FC2ブログ

山猫 (=^・^=) 

先日の忘年会の散会後、さァ帰ろうと、ホテルのロビーを歩いてましたら、うちのスタッフの皆さん、夫々スマホで連絡を取ってまして、本当に便利な時代になりましたよね。僕が小さい頃、SNSやラインなんて便利な物が出来るとは思ってもいませんでした。尤も僕、未だにガラケーでして、お恥ずかしい…。通信の歴史を遡れば、狼煙や太鼓に始まって、インディアン達は石や木を用い、簡単かつ分かり易いサインを道端に残し、自分達の進路を、後続する仲間達に伝えたとか。伝書鳩が用いられ、手紙が生まれ、そして電話へと繋がる訳です。

興味深いのは、モールス信号に手旗信号、そして電話の発明者って、皆さん個性の塊なんですよね。モールス信号を造ったモールスさんって、元々は画家ですもんね。電話を造ったベルさんはピアニストでしょ。聾のお母さんの為、ベルさんは音響学の勉強に専念、其れが電話の発明に繋がりました。手旗信号の発明者は日本人でして、有馬良橘さんと謂う、明治期の海軍軍人であります。元々は殿様の家系なのですけれど、お父さんが徳川幕府側に味方した為、朝敵とされ、暫くの間、有馬さんは学校に行かせて貰えませんでした。困窮の中、何とか海軍に入り、手旗信号を開発したんですね。そうそう、手話を発明したのは、ド・レペさんと謂うフランスの神父さんなのですけれど、実は、世界中にあったそうです。へええ、と感心しましたのが、花柳界でも芸者衆達が、自分達で開発した手話を使っていたんだとか。「あのお客さん、Hでしつこいわ。」「どんどんお酒を飲ませて潰しましょう。」、てな按配で、客に分からない様、手と指で密かに会話をしていたそうで、凄い世界だなァ…。

僕、戦争は大嫌いですが、何故か戦車が大好きなんですね。其の戦車においても、古代では、チャリオットと呼ばれる、数頭の馬に馬車を曳かせた乗り物があり、其の上に弓矢を持った人が乗り、戦っていました。所謂戦象、象を戦車代わりに使ったり、砂漠ではラクダ部隊もあったんですね。其れが今では、例えばドイツのレオパルドⅡ戦車なぞ、60㌧の重さなのに、時速70㌔で走り、直径120㍉の大砲をぶっ放すんですもんね。全ての事は進化すると謂う証左でありましょう。

此れからの社会って、価値観其のものが激変する様な気がしてなりません。だって、上記の様な進化に加え、AIだ遺伝子だ3DプリンターだIPS細胞だと、世紀の大発見が相次いでいるじゃありませんか。シベリアの永久凍土が溶け、4万年前の回虫が蘇生、マンモスだって蘇ろうとしている時代ですもんねえ。国際政治に目を向けても、栄光の大英帝国も分裂寸前、超大国ながら先進国とは謂えなかったロシアや中国が台頭、いや~、一寸先に何が起こるか分かりませんぜ。

こういう激動の時代になりますと、変化を恐れたり、対応出来ない組織って、滅びて行く様に思います。大塚家具もとうとう身売りしましたし、僕のこよなく愛するボクシング界でも、かって一世を風靡した協栄ジムが休止しました。都内に自社ビルを持ち、TBSやテレビ東京と提携、全国6か所に傘下のジムを持ち、世界チャンピオン13人を輩出した、超名門なんです。其れが、深刻な経営不振に陥り、今回の事態になった訳です。僕、日本の政界も、協栄ジム同様、かっての栄光にしがみつき、有効な対策が出来ていない気がしてなりません。だって、つい先日発表された経済データを見ましても、悲惨の一言でしょ…。今年11月の工作機械受注額は、前年比37・9㌫減。企業倒産は11月だけで700件を超え、3か月連続で増えているんだとか。内需は45・5㌫、外需は32㌫、前年に較べて下がっています。国の税収は2兆円の減、慌てて赤字国債を発行する始末でしょ。こんな状況では、消費が冷え込むのは必至でして、市場にはお金が廻らなくなり、益々景気が悪化する訳で、此れをデフレスパイラルと謂います。即刻、消費税を廃止し、消費を促すしか無いと思うのですけれど、総理以下、自民党の無能な面々は、タダ酒で桜を見て、外遊を繰り返しているんですもん、最早常軌を逸しています。

民間企業は生き残りを懸けて必死です。茨城の農業法人は、田植えロボットに農薬散布ヘリコプター、ドローンにAI、無人トラクターを駆使、徹底的に省人化した米造りを行っているんだとか。苗もハイブリッドだそうで、害虫や疫病に強く美味な品種を開発、其れをアメリカに売り出すそうです。マレーシア政府は、外資系企業の誘致に大層力を入れており、日本人の若手のベンチャー起業者は、同国を目指しているそうです。東京ガスは、此れからはガスや原発ばかりに頼ってはいられないと、メキシコ最大の風力発電会社を買収、カリブ海周辺の電気関連の仕事を一手に引き受ける狙いだとか。

変わらずに生きて行く為には、自分が変わらねばならない、或る映画の有名な台詞ですけれど、此れ、僕の生業である、医療業界でも全く同じでありましょう。患者様や其のご家族、地域の皆様方、そして当院全スタッフの為、何をすべきか、其れは或る意味簡単なんですよね。当たり前の事を当たり前にやれば良いんです。其れは、何をすれば、患者様やスタッフの為になるかを考えれば良いだけでしょ。ですから当院は、患者様の社会復帰の為、共同住宅やグループホームを造り、そして就労支援作業所や相談支援事業所を新たに立ち上げたんです。働くママさん達の為に保育所を造り、スタッフの意識向上の為に図書室の蔵書を大量に増やしました。でも、辿り来て未だ山麓、道はまだまだ遠いですけれど、誠心誠意頑張る所存です!!

さて、此れからどうやら冷え込みそうですけれど、皆様、素敵な週末をお過ごし下さいませm(__)m。其れでは月曜日に又お会いしましょう。暫しの間、ごきげんようさようなら(^.^)/~~~
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する