FC2ブログ

♪ セロリ ♪

昨日は拙ブログを更新出来ず、大変申し訳ありませんでしたm(__)m。実は一昨日、急に遠方の仏事が入りまして、大分に戻りましたらもう、日付が変わっていました。県境の山間部まで行ったのですけれど、夜をこめて 谷のそぼそに 風寒み かねてぞ知るき 峰の初雪、白いものがちらちらと舞っていまして、いや~、僕もう、全身が冷え切り疲労困憊、昨日はとてもブログを更新する元気がありませんでした。ごめんなさい。

さて、アフガニスタンの平和と発展に大変な努力を重ねられた、中村哲先生がお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りすると共に、謹んで哀悼の意を表します。先生、どうぞ安らかにお眠り下さい。中村先生は凶弾に倒れ、本当に残念です…。先生の功績は、此処に書くまでもありませんけれど、旱魃に苦しむアフガニスタンに長大な用水路を造り、数十万人の命を救いました。同地で学校や礼拝堂までも手掛けた偉大な方でして、人種や国境の枠を超えた、信念のドクターでありましょう。古い言葉で、医師の事を国手と謂います。此れ、人間だけで無く国を救うので、国手と謂うんですが、中村先生は其の言葉通りの方ですよね。

其の正反対に位置する、品性下劣な男が、アメリカのトランプ大統領でありましょう。「全てのイスラム教徒の入国を許さない」「メキシコ人は麻薬や犯罪を持ち込む」「移民なんかくそくらえ」「メキシコ人は強姦魔だ」「オバマはアメリカ人じゃない」、まだまだあるのですけれど、超大国アメリカの大統領とは思えない、知性も品性も無い下品な発言ですよね。

僕、彼の考えは根本的に間違っていると思います。幾らアメリカが排他的で独善的でも、最早世界は、一国だけで成り立つ程単純じゃありませんぜ。大体ね、アメリカの建国の歴史を見れば一目瞭然でしょうに。平和に穏やかに暮らしていたインディアン達を大量虐殺、血塗られた土地の上に、世界中から移民が来て出来た国でしょ。其れを今更、移民は駄目と謂っても道理が通りませんや。でね、一国単独主義なんて、古色蒼然とした古臭い考えでして、そうですねえ、日本の企業をご覧下さいな。

今、ロシアのシリコンバレーとして、ホットな地域であるシベリアに、北海道の企業や大学が進出しているんですね。北海道銀行はハバロフスクで温室栽培を、伸和ホールディングスはウラジオストックで居酒屋チェーンを、北大はロシアのノボシビルスク大と、AIの共同研究を、夫々始めました。其の他、寒冷地用手袋に生チョコレート、地質調査にIT等々、企業が続々と参入しているんだとか。実際、日本の学生さんで、ロシア企業に就職を考えている人も増えて来たそうです。業界最大手の日本製鉄は、アルゼンチンの鉄鋼大手、南米最大級のテチント・グループと組み、メキシコで事業展開を始めます。メキシコは人件費が安く、トヨタにマツダにホンダ、日産にGMにアウディ、ワーゲンにBMWにフォード、自動車工場のメッカですもんね。そりゃあ鉄が売れるでしょう。情報ポータル社のはまとうはインドネシアで、小田急電鉄はシンガポールで、新潟の農家が台湾で米を、夫々事業展開しています。

芸能の世界でも同様でして、アニメ「セーラームーン」が舞台化され、米国人観客相手に即日完売、立錐の余地も無かったとか。メタル・ロックで踊るダンス・ユニットグループのベビーメタル、日本人少女2人のグループですけれど、既にワールド・ツアーをして大人気でしょ。シンガポールに台北、パリにドイツのケルン、ロンドンにラスベガス、ロサンジェルスにモントリオール、ニューヨークにメキシコシティ、オーストラリアにスイス、イタリアにベルギー、オランダにマレーシア、ロシアにフィリピン、そうそう、つい先日は、スウェーデンを中心に、北欧ツアーまで敢行しました。僕、全然知識は無いんですが、アイドルのAKBのメンバーも、ジャカルタや上海で活躍してるそうじゃありませんか。

もう1度トランプに謂いたいんですが、アナタを始め、アメリカの人達だけで、大量の野菜を消費してるでしょ。でもねえ、アメリカ原産の物なんて、殆ど無いじゃありませんか。オクラやソラマメはアフリカ原産でしょ。ピーナツやじゃが芋、トマトに唐辛子は南米。トウモロコシやさつま芋はメキシコ。きゅうり、蕪、茄子はインド。ほうれん草、ニンジン、玉葱、大根、アスパラガスは、中近東から中央アジア。キャベツ、セロリ、ブロッコリーにカリフラワーはヨーロッパ。ネッ、トランプが幾ら偉そうに吠えても、此れらの野菜は全て、アメリカ以外から伝わって来た物なんです。野菜の伝播の歴史も、誠に興味深く、例えばオクラは、古代エジプトの時代から食されて来ました。其れが徐々にヨーロッパに広がったんですね。アメリカにオクラがもたらされたのは、アフリカから連れて来られた黒人奴隷達に依るものだったんです。我が国には、東南アジア経由で広がったんだとか。

トランプの旦那、お分かり!?ですから、地球は1つ、人類は皆兄弟でありまして、野菜1つ取っても、大勢の人達が世界各地に運び、食糧とした訳でしょ。排他や差別では無く共存共栄、此れこそが世界が発展する鍵、僕、そう思えてなりません。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR