FC2ブログ

seven lucky gods

今日は先ずはお礼から。めでためでたの若松様よ 枝も栄えて葉も繁る、お蔭様で拙ブログの総拍手数が、何と74万を突破しました。此の数字、何と熊本市の人口とほぼ同数でありまして、拙ブログを始めて、もう今年で10年目なんですが、此処までのご支持を頂けるとは、思ってもいませんでした。此れも一重に、読者諸賢の日頃のご愛読の賜物です。此の場を借りて、厚く厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございますm(__)m。先ずは、目前に迫りました、2000回目の更新を目指し、全力で頑張る所存です。今後とも、ご贔屓の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

さて皆様、3連休の方も多かったと存じますが、如何お過ごしでしたか!?僕、TVのラグビー観戦に読書、DVD鑑賞と、何せ寒いもんですからね、炬燵でぬくぬくと過ごさせて貰いました。さァ今日から又頑張るかと、新聞を手に取って愕然としたんですよ。アソウ副総理、式典において、「2000年に渡り、1つの言葉、1つの民族、1つの王朝が続いている国は日本しか無い。」と発言したんですって。僕、呆れ果てたんですが、此の発言、何から何まで間違っています。此の程度の浅薄な歴史認識の持ち主が、副総理ですぜ…。しかも此のご仁、「子供を産まないのは問題」「セクハラという罪は無い」等々、女性蔑視の差別発言のオンパレードでしょ。

あのねえ、昨日組閣したばかりのスペインの新政権、閣僚22人の内、半分の11人は女性ですよ。ノルウェー・フィンランド・ニュージーランド・スコットランド・ドイツ・アイスランド・ルーマニア・デンマーク等々、まだまだありますけれど、此れらの国は全て、女性が大統領か総理であります。先日行われた、台湾の総統選だって、女性の蔡さんが、同国史上最多得票だったじゃありませんか。もうねえ、政界のみならず、女性の社会進出を遮る我が国は、100年遅れてます!!

話を戻しまして、アソウの「2000年、1つの言葉、1つの民族、1つの王朝」って、日本史を何も学んでいない、大馬鹿者でありましょう。1つ1つ論破して差し上げましょうね♪大体ね、日本語で多様される漢字だって、中国伝来の物じゃありませんか。そして、日本語の成立についても諸説ありまして、台湾や東南アジアから来た物と謂う説、いやいやユーラシア大陸から伝来したと謂う学者がおり、南インドから来たんだと謂う方もおり、アイヌ語や琉球語や韓国語にルーツがあるとの説もある位なんです。どうやら多分、様々な処から文字が入り、其れがミックスされたハイブリッドな言葉が、日本語と思われるんですね。

閑話休題、魏志倭人伝にある、「皆面鯨面文身」の記述通り、古代の日本人は皆、顔に入れ墨をしていました。あの~、此の文化って、ニュージーランドのマオリ人と瓜二つなんですね。そして、日本ではかって、多くの女性がお歯黒をしていました。此れ、古代から明治初期まで続いたのですけれど、元々は東南アジアから伝わったと謂われています。日本男児の伝統的な下着、ふんどしだって、古代ポリネシアがルーツでしょ。興味深いのが、所謂「若衆宿」と呼ばれる、主に西日本に大正期まで残っていたシステムです。因みに、三重県鳥羽市の答志島では、今でも残っています。さて、此の若衆宿、成人前の男子達を集め、集団生活をさせ、或る程度の自治権を持たせると謂う仕組みなんですね。何と此のシステム、日本とポリネシアの島々にしか無いんですって。僕、日本人は日本語同様、様々な処から集まって来た人達が造った集団としか考えられません。

日本人が単一民族と謂うのは大嘘でして、だって、アイヌの方がいらっしゃるでしょ。アイヌ以外にも、ニブフやウィルタと呼ばれる、北方の少数民族が居ます。現在の沖縄である琉球王国だって、元々は日本とは異なる、独立国家でした。韓国や台湾を植民地にした時期もあり、其の時は、彼らを日本人として扱ったじゃありませんか。そして今、中国韓国台湾にルーツを持つ方も勿論おり、様々な国籍とのハーフである日系人は、世界に400万人いらっしゃいます。もう1つ、日本に住む在留外国人って、昨年の統計では、263万人でした。あのねえ、アソウ君、幾ら何でも、もう少し勉強した方が良いんじゃない!?1つの王朝にしても、僕、皇室を心から敬仰していますけれど、天皇家は南朝系と北朝系に分かれ、100年近く戦ってたじゃありませんか。もっと歴史を遡れば、大和朝廷が出来てからも、実際は蘇我氏が天皇の座にあったと謂う説も有力視されている位です。大体、上皇陛下ご自身が、天皇家のルーツの1部は朝鮮半島にある旨、記者会見で仰ってましたでしょ。

宗教やスポーツの面でも、興味深い事実がありまして、例えば空手ですけれど、沖縄がルーツとされているんですが、或る流派は、試合や練習の掛け声が全て、中国の福建省の言葉だそうです。此の沖縄空手が韓国に渡り、テコンドーになるんですもんね。そして、如何にも日本らしいと僕、微苦笑したくなるんですが、幸運の象徴とされる七福神、此れもルーツはバラバラでしょ。恵比寿だけが日本の神道の神様でして、大黒天や毘沙門天や弁財天はインドのヒンズー教、福禄寿と寿老人は中国の道教、布袋様は仏教の禅僧です。因みに、船乗りの神様の金毘羅様、幸福や美の象徴の吉祥天はインドから。達磨さんはペルシャ人と謂われています。結局、アソウ副総理の謂う事は大間違い、誰もが知っている七福神が象徴する様に、古来から日本は、異国の文化を貪欲に吸収する、ハイブリッド国家だったんじゃないでしょうか。

さて、今夜から明朝にかけて僕、割と忙しく、もしかしたら明日、拙ブログの更新は難しいかもしれません。其の際は何卒お許し下さいm(__)m。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR