FC2ブログ

火の鳥

寺々の 鐘や夜明けの クリスマス、皆様、昨夜のイブは如何お過ごしでしたか!?僕、老衰ですっかり弱ってしまった、愛犬の甲斐犬のコロちゃんの看病をしながら、熱燗片手に鱈鍋を食べ、そして読書に勤しむと謂う、本当に地味なイブでした。でね、其の本が将に巻を擱く能わずでありまして、僕、夢中になり、一気に読了しました。

「危機と人類 上・下」 ジャレド・ダイアモンド著 小川敏子・川上純子訳 日本経済新聞社、であります。著者のダイアモンドさん、当代きっての碩学の博士でして、ハーバードで生物学学士、ケンブリッジで生理学を極め、地学や歴史や経済にも造詣の深い、現代社会における知性の代表格でありましょう。で、本書はタイトル通りでして、危機に陥った国家がどう対応したかを考察しているんですね。ソ連に攻め込まれたフィンランド、ナチス・ドイツにより荒廃し、国家が分断されたドイツ等々、興味深い論考が続くのですけれど、日本は特に、2章を割いて書かれていました。

読者諸賢の皆様も疾うにご存じの通りでして、少子高齢化に原発、赤字国債に経済格差、年金に食糧自給率の低さ、我が国は問題が山積してますよね。で、ダイアモンド博士は、「確かに危機的状況ではあるが、かって日本は明治維新と謂う激動を乗り越えた経験がある。徒に悲観的になる必要は無い。」、そう結論付けておられました。僕も同感なんですが、でも、此のままではヤバいんじゃないかなァ…。

だって、先ず、政府のモラルハザードは酷過ぎますでしょ。「桜を見る会」も森友も加計も有耶無耶なままですし、現職大臣は収賄で逮捕寸前、其れをニカイ幹事長に記者が質問したら、小突いてましたもんねえ…。出生数は過去最悪を記録、昨年1年で、鳥取県の人口が消滅した計算なんだとか。しかもね、所謂限界集落、過疎化で65才以上の方が大半を占める処ですけれど、何れ消滅すると謂われています。其の数何と、2万349にもなるんですって。此処大分の杵築市でも、一昨日だったかな、地方紙に大きく出てましたけれど、破産寸前だそうで、公聴会に来た市民の皆さんが激昂されてました…。

僕、現政権は無能で無為無策、無知で無恥なのは重々承知なんですが、此れだけはお願いしたいんですm(__)m。子供・若者・女性・地方、そして外国の方を大事にすべく、法整備をして予算を重点的に配備して下さい。本当に宜しくお願いしますm(__)m。さもなくば、何れ此の国は滅びますよ。兎に角、五輪や万博やカジノやリニア新幹線なんて浮かれてる場合じゃありません。もっと地に足の着いた政策を出して下さいな…。

ネガティブな話は此れでおつもりにしましょう。僕、根っからの楽天家ですから、何時如何なる苦境にあっても、必ず希望があると信じて疑いません。だってね、パーソナルな話で恐縮ですが、20年前の僕なんて、四面楚歌で孤立無援、援軍は来ず誰も助けてくれず、自力で必死に這い上がり、何とか今があるんですもん。凡人の僕が出来たんです。もっと優秀な日本人は沢山居ます!

閑話休題、僕のこよなく愛する野球界でも、とんでもない逸材が現れました。杉浦健二郎投手、21歳でありまして、彼は中央大学法学部に在籍しているんですね。中央大法学部と謂えば、多くの弁護士を輩出している超名門でして、杉浦君、頭も抜群なんでしょう。でね、彼は高校大学と野球部に属しておらず、バドミントン部だったんですって。でも、野球が大好きで、草野球で投げていたら、球速がどんどん増し、何時の間にか、150㌔超のスピードになったとか。科学的なトレーニングや筋トレもしていないそうで、其れで草野球日本代表に選出され、独立リーグに入団、来年は日本プロ野球に入る事になりそうです。そして、福島原発の廃炉を目指し、高専生がやってくれました。山形の鶴岡高専の学生さん達が、原子炉建屋内で溶け落ちた核燃料を回収するロボットを製作、実験した処、見事10分で成功したそうです。元木竜矢君19歳をキャプテンにしたチームだそうで、若いって、無限の可能性がありますよね♪そうそう、りそなや三井住友と謂ったメガバンクでも、30代を子会社の社長に大抜擢しようと謂う動きがあるそうです。

近々公開される映画スター・ウォーズ、全世界的ヒットは間違い無い処でしょう。でね、其のスター・ウォーズのCGを担当しているのは、実は日本の方でして、成田昌隆さんと謂う56歳の男性なんですって。成田さん、名古屋大工学部を出てNECに入り、そして転職、凄腕の証券マンだった由、NYに栄転するも、好きで堪らなかった特撮の世界へと転身するんですね。奮闘努力の甲斐あって、此の度の地位を勝ち取ったんだとか。

世界中の起業家や投資家が集まる会合があり、BEE GLOBAL CAMP、と謂う催しなんですって。今年は東京で開催された由、25か国から300人を超える人達が集まり、様々なディスカッションを交わし、新たなビジネスが盛んに生まれたんだとか。主催者の佐藤輝秀さんは、慶應大を出てソフトバンクに入社、数年後に起業し上場させ、今の拠点はシンガポールですって。ホント、国境なんて概念、古いですよね。例えば楽天なんて、スペインの強豪サッカーチーム、バルセロナやアメリカのプロバスケのNBAと契約しましたでしょ。日本のみならず、台湾のプロ野球チームも此の度買いましたもんねえ…。そうそう、映画界にも殴り込みをかけ、ハリウッドにも進出するそうです。地方自治体だって負けてはおりませんで、熊本~名古屋~岩手を結ぶ航路が猛烈に伸びているそうです。物流や人の流れが、東京には見えない形で発展している証左と謂えましょう。最後にもう1点、我が国の男女平等指数は、先進国最下位の世界121位です。女性の地位向上と社会進出を強力に後押しすれば、今まで無かった労働力や視点が生まれる訳です。僕、日本の女性って本当に優秀と思いますし、途轍も無いポテンシャルを秘めていると確信してます。活躍して貰わない手は無いですよ!

縷々綴って来ましたけれど、国の助けが何も無くとも、民間は此れだけの成果があり、ポテンシャルがあるんです。どうか政府の皆さん、拙ブログの提言通り、余計な事はせず、子供・若者・女性・地方、そして外国の方の為、予算を割いて下さい。そうすればライジング・サン、此の国は必ずや不死鳥の様に再生します♡
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する