FC2ブログ

神の見えざる手

一角に 稲妻光る 星月夜、稲妻に あやかし船の 帆や見えし、稲妻に へそも隠さぬ 女かな、いや~、昨日の大分は凄い雷でして、僕、オフィスでパソコンを使っていたものですから、いきなりシャットダウンするのではと、ヒヤヒヤしていました。大分だけかと思ってましたら、横浜-阪神戦のナイト・ゲームでも2度の落雷、試合が中止になりましたもんね。大気の状態が不安定なのでしょう、皆様、お出かけの際は、傘を忘れずに☂

其の傘で思い出したのですけれど、先月末の東京出張の際、かなりの大雨だったんですよね。研修会場の最寄りの駅は、芝公園駅なのですけれど、ホテルからかなりの距離があり、タクシーを使わざるを得ませんでした。2度乗ったのかな、僕、吃驚したんですが、1度目はフランスの方、2度目はトルコの方でして、まァ日本語が達者なんですよ。道も詳しいんですよね。僕、「上野の連玉庵までお願いします。」と伝えた処、「あそこの蕎麦は、辛目のおつゆで美味しいですよね。お昼からお酒も良いですね。」って、こんな返答を、フランスの方が即座に返すんですよ!道中、色々な話で盛り上がったのですけれど、日の丸タクシーさんと謂う会社だったんですが、其処には、20か国40人のドライバーさんが居るんだとか。そうそう、研修の合間に、介護関係の雑誌を読んでましたら、江戸川区だったかな、其処の施設では、10か国から数十人のスタッフが集まっているんだとか。人事担当者が、カナダと中国から来た2人の女性だそうで、いや~、凄い時代になりました。そうそう、国家資格である、介護福祉士を目指す為に来日した外国人留学生も、とうとう2000人を超えたそうでありました。

此の国際化の流れ、地方でも同様でして、石川県では、68か国300人の留学生が一堂に会し、夫々ホームステイをし、日本の伝統文化に触れるんだとか。福岡の行橋市では市役所の窓口が5か国語に、熊本市では14か国語に対応可能ですって。大分の日田では、アジア立命館太平洋大学のスリランカ人留学生が講師となり、地元の子供達に授業をしていました。

国際化のみならず、テクノロジーの進化も凄まじいですよね。僕の生業である医療の世界でも、何千㌔も離れた遠隔地から、3D画像を見ながらアーム式ロボットを操作、内視鏡手術が出来る時代ですもの。そして極めて近い将来、検査データをAIに解析させ、自分の余命まで分かるそうですよ。実際、医学部の無い東京理科大学が、次世代医療の鍵を握っている由でして、此の大学では、ヒト1人分の遺伝子データを10万円で1日足らずで作成出来るそうです。何でも、癌を進行させる蛋白質を特定、其れを破壊するプログラムを研究中だとか。いや~、本当に凄い!!

此れだけ世の中が変わると、其の流れに付いて行けない企業も出る訳で、皆さん、「濡れ甘納豆」のお菓子、ご存じですか!?創業200年の歴史を誇る、江戸時代から続く老舗、「花園饅頭」さんが去年、倒産してしまいました。老舗故の親族間の対立に加え、コンビニスイーツの台頭や洋菓子人気に勝てなかったそうでして、僕、「濡れ甘納豆」、結構好きだったのに、残念でなりません。でもね、老舗と雖も、令和の時代に対応している処もある訳で、創業明治元年、佐賀県の鳥栖にある老舗、「紅屋呉服店」さんは、和服を洋服に仕立て直したり、学生服や婦人服を扱い、見事再建したんだとか。

将に温故知新と申しますか、僕、伝統を大事にしつつ、現代に合わせてアップ・デートする事が大事と思えてなりません。政府は、地方自治だと五月蠅く謂いますけれど、でも、県や市には、中々権限を与えませんよね。昔の為政者は違いました。宿場町に陣屋町、港町に門前町、醸造町に城下町、夫々の地方の特性を活かした、個性豊かな町が沢山あったんですね。興味深いのは、身分制度で雁字搦めの印象のある江戸期において、自治を認めた町って、結構あったんですよ。人名--にんみょうと読みます--と謂う地位があり、此れ、其の地域の自治を任す役職でした。瀬戸内海の塩飽半島が有名ですけれど、此の地域では、完全な地方自治が成っていたんですね。奈良県の橿原市にある今井町、此処は織田信長公以来、自治権や司法権等の特権が認められ、日本のスイスと申しますか、一種のプライベートバンクとでも謂うのかな、金融業が非常に盛んだったんですね。大名相手にお金を貸し、米麦や油、酒に味噌等々、生活必需品の取引も盛んでして、独自の通貨、「今井札」まで発行していた程でした。日本最大の金融センターでありまして、最盛期には、1000軒を超す店舗があったとか。博多だって堺だってそうでしょ。

今の為政者は直ぐに、「経済特区」だ何だかんだと、色々とやりたがりますけれど、塩飽半島や今井町程、完全に任せる事はしないんですよね。やっぱり、昔の戦国大名は頭が良いですよ。変に規制なぞ掛けない方が、民間の活力をより活かせる、其れを知っていたのでしょう。自民党や官僚の皆さん、下手な考え休むに似たりでありまして、そろそろ民間人に地方を任せてみては如何でしょうか!?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR