まで下がるか見当も付きません。3月に倒産件数が急増するのは必定と書かれていました。

ホント、アベの対応が遅過ぎたのは否めず、此のコロナウィルスの件、人災じゃないですかねえ。実際、多くのドクター達も、学校休校は余り意味が無いと提言されておられます。僕、台湾が羨ましいんですが、彼の国では昨年末の時点で対策を打ち、既に終焉に向かっているそうじゃありませんか。検疫の強化、専門家チームによる対策本部の立ち上げ、情報を国民に迅速に提供、マスクや検査キットの確保、学校閉鎖、此れが1月中に全て終わってるんですもんねえ…。其の間、日本政府はボ~ッとしてただけでしょ。僕、呆れ返ったんですが、コロナウィルスが猛威を振るう中、東京の紀尾井町の一等地に、参議院議員宿舎が完成したそうで、何と、3LDKで家賃10万ですって。あのねえ、都内のど真ん中で其の家賃ってあり得ませんし、議員宿舎を造るお金があるならば、マスクの1枚でも、国民に配って下さいよ!

閑話休題、コロナウィルスの対応同様、福島の再建も、遅々として進んでいません。だって未だ、仮設住宅に住んでいる方が、数千人いらっしゃるんですよ。あの大震災から9年、政府は何をやってるんですかねえ。でね、僕、東北の再建には、何らかのコンセプトが必要と思うんですよ。福島の人には何の罪もありませんけれど、被爆した土地と謂うのは、世界中の人が知ってる訳でしょ。ならば、ドラスティックに、福島のイメージそのものを変えなければ、住民の皆さんのお気持ちも暗いままだと思うんです。

でね、モデルにすべき都市がありまして、其れは、スペインのバレンシアなんですね。此のバレンシア、芸術科学都市と銘打ちまして、オペラハウスに水族館、プラネタリウムに大庭園、博物館にシアター等々を続々と建設、何れも欧州1のスケールを誇るんですね。では何故、此のバレンシアの地に此れだけの施設が集まったかと申しますと、実は彼の地は、1957年に、未曽有の大洪水に襲われたんです。沈みきった住民達を励まし、バレンシアを再建するには、都市其の物が生まれ変わるしか無い、そう当時の首相が決断し、今ではEUを代表する観光地となりました。僕、福島も、其れ位思い切った手段を取らなければ、再生出来ない気がしてなりません。

僕、東北って、芸術的素養が深い処、そういう認識なんです。だって、各県の工芸品って、とっても有名でしょ。漆器に鉄器に木工芸品、織物に刺し子に焼き物は各県の名産ですもんね。そしてね、優れた脚本家が多いのも特徴です。井上ひさしに寺山修司、宮藤官九郎にウルトラマンを造った円谷英二、皆さん東北の産でして、誠に多士済々です。画家だって、棟方志功を筆頭に多くの優れた方々がいらっしゃいます。僕、東北の厳しい冬があるからこそ、外に出る事が出来ず、自然と表現や芸術へと向かうんじゃないかと思うんですよね。でね、東北3大まつりってありますでしょ。仙台の七夕、青森のねぶた、秋田の竿燈、何れも古くから続く物ですけれど、此のお祭りだってアートじゃありませんか。しかもね、此の3大祭りの集客力ってとっても凄く、3つ合わせると、1週間で660万近くの集客力があるんですね。しかもね、其の近県でのお祭りも、100万人集める規模の物が5つもあるんです。1週間程度で、1000万を超す人達が集結する訳です。其の上、福島が芸術科学都市として生まれ変われば、東北再生のシンボルになり、観光需要は倍増するんじゃないでしょうか。

政府の皆さん、やる事は1つです。先ずはコロナウィルスの終息、其れが終ったら東北再生、東京五輪なんてもう、やんなくて良いですよ…。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR