FC2ブログ

名もなきアフリカの地で

いや~、コロナウィルスもとうとう、福岡で発症者が出てしまいました…。九州を代表する大都市である福岡で、今まで罹患者が出なかったのが不思議な位でして、こりゃ、大分も危ない気がしてなりません。だって、大分と福岡は隣県ですし、毎日何十本もの特急電車や高速バスが行き来してますもんね。勿論、高速を使って自家用車で移動される方も沢山いらっしゃる訳で、何時コロナウィルスが九州全域に広がるかと思うと、何だか慄然とします…。

アベ総理と其の取り巻きどもの無為無策で、此のコロナウィルス、何処まで広がるのやら、恐怖ですよね。あ、そうだ、あのダイアモンド・プリンセス号に乗り込んだ、厚労省幹部や内閣官房室の面々も罹患した由、そりゃそうですよね、昨日の拙ブログでも書きましたけれど、感染症の権威である、神戸大の岩田教授を船から追い出し、ど素人が指揮を執るんですもの。上手く行く筈がありませんぜ。しかもね、此の状況下においてアベ総理、地元山口から贈られたフグを官邸で賞味、其の様子を取材させてご満悦でして、流石に非難囂々でありました。此のご仁、人の気持ちが皆目分からない唐変木でありまして、僕、此処まで頭の悪い鈍感な男って、見た事がありませんねえ。

閑話休題、今、アフリカのソマリアやケニアやエチオピアが、大変な事になっているんです。此の3国では、何とバッタが大量発生、其の数何と、数十億匹に達する由、最大の群れは、ロシアの首都モスクワの面積に達するそうで、僕、想像しただけで、気分が悪くなります…。どうもね、過去40年で最多の豪雨が、アフリカを襲ったそうで、其れが大量発生の一因なんだとか。ソマリアでは非常事態宣言が出て、600万人が飢餓に苦しんでいるんだとか。

実はね、かって日本でも、蝗の被害って、頻繁にあったんです。古代には関東平野で、明治期には北海道全域で、昭和の時代には沖縄や鹿児島で、最近では2007年、関空の人工島で、凡そ4000万匹のトノサマバッタが大量発生しました。此れを書いていて今、急に思い出したのですけれど、僕、10数年前かなァ、友人と新宿で飲んだ其の帰り、ラーメン屋に寄ったんですね。お酒の後のラーメンって、こよなく美味でして、舌鼓を打ってましたら、カウンターの上を、大きな生き物が走ったんですね。酔眼朦朧の中、猫かァなんて思ってたんですが、後姿はどう見てもネズミでして、気分が悪くなりました…。実は此のネズミも、1949年から1960年にかけて、愛媛県の宇和島で大量発生した事があるんですね。異常気象が続く今、何時又こうした事が起こるか分かりませんよね。

日本の歴史を振り返れば、世界1災害の多い国と謂っても過言ではありません。飢饉、台風、地震、津波、噴火、豪雨…。枚挙に暇がありませんよね。しかし、此れだけ天災が多いのに、迅速に処理出来たケースなんて皆無でしょ。政府や官僚は何時もパニック状態になり右往左往、プロに頼む事無くど素人が指揮を執って被害は拡大するばかりでありまして、今回のコロナウィルスの様な稚拙な処理を何回繰り返した事か、学習能力ゼロと謂われても仕方がありませんよね。

因みに、危機管理の先進国って、やっぱりアメリカとドイツが双璧でありましょう。アメリカは、FEMAと謂う巨大組織がありまして、連邦危機管理庁と呼ばれるんですが、常勤職員8000人、非常勤1万1000人、かれらが全米のリスクマネジメントを一手に引き受けます。あらゆるマニュアルや用語や機器が統一されているんだとか。因みにアメリカでも、1960年代までは日本同様、縦割り行政であり、迅速な対応が出来なかったんだとか。ところが70年代初頭、ハリケーンや地震が相次ぎ、此のままではいけないと、様々な機関や省庁を合併、現在のFEMAの形となったそうです。

一方、ドイツですけれど、BBKと謂う組織があるんですね。職員は350人程度、アメリカの中央集権型の危機管理システムとは大きく異なるんです。ドイツの人口はアメリカの凡そ3分の1、あれれ、ならばもっとスタッフが多くて良いんじゃないのと思いますよね。でも、ドイツの場合、例えば地震が発生したとすると、州の権限は全て、直ぐに市町村に委譲されるんですって。被災した市が、独自にフリーハンドで動け、国や州は要請されれば直ぐにバックアップするシステムだそうです。成程、緊急時に一々、国にお伺いを立てていては、何も出来ませんもんね。そして、国内の全ての自治体には、共通の危機管理マニュアルや規則が配布されているんだとか。

翻って日本を見ると、自民党の橋本副大臣が陣頭指揮を執り、因みに此のヒト、ドクターでも何でも無いんですが、冒頭触れた感染学の権威、神戸大の岩田教授を船から追い出すんですもの、そりゃ上手く行く筈が無いでしょ!!アメリカやドイツのシステムを先ず勉強して下さいな。そして、顔を洗って出直しといで。

さて、此れから数日、暖かい日が続く様です。冬来たりなば春遠からじ、皆様、素敵な週末をお過ごし下さいませm(__)m。其れでは暫しの間、ごきげんようさようなら(^.^)/~~~
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR