FC2ブログ

天上の虹

一昨日行われた即位の儀ですけれど、アベアキエ夫人の装いが、大変話題になっています。何でも、オートクチュールの超高級ドレスらしいんですが、将に豚に真珠、猫に小判と申しますか、腕の処はヒラヒラと長く、膝上のミニスカートでありまして、ネット上では、「レディーガガ」「土偶」「ガンダム」と散々な酷評でありました。僕、改めて見たんですが、確かに変です。TPOを弁えず、滅茶苦茶に浮いている事に流石に気付いたのでしょう、当のご本人は、泣き出しそうになり、俯いていました。折角の厳粛な式典が台無しでして、馬の耳に念仏、他人様の話なんて、何も聞かない程愚かなんでしょう…。将に裸の王様です。でね、ドレスコードは無いのか、調べてみましたら、やっぱりあったんですよ。「ロングドレス、白襟紋付又はこれらに相当するもの」ですって。各国国王や大統領等々、世界の要人2000人が集まる中、こんな馬鹿げた服を着ていたのは、アベアキエ夫人只1人、此れ、ホスト国なのに赤っ恥でありまして、天皇皇后両陛下のお顔に泥を塗り、満天下に恥を晒したと謂えましょう。国辱ですぜ。

僕、ちょっと前に葬儀に出た際、白いYシャツの下に黒いTシャツを着て、上着も羽織らず参列している男性を見たんですね。こっちが冷や冷やしたんですが、やっぱりねえ、冠婚葬祭のフォーマルな席では、其れなりの恰好をしないとねえ、常識を疑われますし、故人や新郎新婦に対して失礼でしょ。

閑話休題、厳かな即位の儀を見ながら僕、ふと思ったんですよ。此の儀式、1000年以上の時を越え、連綿と続いて来た訳でしょ。ならば、温故知新と申しますか、古代の天皇を支えた優れたシステムを、復活させたら良いのでは、と謂う事なんです。かって、部民と呼ばれる様々な人達が、古代の天皇に仕えていました。此の部民、夫々特殊技能を持った人達だったんですね。例えば海部は、航海技術に長け、漁猟も得意でした。錦織部は、錦を織る職人集団でして、テニスの錦織選手のご先祖様達かもしれません。土師部は、古墳や埴輪を造る人達。鳥飼部は、野鳥を捕獲し養殖する一族。渡部は、川や橋の管理を任せられました。解部は、訴訟担当の裁判官ですね。其の他、大伴部に須恵部に弓削部、額田部に蘇我部に尾張部等々、皆さん様々な能力の持ち主でして、日本と謂う国を支えていました。ヘエエと興味深いのが、犬飼部でして、読んで字の如し、ワンちゃんを扱う人達なんですね。犬達を仕込み、狩猟に、宮殿の護衛をさせていた訳です。やがて犬飼部は犬の飼育を止め、宮殿の護衛に専念するのですけれど、武士の起源の一因になったのでは、そう謂われているんですね。

さて、古代の部民システム、現在の官僚制度にも繋がる一面があると思います。でも、かっての方が、現代の様な、画一化された公務員試験よりも、余程優れている気がしてなりません。だって、ペーパーテストさえ受かれば、どんな省庁にも勤められるって、何だか変じゃありませんか!?其れよりも、かっての海部の様に、航海技術と漁猟に長けているので、海や川や漁を管理する職を任せる方が、よっぽど合理的と思いませんか!?

ところで、今、優れた高校生って沢山居るじゃありませんか。僕のこよなく愛する高校野球の世界では、高知高校1年生で、森木君と謂う逸材が居ます。中学3年生の時、軟式のボールで150㌔を超えるスピードボールを投げた逸材でして、もしかすると何れ、大谷選手やダルビッシュ投手を抜くかもしれません。十勝の高校2年生の女子が、マーケティング会社を起業して話題になりましたよね。15歳で1億円を集めた男子高校生プログラマーや、通学しながらベンチャー企業の専務取締役の女子高生も居ます。長崎南高校の科学部は、植物の組織を培養し、クローンを造る事に見事成功しました。何と、100均のお店で買った材料だけで、其れを成し遂げた由、凄過ぎませんか!?科学部の皆さん、其の成果が認められ、来月シンガポールで開かれる世界大会で論文を発表するんだとか。

新種の恐竜の化石を発掘した、岩手の男子高校生も居ましたっけ。又、此れは明らかな違法であり、書類送検されましたけれど、都内の高校生が、海外のサイトを通じてウランを入手し精製した事件がありました。彼は爆弾を造る技術もあったそうなんですよ。何処からそんな知識を得たのか興味深いんですが、下手をすると、自宅で小型核爆弾を造っていたかもしれない訳です。彼の場合は、悪い方向に行ってしまいましたけれど、此れ、良い道筋を示唆してあげたら、画期的な発明を成し遂げていたかもしれません。先ずは罪を償って下さいね。そうだ、忘れていました。僕の大好きな将棋界でも、藤井7段が、17歳にしてタイトルに手が届きそうです。棋界とは親戚筋の囲碁界でも、19歳の柴野名人が誕生したばかりですもんね。

こうした、トップ・プロスペクトと申しますか、特殊能力に長けた逸材達を、古代の部民制度の様に、官僚として大いに働いて貰えば、常人では思い付かないアイディアが次々と出て、此の国は一気に再建出来ると思うのですけれど、読者諸賢の皆様方、如何思われますか!?
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する