FC2ブログ

ペプシマン

冬来たりなば春遠からじ、今朝の大分は何だか暖かく、日中は20℃近くまで上がるんだとか。早春の 日のとろとろと 水瀬かな、気分も高揚しますよね♪さて、昨日は僕、何だか寝付きが宜しく無く、割と早く覚醒しまして、新聞を読んでましたら、何だか考え込まされました。

結論から謂いますと、パラダイム・シフトと申しますか、従来のやり方では、とても上手く行きそうに無く、大きな変化が起きている気がしてならないんです。ソフトバンクに電通に日産、何れも我が国を代表する、一部上場の大企業ですけれど、揃って大赤字でしょ。僕の生業である医療の世界でも、東京都立の14の病院を独立行政法人化、1つの法人がまとめて運営するんだとか。此処九州では、外国人労働者が急増、福岡では、55人に1人が外国人労働者なんだとか。そうそう、昨日僕、大分駅に行ったのですけれど、お手洗いでは沢山の黒人の方々がフランス語を喋ってましたし、コンビニに寄ったら、インドネシアやベトナムの方が多かったですもんね。世界に目を向けても、アメリカ大統領予備選で、大本命と見られていた元副大統領のバイデンさんが、僅か8㌫しか得票出来ず、ぶっちぎりの最下位ですもんねえ。まるで僕の愛する阪神タイガースの様な低迷ぶりです。インドでも、絶対的多数から支持を得ていた、モディ首相率いる与党が、都市部の選挙で歴史的大敗を喫しました。

そうそう、中南米に、ガイアナと謂う小国があります。人口は80万、イギリスと同程度の面積でして、南アメリカでは最貧国として知られています。ところが今、富裕国の仲間入りは目前なんだとか。1人あたりのGDPは、去年が5250$だったのが、2024年には2万$に達し、まだまだ伸長する勢いなんですって。其の理由は、地球最大級の油田が見つかった事でして、其の結果、世界中の企業が続々と集結、空港から港からどんどん整備されつつあるとか。でね、此の国の真の強みって、僕の見る処、多様性なんですよ。国民のルーツは誠に多彩でして、EU諸国は勿論の事、中国にインドにパキスタンに中近東にアフリカに先住民族、そして混血から成るんですね。以前の拙ブログでも書きましたけれど、或る問題を解決する際、多くの人種が集まった方が、画期的なアイディアが生まれる事は、立証されているんです。此の多様性と莫大な石油、皆さん、投資するなら、ガイアナが面白いかもしれませんよ!?

閑話休題、僕、此れからの時代は多様性と国際化、そう信じて止みません。例えば自動車メーカーのマツダ、かっては深刻な経営危機に陥り、アメリカのフォードの傘下になった事もありました。ところが奇跡のV字回復、見事日本人が経営権を取り返したのは記憶に新しい処です。勿論、血の滲む様な経営努力があったにせよ、自動車メーカーですから、結局は良い車を造る事ですよね。で、マツダのカーデザイナーって、ガイアナ国民の様に、本当に多国籍軍団なんですよ。オランダ人にスコットランド人が居て、女性のイラストレーターがおり、ジャガーやシトロエンやGMから来たスタッフも有り、其れを仕切るのが、アメリカ帰りの日本人デザイナーでして、大ヒット車を量産したんですね。

ペプシと謂えば、コカ・コーラと並ぶ、清涼飲料水の世界的なブランドですよね。ペプシの本社はアメリカなのですけれど、コカ・コーラの後塵を拝していました。其処で打った手は何と、インド生まれの女性に社長を任せた事だったんですね。インドラ・ヌーイさんと謂うお方なんですが、彼女がペプシを率いた12年間で、売り上げは80㌫も上がったそうです。ご自身自ら、「私の武器は知力と先見性」と仰ってまして、此れからは炭酸飲料は売れなくなると、ヘルシーかつ食の安全性の高いスナック菓子部門に力を入れたのが、大成功の秘訣だったとか。

日本だって負けてはおりません。此の度、アジア開発銀駐日代表になられたのは、児玉治美さんと謂う51歳の方でして、此の地位に女性が就いたのは、同銀行で初なんだとか。児玉さんのご経歴を見ますと、鹿児島生まれでアメリカの大学を出て、国際NGOに籍を置きバハマで勤務、国連に転職してニューヨークやマニラで働きアフリカ諸国を歴訪、日本の国会議員の政策秘書も経験、国際結婚をして2人のお子さんを育てながら、現在の重職に就いたそうです。ヒエエ、こんなスーパー・レディ、殆ど全ての男性は勝てません…。

ジョンソン&ジョンソン、謂わずと知れたアメリカのヘルスケアメーカーですよね。此処の子会社の代表取締役は、海老原育子さんと謂う女性なんですね。東大で化学を学び修士課程まで終え、アメリカの大企業で働き、世界60カ国を相手にビジネスを展開、そして、赤字に喘いでいたジョンソン&ジョンソンを見事立て直したんだとか。う~ん、其の卓越した能力と、どんな困難にもめげない強さ、いやはや何とも脱帽でありましょうm(__)m。

如何でしょうか!?従来の男性中心の大企業群が苦しんでいる中、女性や個性や多様性を重んじる組織が急伸している事が立証された様に思えてなりません。よおし、当院も今後益々、女性と個性と多様性を大事に頑張りますよ~!!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)