FC2ブログ

オールド・ボーイ

此処大分は猛烈な雨、土砂災害の恐れありとの事でして、僕、何時もより早めに出社したのですけれど、靴下やネクタイまでびしょ濡れ、うう~ん、着替えを持ってくれば良かった…。此の豪雨、九州北部のみならず、中国地方にも及ぶ由、既に長崎や久留米は大雨だそうで、読者の皆様、冠水や河川の氾濫にはどうぞお気を付け下さいませ☂どうか、河原を見に行ったり、屋根に登ったりしないで下さいねm(__)m。

さて、此の大雨以上に大荒れなのが、お隣韓国でありましょう。身勝手な軍事協定の破棄により、トランプ大統領から、G7の席上において、「文大統領は信用出来ない」「嘘を吐く人だ」と公言されていました。中国やロシアを頼ろうにも、両大国とも静観して様子を伺っています。でね、新たな軍事協定をタイと結び、北朝鮮のミサイルの飛来に備えるとの事なんですね。エエッ、でも、タイは軍事衛星を持っていないので、ミサイルが飛んで来ても分からないんじゃ…。

文大統領の側近達にスキャンダルが頻発、とうとう数万人規模のデモも起りました。経済面も失速、株価は下がる一方でしょ。しかもね、内政面も、課題山積ですもんね。国民の経済格差は世界一でして、一部の財閥だけが肥え太ると謂う構造です。景気が悪く、韓国企業は国内に投資をせず、国外ばかりに目を向けてますから、若者が大学を出ても就職が無いと。因みに、日本の大卒者の就職率は98㌫、韓国は67㌫ですって。地域間でも激しい対立があり、おまけにね、日本を上回るペースで、少子高齢化が進んでいます。ネガティブな要素ばかりの所為なのか、自殺率は、OECD加盟367か国中、韓国がトップであります。

おっと、誤解の無い様に書いておきますが僕、韓国を誹謗中傷する気はさらさらありません。隣国として、共に末永く仲良く出来れば良いと、切に願っています。でね、韓国の最大の問題って、余りに自信過剰で排他的と申しますか、何でも自分が一番と思い過ぎなんじゃないですかねえ!?もっと冷静になり、己を客観視し、協調性があれば、今回の軍事協定の件の様に、日米と不和になる事は無かったんじゃないかしらん。

閑話休題、僕のこよなく愛するマーベル映画ですけれど、此の度、ロスとパリのディズニーランドに、アベンジャーズをテーマにした新エリアを来年、開業するんだとか。パリには、マーベル社のキャラクター達をテーマにしたホテルも開業するそうです。流石は、世界一の映画売り上げを誇るマーベル社だけありまして、勢いが止まりませんねえ。でね、此のマーベル社の一連のキャラクター達って、誠に多士済々なんですよ。だって、大富豪に雷の神様、超人兵士に緑の怪力の大男でしょ。必殺仕事人の妖艶な女性スパイに弓矢の名手、前科者に医師兼魔術師。改造された女性姉妹に遺伝子改変されたアライグマ、黒人の王様に人格を持った木。宇宙人と地球人のハーフに、異星のエネルギーを体内に取り込んだ女性。ネッ、何だか凄くないですか!?で、此れらの人達が、地球の危機に一致団結、敵と闘う訳です。其処には、人種も、性差も、年齢も国籍も、何の関係もありません。

話を戻しまして、韓国の皆さんに必要なのは、此のマーベル社の精神じゃないでしょうか。孤立せず団結、共存共栄ですよ。僕、韓国の人達ならば必ずや、其れが出来ると思っています。だってね、韓国の歴史を振り返れば一目瞭然でしょ。実は、古代から大量の異国人を受け入れて来たのが韓国でありまして、其の数、数百万にも達するんだとか。中国に日本、ベトナムにアラビア、オランダにドイツ、ベトナムにインド、ウイグルにツングースと、非常に多くの人種が韓国に住み、多くの子孫を残しました。7世紀頃から数百年に渡り、あらゆる移民を受け入れて来たんですね。移民の人達は、商売だったり政治的亡命だったり、漂着や戦乱を避けて等々、様々な理由がありますけれど、韓国の地で共に仲良く暮らしたのは、紛れも無い事実です。現在の韓国においても、国際結婚の比率は13・6㌫に達するそうなんですね。僕、韓国の方々がほんの少し冷静になれば、日米のみならず、世界中の人達と仲良く出来る筈、そう確信しています♡

パーソナルな体験で恐縮ですけれど、大分市内に、外国人の男性留学生が住んでいる寮がありまして、昔僕、ひょんなきっかけから、其処を訪ねた事があるんです。台湾に中国、韓国に東南アジア、様々な国々から大分に来られた訳ですが、僕が持参したキリンビールや日本酒を大層喜んでくれ、タイスキやキムチを食べ、談論風発和気藹々、誠に楽しい一時を過ごす事が出来ました。だから日韓両国の政治家の皆さん、喧嘩ばかりしてないで、虚心坦懐に話し合ってみては如何でしょうか!?かって、東京の新大久保の駅で、プラットホームから線路に転落した人を救おうと、韓国と日本の方が救助しようとしてお亡くなりになった事件がありましたよね。文大統領とアベ総理、共に其処を訪れ、献花を捧げましょうよ。先ずは其処からがスタート、共に同じ人間なんですし、必ずや解決の方法はあると思うんだけどなァ…。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR