FC2ブログ

以徳報怨

本来ならば明朝、拙ブログを更新予定だったのですけれど、明日から僕、公私共に相当忙しくなりそうでして、お昼休みの時間を使い、急遽書き始めた次第です。暫しの間、お付き合いの程を。

さてさて、僕、とっても吃驚したのですけれど、イギリスの大手旅行代理店、トーマス・クック社が倒産の憂き目に遭ったとか。トーマス・クックと謂えば、世界最古の旅行代理店でありまして、団体旅行に始まり、トラベラーズ・チェック、欧州全域を網羅する時刻表の販売等々、様々な画期的な試みを成功させ、凡そ1世紀半の歴史を誇り、世界17カ国に支店を持ち、従業員2万2千を超す、大会社なんですね。同社を使い、海外旅行中だったイギリス人達を母国に戻すべく、大混乱なんだとか。僕、豪州に住んでいる時、日本から来る新婚さんのアテンドをするアルバイトをしていまして、中々楽しかったのですけれど、いきなりこんな目に遭っては、現場の人達はさぞ大変でしょうねえ、同情致します。どうやら此の倒産、イギリスのEU離脱騒ぎに依る、ツアー客の激減が最大の理由の由でして、可哀相に…。其のイギリスに属するアイルランドでは、警察の車に火炎瓶を投擲する騒ぎが勃発しています。又、イギリスの親戚筋に当たるアメリカでも、銃乱射事件が後を絶ちません。古き良きアメリカと申しますか、50年代の米国では、銃乱射事件って、10年に1回位だったんですって。ところが2019年になりますと、先月の時点で、既に258件って…。

サウジアラビアでは、ドローンによる空爆が頻りですもんね。でも、我が国だって、他人様の事を嗤えません。千葉の台風からの復旧は遅々として進まず、未だに3000軒近い家庭が、停電のままであります。自民党の皆さんが、ほんの少し、人の苦しみや痛みを察すれば、此処まで対応が遅れる事は無かった気がしてなりません。トーマス・クックの倒産にせよ、アメリカの銃乱射にせよ、千葉にせよ、己の事だけを重視し、他者への排他的な思考が、此の惨状を招いているのでは…。

何だか僕、連日同じ事を書いている気がするのですけれど、やっぱりねえ、融和と寛容と愛情、其れしかありませんぜ。

閑話旧題、日本における、国際結婚って、毎年約2万組前後なんですよね。恐らく今後、ハーフやクオーターの子供達が増え続ける事は間違い無いでしょう。今朝のデイリースポーツ紙には、日本人女性と結婚し、日本酒造りに携わるイタリア人男性の記事が出ていました。TV東京系の人気番組、「ワタシが日本に住む理由」、僕、結構好きなんですが、本当に様々なカップルが居て、此の国で暮らしてらっしゃるんだと、感心しきりなんですよ♡佐賀県で、日本人男性のパートナーと共にハンドメイドの鞄を造るフランス人女性。大阪の辺鄙な田舎町で、棚田を守るブラジル人女性。八ヶ岳に魅せられたカナダ男性。沖縄の方言を守るオランダ人女性。其の他、アメリカにアイルランド、タイにインド、ルーマニアにドイツと誠に多士済々でして、此れからの我が国は、外国の方との共存共栄無くしてはあり得ない気がします。そうそう、此処大分の日田でも、中南米8カ国から9人の方が来日、我が国の農業について学びに来られてましたもんね。

僕、本当に心から尊敬して止まないのが、日本からブラジルに渡った移民の人達なんですね。今から凡そ、1世紀前の話なのですけれど、はっきり謂って、日本とブラジルの両政府に騙されたんですよ。「ブラジルに行けば、高収入を得られ高度な教育を受けられる」と謂った甘言に騙され、着いたは良いけれど、其処で待っていたのは地獄でした。奴隷と見紛うかの様な酷い扱いに、極端な低収入、風土病や害虫も蔓延、夜逃げする人も多かったそうです。小泉首相の時代になって漸く、日本政府は過ちを認め、謝罪しましたけれど、100年経って謝られてもねえ…。其れは兎も角、其の過酷な生活の中、日本からの移民達は本当に頑張りました。日系人達は、人跡未踏のジャングルを切り開き農地を開墾、そして子供達の多くを大学まで進学させました。其の子孫達は今、官界政界財界スポーツ界等々、ブラジル社会にとって、無くてはならない存在となっています。そして今、アマゾンの森林破壊が深刻になっているのですけれど、其の日系人の子孫達は、「アグロフォレストリー」と謂う新たな農業を立ち上げました。此れ、どういう事かと申しますと、森林を破壊せず、森の中で複数の農作物を並行して育てるんですって。複数の作物は夫々、収穫期が異なりますから、収入源が複数になると。しかも、此の農法ですと、小規模な土地で可能であり、森林を弄らないですから、環境破壊も無いんですって。そして、此の農法を独占する事無く、ブラジル人達にも教え大成功、共存共栄しているんだとか。

将に、徳を以って怨みを報ず、例え幾ら嫌な扱いを受けても、報復しては同じ事の繰り返しだ、だからこそ人徳を以って相手に対応しようと謂う考えなんですね。でもねえ、謂うは易く行うは難し、そうそう出来る事じゃありません。ブラジルに住む日本人の皆さん、本当に立派な人徳者と思います!!僕、此の精神があれば、世界平和も決して遠くないと思うのですけれど、読者の皆様、如何思われますか!?

さて、次回の更新は恐らく、木曜日の朝になると思いますが、どうなる事やら。其れでは皆さん、近い内に又お会いしましょう(^.^)/~~~
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR