FC2ブログ

♪ YOU SEND ME ♪

おはようございます!僕、土曜日は飲み会がありまして、素敵なお店でウヰスキーと葉巻に弾む会話と、とても楽しい一時を過ごす事が出来ました。ご参加頂いた皆様方、本当にありがとうございました!僕の遠縁の例の話は内緒ですよ…(^^)。酔眼朦朧、随分遅くなってしまいまして、その晩は余り眠れず、日曜の夜は前後不覚の有様でして、泥の様に寝てしまいました。お陰様で今日は気分爽快、訳も無く声を朗々と出したくなる気分です。

四方山話に花が咲いたんですが、最も盛り上がったのは、組織の在り方についてでして、これ、職種や業界を問わず、残念な人って必ずいるんですよね。参加された方々は、様々な土地や色々な組織において経験豊富な皆さんでしたから、含蓄ある話に耳を傾けていますと、時の経つの忘れてしまいます。まず、天に唾を吐くと言いますか、上司や同僚や部下の悪口を言い廻るタイプ。この人達は幼稚極まりないと言いますか、言われる側だって馬鹿じゃないんですから、何処かで必ず耳にする訳で、徒に敵を増やすだけです。その場で憎まれ口を言われない人にしても、自分も悪態を何処かでつかれるんだろうなあ、と不快になる事間違い無しでして、それすら分からないんですから、哀れですよね。続いて、能力や特殊技能を鼻にかけて威張り散らすタイプ。自画自賛型、とでも言うんでしょうか、得てしてこういう人達は、そこまで必要とされて無いんですよね…。寧ろ特権意識を振りかざした鼻つまみ者が多い様に感じます。必ず代わりになる人はいる訳でして、その組織を辞めてから、己の卑小かつ矮小な存在に気付かされるんです。おごる平家はひさしからず、実るほど 頭を垂れる 稲穂かな、でありまして、先人達は良い事を沢山教えてくれます。我以外皆我師、これは文豪吉川英治の言葉。学問なり技術があるということは、立派なことには違いないが、それを人の為に有効に使って、初めて優れた人間と言える、何よりも大事なことは人を愛する心ではないか、HONDAの創設者、本田宗一郎さんの言葉です。

人間の脳って、確か3つのパートから成る、と本で読んだ事があります。医師でも無く、うろ覚えの知識で申し訳ありませんが、動物と同じ脳、徐々に成長した脳の部分に分かれるそうなんですね。先に挙げた不快極まりない連中は、動物の脳ばかり発達してるんじゃないですかね…(怒)。謙虚、秩序、道義、これ、先の大震災でも世界中から絶賛された日本人の美徳ですよね。これらの心を喪う様な人は、同じ遺伝子を持っていても、最早日本人ではありませんよ。

と、その様な事を考えながら帰途についたんですが、夜を徹して話をしていたので、空腹で堪らなくなりまして、本当に久し振りに、牛丼の吉野家に入りました。うう、深夜にこんなものを食べては太ってしまう、と迷いましたが、豚丼を食べてしまいました…。さて、この吉野家、僕、外食チェーンは滅多に口にしませんが、その中では最も好感情を持っているんです。と言いますのは、まずここの社長さんのユニークなキャラクターなんです。アルバイトとして働いていた、リズム&ブルーズ・バンドのミュージシャン、確かベース・マンと記憶していますが、大学中退の高卒の学生さんが、天下の一部上場企業の社長として上り詰めるなんて、まるでアメリカン・ドリームだと思いませんか!?日本的な年功序列では無く、実力本位の社風でしょうし、随分風通しの良い組織なんだろうな、愉快に仕事が出来そうだ、というのがうかがい知れるエピソードと思います。この安部社長、深夜のテレビで見た事がありますが、今でも牛丼の盛り方なんて、店員さんに負けずとも劣らず上手いものでして、こういう現場を熟知した方がトップに居るという事は素晴らしいと思います。

実はこの吉野家、店舗を拡大し過ぎて一度は会社更生法の適用を申請していまして、つまり倒産したんですが、その後を立て直したのが、当時42歳の若き安部社長だったのです。コスト見直しで借金を完済、味を徹底的に見直し、全都道府県に出店、アメリカに香港に中国にマレーシアにシンガポールにフィリピンと海外進出を果たし、総計1600店舗を展開、子会社も爆発的に増え順風満帆、押しも押されぬ外食業界のトップ・ブランドとなりました。時折試みる実験的な店舗も面白く、かって赤坂には高級牛肉のみを出すお店(僕、一度覗いた事がありますが、単品メニューで1000円という高品質の牛丼でした)がありましたし、蕎麦屋を併設したお店、通常より3分の1のサイズの大きさのお店がありました。勿論老舗であります第1号店の築地や、最高収益を上げている有楽町店の賑わいは、筆舌に尽くし難い活況を呈しています。僕、随分前ですが出張の折に両店に行った事がありますが、まず築地店は本願寺と魚市場の近くという立地でして、回転の速い事速い事、坊さんといなせで威勢の良いお兄さん方が混在するという、不思議な空間でした。有楽町店は、通常より広い店内で、早朝にも関わらず既に満席、皆さん一心不乱に納豆や生卵をかき混ぜていて、ああ、この勤め人の人達が日本経済を支えているんだなあ、と何だか感動しました。1日3000食がはけるという大繁盛ぶりでしたねえ。味についても、口にすると、ああ、この味この味と懐かしく感じ、歴代のプロ野球外国人選手達がこよなく愛し、連日通った、というのも納得です。そうそう、台湾旅行の際、一度だけ吉野家に寄った事があります。ここは全く回転が悪く、不思議に思っていたんです。ホテルに戻り、拙い英語で聞いてみましたら、台湾では吉野家や若いカップルのデート・スポット、憧れのお店の由、道理で着飾った男女が多かった訳です。世界一親日的な台湾国の面目躍如といった所、何だかとてもうれしくなりましたね~。

今はすき屋に押されている様ですが、頑張れ吉野家!!という事で、今日のお昼は僕もそうしようかな!?何だか牛丼を食べたくなりましたね~。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR