FC2ブログ

アニマル・ハウス

何だかまたまたパソコンの調子が悪く、いきなりシャットダウンを繰り返す始末、うう~ん、そろそろ寿命なのかしらん。パソコンを撫で撫でしたり、叱ったりしたら、何故か奇跡的に復旧しまして、今漸く、デスクの前に座り、拙ブログを更新している処です。

そうそう、今年度のノーベル化学賞は、旭化成の吉野彰博士が受賞されました。博士が開発したリチウムイオン電池って、携帯やパソコンに使われているそうでして、今や生活必需品、そんな偉大な発明が、日本人の手に依るものだと思うと、何だか誇らしいですよね♡博士、本当におめでとうございます!!

しかしねえ、テクノロジーの進歩って、一体全体何処まで行くのか、何だか恐ろしくなります。だって、宇宙空間で、人工培養肉の生産に成功しましたでしょ。ロシアとイスラエルの企業が協力、3Dバイオプリンターによる産物だそうです。アメリカだって負けてはおりませんで、NASAは宇宙空間で、トマトやパプリカや豆を育てているんだとか。同じアメリカでは、脳とパソコンを直接繋ぎ、ブレイン・マシン・インターフェイスと謂うんだとか。マンモスのクローンを造る計画が進んでいますし、食べられる薔薇が人気だそうですが、其れを手掛けているのは、田中彩華さんと謂う26歳の日本人女性ですもんね。でね、此れも吃驚したのですけれど、中東のUAEでは、砂漠の中にユートピアを造る計画が、着々と進行中です。二酸化炭素排出ゼロのマスダール・シティ、ハイテク素材だけから成るサスティナブル・シティ、火星移住を目標に宇宙生活をシュミレーションしたマーズ・サイエンス・シティ等々、画期的な街造りが進んでいるとか。凄えなァと感心しますけれど、此れ、砂漠で何も無いから出来るんですよね。日本の東京では、今ある建物を全て壊さねばならず、とても不可能でしょう。

でも、感心しますのは、オイル・マネーを、街造りと教育に注ぎ込んでいる事でありましょう。UAEでは、国家予算の4分の1が教育費に充てられており、国公立ならば、大学卒業まで無料なんですって。ホント、原発ばかりに金を使う日本とは大違いでありまして、こんな馬鹿げた無駄遣いをしていては、何れUAEに抜かれますぜ。冒頭ご紹介した吉野博士だって、京大工学部を出て阪大の大学院、そして九大の教授でしょ。将に教育の成果が、リチウムイオン電池を産んだ訳で、政治家の皆さん、本当に、教育に予算を充てないと、此の国の未来はありませんよ。

そうそう、今、高専の評価が非常に高いんですって。大学生より高専生の方が余程優秀だと、名だたる大学教授の先生方が公言しているそうです。高専は5年制の一貫教育、短大卒と同じ扱いなのですけれど、如何に社会に寄与出来るかと謂う、実戦的な教育方針なんだとか。名付けて、「社会実装教育」と呼び、「課題を把握し、価値を考察し、社会に導入して評価を得る」が目標なんですって。でね、僕の同級生2人が、高専に進んだんですが、とっても自由な校風だったそうで、羨ましかったなァ。

実はドイツの教育システムって、此の高専に少し似た処があるんですね。デュアル・ストゥジアムと呼ぶそうでして、学生さん達は大学入学後、学校に通いながら、企業で訓練生として働くと。学生は早くから、現実の社会と接する事が出来、学費も稼げます。企業側は、預かった学生さんの資質をじっくり見極められ、将来の採用に繋がると謂う訳で、将に win-win ですよね。日本もそういう良い処は、どんどん真似たら良いのにねえ。本当に、教育こそが国の根幹でありまして、明治維新を成し遂げたのも、日本全国津々浦々に、藩校があったからでして、当時の我が国の教育レベルは、世界一でありました。だって、松下村塾を造った吉田松陰先生なんて、11歳で藩主に講義してるんですよ。畑を耕しながら漢文を暗唱してたってんですから、昔の人は偉かったですねえ…。自民党の皆さん、消費税を上げるのならば、せめて教育費に使ったらどう!?

さて、週末は超大型台風が襲来の由、特に関東の皆様、充分にお気を付け下さいませ。其れではシー・ユー・ネクストウィーク、又月曜日にお会いしましょう(^.^)/~~~
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR