FC2ブログ

♡ 仲良きことは美しき哉 ♡

読者の皆様、おはようございます。僕、昨夜遅く、出張から戻って参りました。今回の行き先は福岡でして、本当に多くの皆様にアテンドして頂き、大変お世話になりました。此の場を借りまして、厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございましたm(__)m。只、相当冷え込みまして、僕、慌てて上着を買ったのですけれど、些か風邪気味であります、グッスン…。

さて、久方振りの博多の街は快晴、天神や大名を歩いていて、ふと感じたのですけれど、九州と大阪の地名って、吃驚する程酷似しているんですよね。春日に天ケ瀬に朝倉に三輪等々、枚挙に暇が無い程多く、位置関係すら殆ど同じなんです。宮崎と三重県の地名も、非常に良く似ていまして、此れ、古代の九州人達が関西に移り住み、父祖の地を懐かしみ、其の名を付けたとしか考えられません。そして、何処に行っても外人さんを見かけます。駅でも百貨店でもホテルでも、至る処にいらっしゃいまして、日本は大きく変わりつつある、そう痛感しました。

そして翌朝、新聞を買いましたら、いきなりの大見出しで、「IS指導者バクダディが死亡」と出てまして、どうやら米軍の特殊部隊の手によるもの、と書かれていました。でもね、此のバクダディ1人を倒しても、意味が無いと思うんですよ。実際、ISの戦闘員は世界各地に分散、アジアやアフリカや中東に、幾つもの強固な拠点を確保、莫大な資金と工作員を抱えてるってんでしょ。僕、アメリカ本土は必ずや狙われる、そう思えてなりません。だって、「目には目を、歯には歯を」の国じゃありませんか。僕、暴力の連鎖は意味が無いと思います。どこかで許し、対話をしなくては、復讐の連鎖は永遠に繰り返される事でしょう。アメリカも馬鹿だねえ。

でね、話を戻しまして、かっての古代人も、今の博多の外人さんも、新天地を求め、大移動をしている訳じゃないですか。新たな地で、先住民との対立や不和もあったとは思うのですけれど、最終的には上手くやって来た訳ですよね。大体、日本人って、単一民族とは良く謂われますけれど、縄文人の遺伝子って、僕達には10数㌫しか残って無いそうです。残りの80㌫以上は、様々な人種との混血です。シベリアから、中国から、台湾から、東南アジアから、韓国から、多くの人々が海を渡り上陸、日本人が出来上がったんですね。妙にファナティックに、外国人を攻撃する差別的な人達も居ますけれど、全くナンセンスですよねえ。真に優れた人ならば、国籍や性差なんて、全く気にしませんぜ。だって、宇宙飛行士を筆頭に、宇宙関連のお仕事をされている方々って、心技体が揃った、現代最高の知性を持つ人達と思うのですけれど、其の面々は、将に多国籍軍でしょ。僕、宇宙飛行士の毛利さんって、心から尊敬しているんですが、彼は北海道大を出て、オーストラリアで博士号を取り、アメリカで研究生活を始め、そして宇宙飛行士でしょ。日本人女性初の宇宙飛行士、向井千秋さんだって、慶應の医学部を出た優秀な外科医でしょ。宇宙から戻ってからは、アメリカと日本の大学教授を歴任、富士通と花王の取締役となりました。

排他的で差別的な人達に謂いたいです。毛利さんも向井さんも、おかしな偏見なんてきっとありませんよ。人を攻撃するより、ラブ&ピース、和気藹々と仲良くした方が、よっぽど生産的、そう思いません!?

僕、とっても感動したのですけれど、「華人時代」と謂う、日本に住む中国人のグループがあるんですって。在日中国人の若い人達が、SNSを通じて友人となり、其れがどんどんと拡散、とうとう一般社団法人を設立したそうなんですね。会員は何と、凡そ10万人でありまして、しかもね、中国の方だけじゃないんですって。マレーシアやインドネシア、日本やシンガポール等々、国籍も年齢も性別もバラバラだそうです。メンバーは九州から北海道まで、そして留学生から会社経営者まで、職業も多岐に渡るんですって。各種イベントの開催に情報交換、日本に対する誤解や偏見を無くそうと謂うのが目的なんですね。彼らは日本を愛し、此の地に骨を埋めようと覚悟して来日した人ばかりだそうで、今回の千葉の台風にせよ、以前の熊本の震災にせよ、多額の募金をしてくれたそうです。本当にありがたいですよね。でね、今、日本に住む中国の方は、76万人を超えたそうなんです。因みに、高知県の人口は72万人でして、最早、県レベルの人口なんですね。新たなコミュニティが生まれつつある訳で、此れに、台湾の方や韓国の人、急増しつつある東南アジア諸国等々、彼らはもう、ネオ・ジャパニーズと呼ばれてもおかしくありません。だってね、ブラジルから来た方だけで20万人以上居る訳で、此れより小規模の市町村って、山の様にあるでしょ。

空には星を、地には平和を。同じ地球に住む全世界の人達、争いは止めて、仲良くしましょうね♡
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR