FC2ブログ

☀☂ storm ☇☈

今日は先ずはお礼から。拙ブログの総拍手数が、何と72万を突破していまして、読者諸賢の皆様方には、感謝感謝であります。何時もご贔屓にして頂き、見に余る光栄ですし、本当にありがとうございます。此の場を借りて、厚く厚く御礼申し上げます。此の72万と謂う数字、高知県の人口と同じでありまして、其れだけの方からご覧になって頂けたかと思うと、何だか身のすくむ思いです。拙くも至らない文章ですけれど、可能な限り更新を続けて参ります。今後とも、叱咤激励ご指導ご鞭撻の程、何卒宜しくお願い申し上げますm(__)m。

さて僕、本当に吃驚したのですけれど、「復顔法」と謂う最先端技術があり、歴史上の人物の実際の顔を再現する事が可能なんだとか。AIにCGに3D、そして残された文献や肖像画や彫刻等を加味して作成するそうです。例えば、フランス・アメリカ・エジプトの学者達が、ミイラをX線やCTで解析、ツタンカーメンの顔の復元に成功しています。中々の美少年でありまして、ご婦人方は好まれるのでは。イエス・キリストは案の定、金髪碧眼では無く、褐色の肌に黒髪に黒い瞳、固太りでして、典型的な中近東の顔でした。其の他、バッハにコペルニクス、シェークスピアにダンテ等々、歴史上の大人物の顔が見られるなんて、凄い時代になりました。そうそう、世界3大美女と呼ばれるクレオパトラの顔も拝見しましたけれど、ギリシャとエジプトのハーフでして、非常にエキゾチックな感じでした。現代の観点では、其処まで美人なのかなァ…。何でも、クレオパトラの妹の頭蓋骨は見つかっているそうでして、其れに文献資料と彫像を加味し、出来上がったそうでした。其のクレオパトラのパートナーだったカエサル、英語読みではシーザーですけれど、何だか冴えない禿のオッサンでして、あれはガッカリだったなァ。

此の他にも、技術の革新って目覚ましく、僕のこよなく愛するアロハシャツだって、コットンと竹素材を組み合わせたハイブリッドな物もありますもんね。ブラックホールの撮影にも成功しましたし、民間人が宇宙に行ける時代です。でね、此れ、本当に驚いたのですけれど、死者の生前の記憶を再現するMRI技術の研究が進んでいる由でした。紙の様に薄いディスプレイ、1年で消えるタトゥー、全ての窓ガラスをソーラーパネルに等々、様々な実験が行われています。何と、ゆで卵を生卵に戻す事には既に成功したそうでして、絡まった蛋白質を引張って離すんですって。すげ~。で、此の研究、画期的な癌治療の新薬に繋がるのでは、との事でした。うう~ん、理系の素養皆無の僕が、此れからの時代を生き抜けるか、何だか不安になりました…。

閑話休題、今、千葉県を含む関東圏が、台風の甚大な被害を受け、大変な事になっています。277万人の勤め人の足に影響が出た上、千葉県の60万世帯が停電でしょ。成田空港では、1万7千人が足止めを喰らっています。1日も早い復旧を切に祈ります。パーソナルな話で恐縮ですが、今から30年近く前になるのかな、僕、ハワイのホノルルから、パン・アメリカン航空で成田に戻ったんですが、凄まじい嵐に巻き込まれたんですよ。何せ、右の窓からは空が、左の窓からは海が見える有り様、僕、流石にヤバいと思いました…。其れでもどうにか無事に着陸、乗客全員は拍手喝采だったんですが、余りの強風でタラップを付けられず、1時間近く立ち往生しました。でね、必死の思いで税関を出たのですけれど、大雪と強風で電車もバスもストップ、僕、最後の1台のタクシーを何とか捕まえ、都内に着いたんですが、いや、成田は思いの外、交通アクセスが悪いですからね~。台風が来たらこうなる事は予想出来ました。

でね、上記の様に、此れだけ最先端技術が進んでいるのに、どうして台風を阻止出来ないんですかねえ…。要は、台風を低気圧に変えちゃえば良いんでしょ。昭和44年、中南米を襲ったハリケーンに対し、ヨウ化銀を搭載した弾を積んだ米軍機が離陸、其れを投下し、風力を弱めたと謂う記録がありまして、此れが唯一、台風阻止の例なんだとか。何でも、お金が掛かり過ぎると謂う事で、此の試みは頓挫したそうでありました。

でね、最新研究では、台風発生の複雑なメカニズムはほぼ解明されたんですって。で、先ずAIで、台風の発生を予測するんですって。台風の初期段階で、宇宙の衛星からマイクロ波ビームを発射、台風の温度を変えると。そして、台風の進路を誘導、例えば太平洋上やインド洋上まで移動させれば、人間に被害は出ないと謂う訳です。何だかSF小説も真っ青の世界ですよねえ。尤も、理論上は可能なんでしょうが、地獄の沙汰も金次第、莫大な予算が必要だそうです。

日本のみならず、世界各国で異常気象が続いてますよね。何でも、「シビア・ウェザー」と呼ばれるそうですが、我が国だって、秋が無くなるのではと謂われています。ならば、国連を中心に、気象制御の研究を最優先すべきと思うんですが、世界各国の為政者の皆さん、本腰を入れて取り組んでみませんか!?其の研究の過程で、民間に転用出来る新たな新技術が生まれるでしょうし、是非やって欲しいなァ…。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR