FC2ブログ

☂ 笠碁 ☂

夜更けて 星空仰ぎ 門の雪、いやァ、月曜日の会食、すっかり遅くなりまして、しかも昨日は朝から会議や面談の連続でして、拙ブログを更新出来ず、大変申し訳ございませんでしたm(__)m。初めて食事をする方だったのですけれど、初対面から意気投合、談論風発和気藹々、誠に愉快な夜でした。ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。是非又お誘い下さいませ♪

さて、其の席上、話題になりましたのが、現在の日本の事でした。皆さん、共通した認識だったのが、此の国はもう、独裁者が牛耳る発展途上国に近いのでは、と謂う事だったんですね。確かに株価は高いまま推移してますけれど、実体経済は酷いと謂うより惨いでしょ。だって、此処20年間の実質賃金を調べたデータがあるのですけれど、先進国は皆、順調にサラリーが伸びているんです。ところが、日本だけ超低空飛行でして、寧ろ下がり続けているんですよね…。そして、男女平等ランキングにおいても、世界153カ国中、121位でありまして、此れ又、先進国中、最下位であります。おまけに、アベアキエ夫人に、交通費や日当が支払われていたそうですけれど、其の金額は公表出来ないんですって。現政権って、森友も加計も桜を見る会も、説明責任と謂いながら、何も説明しないんですよね。スガ官房長官に至っては、「桜を見る会」に反社会勢力の人間が参加した事を問われしどろもどろだったでしょ。挙句の果てには、「反社会勢力の定義は難しい。」と謂っておきながら、「反社会勢力の定義を示した政府指針は全く変わらない。」ですって。此のご仁、余程知的レベルが低いのでしょう。論理学の初歩の初歩もご存じ無い様でして、こんなのが官房長官ですぜ。しかも、こうしたシリアスでクリティカルな問題を、大マスコミは何も報道しませんもんね。

僕、つくづく思うんですよ。皆、今のアメリカの強大さばかりに目を取られて、物事の本質を見ていない気がしてなりません。アングロサクソン系の天下、即ち、大英帝国とアメリカですけれど、彼らの時代って精々、600年なんですよね。ところが、ローマ帝国やオスマン帝国の治世って、併せて1200年の長期に渡ります。此の両者の違いは、独裁か寛容か、征服か許容かに尽きるんです。大英帝国の場合、植民地の人々を奴隷化、キリスト教を押し付けました。ローマもオスマンも、奴隷は居ましたけれど、或る程度働いたら解放され、市民となれたんですね。一介の羊飼いや一兵卒や奴隷出身の皇帝も居た位でして、宗教や異人種にも寛容でした。僕、今のアベ政権って、ローマでは無くアメリカ、即ちオトモダチだけを可愛がる、独裁政権な気がしてなりません。まァ、こんな偏頗な政権が、長続きする筈がありませんぜ。風車 風が吹くまで 昼寝哉、何をくよくよ 川端柳 川の流れを見て暮らす、でありまして、こんな暴政はもう終わります。皆さん、強かにしなやかにやり過ごしましょう♪

先日、囲碁界で新たなプロ棋士が誕生しました。16歳のマレーシア人と17歳のインドネシア人でして、共に日本で棋士生活を歩むんだとか。囲碁って古くから国際色豊かでして、呉清源に林海峰に趙治勲、皆素晴らしい名人でしたけれど、中国・台湾・韓国のご出身でしょ。オーストリアにオーストラリア、アメリカにフィンランド、アルゼンチンにロシアにドイツに、夫々プロ棋士が居る位ですもんね。でね、今、パリで大人気なのが盆栽なんですって。狭いアパルトマンで自然を楽しむ為、盆栽を四国から取り寄せているんだとか。縫製の世界では、生地に全く無駄を出さない機械を開発した、和歌山の工場が、世界中のメーカーから引っ張りだこだそうです。サントリーは、インド向けのウイスキーやジンを大量生産、世界最大の蒸留酒市場に殴り込みをかけるんだとか。

若い人は偉いなァと本当に感心したのですけれど、北九州・佐世保・徳山の高専生達がトリオを組み、アフリカ向けの商品開発を行い、現地の様々な社会問題を解決したいと意気込んでいるそうです。福岡と長崎の女子高生2人が、プリマドンナを目指し、世界最高峰のダンス学校に入る為、リトアニアに旅立ちました。そして、東大京大慶應クラスの優秀な学生さん達って、大企業を目指す人がどんどん減っているそうです。セクハラやパワハラ、先例主義や詰まらない上司に振り回されるより、起業した方が良いとの判断でして、いやァ、是非成功して欲しいなァ。人間到る処青山あり、彼らが世に出る頃、此の国は大きく変わるかもしれません。でね、此れも凄いと思ったのですけれど、ご老人達も、若者に決して負けてないんですよ。

と申しますのも今、70を超えて起業する方が増えてるんですって。例えば、田中武雄さんと謂う社長さんがいらっしゃいます。元々は神戸製鋼の技術者だったそうですが、定年退職後大学院に入学、孫の様な若者達と共に学び、66歳で起業されたんだとか。サラリーマン時代の人脈を活かし融資を受け、癌治療の為の会社を設立、現在に至るそうです。染色体に半導体に金型等々、70オーバーの経営者が続々と生まれているとか。でね、此れも感動したのですけれど、横浜市の若葉台団地では、ご老人達が「科学クラブ」を設立、地元の学生達に科学の楽しさを教えているそうです。ご老人の道楽と嗤う勿れ、メンバーが凄いんですよ。退官した元大学教授、東京工業大の元技官等々、錚々たる人々が集結、かってのコネクションを活かして電子顕微鏡を格安で払い下げて貰い、子供達に明るく楽しく教えているそうで、う~ん、何とカッコいい人生なんでしょう♡

政府が幾らポカを重ね、ミスが多発しても、尻拭いするのは結局、僕達民間人なんですよね…。例え何があろうとも、民間は逞しく生き抜いています。毎日の様に新聞各紙に出ていますけれど、僕達病院の世界でも、弱肉強食、淘汰の時代がやって来ました。当院は其の激流に負ける事無く、必ずや生き残る心算ですし、其の為の努力や情報収集を惜しみません。よおし、何だか燃えて来ました!今日も遅くなりそうですが、精一杯頑張るぞ~!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR