FC2ブログ

♕ 女王陛下の007 ♕

読者の皆様、おはようございます。此処数日、拙ブログの更新が不定期になり、大変申し訳ございませんm(__)m。実は最近、風邪気味で体調不良の日が多く、空いた時間があれば直ぐに横になる様な状態でした。でも、昨夕位から漸く、回復傾向にありまして、やっとこさ、PCを立ち上げた次第です…。そうそう、お陰様で、拙ブログの更新も、今日で1970回目となりまして、いよいよ、2000の大台が見えて来ました。無事、2000回を迎えた際には、折角ですから、何かイベントでも開こうかしらん。其の際は、拙ブログで告知しますね♡

さて、今、最も解決すべき喫緊の課題と謂えば矢張り、コロナウィルスの問題でありましょう。でね、とりわけ今、日本に寄港中の豪華客船で、3600人の乗客の間で、コロナウィルスが猛威を振るってますでしょ。日本政府の対応をみても、場当たり的な対処療法と謂いますか、此のままでは、罹患者が増えるだけじゃないかなァ…。そして僕、吃驚したのですけれど、此の豪華客船、今、アジアやオセアニアの海に、21隻もあり、どの国からも寄港を断られているんだとか。此の問題を解決する戦略が欠けて居る気がしてなりません。でね、僕、考えたんですよ。南太平洋上には、例えば、ニウエやトリラウ、パラオやツバル等々、人口が1万程度の島々が沢山ありますでしょ。ならば、島民には暫しの間、オーストラリアに避難して頂き、客船は順次、其の島々に寄港すると。で、乗客の夫々の国々からチャーター機を呼び寄せ、帰国して貰い、母国で治療を受けると謂う案は如何でしょうか!?島を除菌し、其の後、島民には戻って貰うんです。此れが実現出来るか否かは分かりませんけれど、きちんとした戦略を立て、然るべき手段を取らないと、感染は拡大するばかりでありましょう。

閑話休題、ところで問題なのは其の戦略です。我が国の為政者には、此の国の来し方行く末を熟慮した、国家戦略って、果たしてあるんですかねえ…!?僕、何も無い気がしてなりません。例えば中国ですけれど、アフリカ諸国の資源に目を付け、もう彼の地には、中国人が100万単位で住み、ビジネスを展開しています。ロシアだって、豊富な天然資源を武器に、EU諸国に其れを売り込み、発言力は増すばかりでしょ。アメリカは軍事産業を梃子に、経済をダイナミックに動かしてますもんねえ。又、長年に渡り、CIAが自民党に、巨額の資金提供をしていたのも、アメリカの公文書に残されています。要は、アメリカにとって都合の良い政権を世界中で造るべく、暗躍していたんですね。凄い国…。そうそう、イギリスの外相が久方振りに来日、日本に、経済や軍事面の協力を申し出ました。イギリスも、EU離脱が正式に決まり、欧州相手のビジネスには限界があると、我が国に目を付けたんでしょう。日本政府は、嬉々として其の話を受けてましたけれど、ちょっと待った!イギリスの行く末を、ペシミスティックに、悲観的に見ている識者が圧倒的に多いんですぜ。国家分裂の危機を抱え、イギリス王室も滅茶苦茶、喧嘩をする必要は全くありませんけれど、僕ならば、経済協力を結ぶ前に、欧州の動向を見極めてから、此の話を受けるかどうか決めますねえ。ですから、今回は、言質を与えず、礼を失する事無く、丁重にお断りすべきだったと思えてなりません。大体ね、ロシアと30回近く、北方四島の交渉をして、何も進展が無かったじゃありませんか。北朝鮮の拉致被害者の方々も、何時まで経っても戻ってこれません。あの~、今の日本人は、外交は空っ下手で稚拙なんだから、黙って観察しておく、此れも戦略と思いますがねえ。

最近の経済動向や、社会情勢を見て下さい。景気動向指数は、リーマンショック以来の、最悪の数字だとか。僕此れ、消費税増税に依る、実体経済の悪化で、皆が物を買わないからだとしか思えません。しかもね、インバウンドだ、海外観光客を呼んでお金を落として貰うんだと、政府は大見得を切ってましたけれど、韓国との関係悪化や、コロナウィルスの影響もあり、此処九州では、7ヶ月連続で、海外の観光客が激減しているんだとか。北海道でも、200億を超える収入源だそうです。大体ね、観光とか、カジノとか、オリンピックや万博で、お金を儲けようなんざあ、邪道中の邪道ですぜ。資源の無い此の国は、原材料輸入加工品輸出で、優秀な船舶や自動車を造り、其れで発展して来たんじゃありませんか。観光やカジノなんて、コロナウィルス或いは天災が来れば、もうお客が激減するのは必定でしょ。オリンピックや万博に至っては、経済効果なんて、精々1ヶ月ですぜ。

生活保護受給世帯は過去最多、貧しい子供達の為の「子ども食堂」は全国で4000近くにまで急増、自殺者は年間3万人、毎日1人以上孤独死があり、全国の百貨店や飲食店は激減、中小企業や医院や病院の7割近くが、後継者不足に悩まされています。此の現状を踏まえた上で、国家戦略を練らねばなりません。人口が減るってのに、リニア新幹線を新設するって、あのねえ、出来上がった頃には、乗る人自体が少なくなってると思うんですけど…。

もうねえ、高度経済成長とか、バブルの夢は棄てましょうや。此の国は此れから暫く、我慢の時ですよ。でもね、物事なんでもそうですが、デメリットばかりじゃありませんでしょ。少子高齢化の良い面もあります。先ず、世界一高い、日本の地価も相当下がりますから、家を建てるのも、土地で事業を始めるのも、随分と楽になるでしょう。安価で広大な遊休地を使い、ロボットやAIやドローンを駆使して、人を使わずして、大量の農作物を得られる時代が必ず来ます。人口が減りますから、食糧自給率は上がり、天災時も、自国の食糧のみで何とかやって行けるでしょう。食べ物は危機に備えて先ず備蓄、余った分は、外国に売って利益を得れば良いんですよ。少子化になれば、世帯毎の教育費は減り、子供1人1人に目が行き届き、教育レベルが上がる可能性もあります。其れに加えて、政府は子供を増やす政策を打ち出すんです。北欧諸国やフランスの例を見れば分かる通り、少子化を脱して子供が増えた国なんて、枚挙に暇が無いでしょ。

ど素人の僕が、少し考えただけで、稚拙かもしれませんが、此れ位のアイディアが出るんですよ。政府や官僚の皆さん、桜を見てタダ酒を飲んでいる暇があるのなら、もう少し、国家の事を考えて下さいな。

さて、今日は折角のお休み、皆様、引き続き、素敵な日曜日をお過ごし下さいませm(__)m。僕、体調次第ですが、出来たら映画で行こうかな!?其れでは明朝又お会いしましょう(^^)/~~~
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR