FC2ブログ

✾ shamrock ✾

此処大分は何だか怪しい空模様、晴れ間が見えているのに、ポツリポツリと降ってまして、将に狐の嫁入り、気味が悪いなァ…☀☂僕、こういう天気雨を見てますと、何だか人間の本音と建て前と申しますか、ホントは悲しくて雨の様に涙がこぼれているのに、外面はお日様の如く、無理に笑顔を作っている気がしてならないんですよ。

其の本音と建て前が如実に表れたのが、此の度の日米貿易協定じゃないでしょうか。僕、其の記者会見をTVで見ました。アベ総理、「ウィン・ウィンの関係だ」と空威張りしてましたけれど、顔は引きつっている様に見えました。だって、農作物から関税から自動車から、アメリカに完全に譲歩でありまして、何処がウィン・ウィンなのか僕、本当に理解に苦しみます。日本がアメリカに売り渡す農作物市場って、8000億近くになるそうで、其れでなくとも食糧自給率が極端に低いのに、いざ何かあったら、日本国民は皆、飢えてしまいますぜ。ウォールストリートジャーナル、ロイター、朝日、毎日の各紙、経済誌のダイアモンド誌に東洋経済誌、何れも酷評しているのですけれど、アベ総理、「アメリカとは真の友人」とか謂ってましたが、大丈夫!?

♪友の憂ひに吾は泣き 吾の喜びに 友は舞ふ♪、此れが友人でありまして、もう1つ付け加えますと、時には耳の痛い諫言をしてくれるのが真の友でありましょう。お互いに都合の良い事ばかり謂い合い、褒め合う様な仲なんて、どうにも虫唾が走りますし、そんなのねえ、利害関係で結び付いているだけでありましょう。日本はアメリカを友人と思っているかもしれませんが、あちらから見れば都合の良いATMであり下僕、召使ですぜ。大分弁で謂う処の「てご」、手下ですな。

閑話休題、フランスの元大統領、ジャック・シラクさんがお亡くなりになりました。享年87歳、謹んでご冥福をお祈り致します。シラクさんは毀誉褒貶相半ばする方ですが、強烈なリーダーシップを持ち、フランスを代表する大政治家だった事は間違いありません。ハーバードに留学経験があり、アルジェリア戦争に従軍、戦後はパリ市長や閣僚を経験して大統領になったんですね。シラクさんと謂えば大の親日家でして、何と40回以上、日本に来られたんですね。大相撲の大ファンであり、万葉集や遠藤周作を好み、日本美術における世界有数のコレクターでもあります。知性と勇気に富み、芸術を愛する方で、米仏関係も重要視していました。ところが、2003年のアメリカのイラク進攻には猛反対、「長い付き合いだが、貴方達のやっている事はおかしい」と真っ向から意見し、戦線から離脱したんですね。幾ら親しくとも、ただひたすらに追随するのって、友人じゃないですよねえ、是々非々で接するのが大人じゃないかなァ!?

現在、大変に盛り上がっている、ラグビーワールドカップ、明日は日本VSアイルランドの大一番ですよね。アイルランドは優勝候補の一角、下馬評では日本絶対不利ですけれど、何とか覆してくれないかなァ。其れはさておき、アイルランド代表って、母国はとても大変な状況でしょ。大体、アイルランドと北アイルランドに分裂している上に、プロテスタントとカソリックと謂う、宗教上の対立もあります。其の上、EU離脱か否か、イングランド寄りか否かで、意見が中々まとまらないんです。でも、「同じアイリッシュで協力し合わないでどうする。代表の緑のジャージーは、寛容と融和の象徴なんだ。僕達がプレイする事により、母国を1つにしたい。」ですって。うう~ん、こりゃあ強敵ですよ…。そして、南海の楽園、トンガ代表ですけれど、ラグビーは強いんですが、人口10万人の小国でして、常に資金難に苦しんでいるんですね。義を見てせざるは勇無き也、其処で立ち上がったのが、大阪の飲食店のオーナー達でして、其の中心となったのが、山崎さんと謂う元ラガーマンでした。トンガ代表の財政難を救うべく、資金援助から病院の紹介からスポーツメーカーから、飲み物から食事から衣服から、大阪のラガーマン達が豊富な人脈を活かして結集、正式スポンサーとしてバックアップしているんだとか。

僕のこよなく愛する将棋界には、木村一基9段と謂う棋士が居ます。木村9段は、幼稚園で将棋を覚え、小学生で奨励会入会、23歳で漸くプロとなります。将来を嘱望されてはいたものの、谷川・羽生の両名人を筆頭に、天才に鬼才、強敵に難敵がひしめいていたんですね。其れでも木村9段は決して諦めず、臥薪嘗胆を重ね、タイトルに挑戦する事6度、其の全てに敗れ続けました。何と、3連勝してから4連敗した事すらあったんですね。ところが昨日、7度目の挑戦で、自分より10数歳若い豊島王位を、4勝3敗で倒したんです。木村新王位は46歳、初めて将棋の駒を触ってから40年の月日を経て、此の栄冠を掴んだ訳です。木村王位、本当におめでとうございますm(__)mm(__)mm(__)m。幾ら挑んでも届かなかったタイトル、精神的に苦しんだ時期も長かったそうですが、其れを支えてくれたのは、仲間達とご家族だったとか。

やっぱり、人と人との、本当の信頼関係って、本当に美しいですよね。醜悪な人間関係って、当の本人達は気付かなくとも、必ずや腐臭がするものです。僕、未熟者ではありますが、他人様の信頼は裏切りたくないと、常に自分を律している心算なんです。さて、どうやら天気は下り坂の由、大荒れの週末になりそうですけれど、皆様、素敵な休日をお過ごし下さい(^.^)/~~~
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR