FC2ブログ

the sympathizer

読者の皆様、こんばんわ。もう直ぐ、「サザエさん」が始まりそうな時間でありまして、こんな時間帯の更新って珍しいのですけれど、明日は僕、水曜日早朝からの東京出張を控え、どう考えても忙しいんですよね。で、書ける時に書いちゃえと今、PCの前に座った次第です。通常ですと、オフィスに着いてからやおら書き始める訳で、今日は晩酌を兼ねたハイボールを呑みながらの拙ブログの更新、何時もとは違った感じで何だか新鮮…♪

さて、暑さの所為なのか、夏が終わる寂しさか、はたまた我が愛する阪神タイガースがまるで勝てないからか、どうにも僕、今日は朝から気分が些かブルーだったんです。根っから楽天的な僕には珍しい事なんですが、でも、読書に勤しみながら、高校野球を観ていましたら、段々と気分が晴れて来まして、頑張らなきゃな~、と痛感したんです。

先ず、昨夜から掛けて読了しましたのが、「私は魔境に生きた」 島田覚夫著 光人社NF文庫、でした。此の書、「終戦も知らずニューギニアの山奥で原始生活10年」と謂うサブタイトルが付いてまして、将に其の通り、著者は尋常じゃない苦労を重ねるんですね。日本陸軍の無謀な作戦により、著者は敗走に次ぐ敗走、とうとうニューギニアの山奥に隠れ住む事に相成ります。人跡未踏の山林で、どうやって生きて行くのかと申しますと、イノシシやヒクイドリを捕獲して焼いて食べ、段々畑を切り開き開墾、川で鰻やナマズを釣り、現地の住民達とは鍛冶の技術を持って交流、釣り針から毛布から煙草から全て手作りなんですよ。絶望的な状況下でも決して諦めず、常に笑いを忘れず、兎に角逞しいんですよね~、いや、感心しましたし、本当に頭が下がりましたm(__)m。

続いて、「シンパサイザー」 ヴィエト・タン・ウェン著 上岡信雄訳 早川書房も読破しました。此の作品、ベトナム人スパイの独白形式を取った物語でありまして、最初は取っつきにくいんですが、非常に興味深い1冊でして、どんどん夢中になっちゃいましたねえ♡ミステリーでありサスペンスフル、「シンパサイザー」、共感者と訳して良いと思うのですけれど、タイトルの意味も段々と分かると謂う、誠に心憎い演出でありました。人間至る処青山ありと申しますが、作者のウェンさん、ベトナム生まれでフランスの教育を受け、アメリカで学位を得た方でして、此れからの時代、どんなライフスタイルでも可能なんだと僕、何だか勇気が出ましたねえ。

閑話休題、現代ビジネス誌を読んでましたら、今、通常とは異なったルートで、医師になる方が増えつつあるんですって。どういう事かと申しますと、高校を卒業して、チェコやハンガリーと謂った東欧諸国の医学部に入学すると。日本の様な受験戦争も無く、学費も生活費も格安、英語も身に付き、異文化を体験出来、しかも東欧諸国の医学部のレベルは高いそうですから、実力も兼ね備える事が可能なんだとか。実際、此のルートでドクターになられた方、既に100人近いそうでした。

でもね、よくよく考えてみれば、日本に拘る必要なんて、何も無いんですよね。僕のこよなく愛するラグビーだって、日本代表のキャプテン、リーチマイケル選手は、父君はスコットランド、ご母堂はフィジーでしょ。そしてニュージーランドで育ち、札幌の高校から東京の大学で学び、日本代表キャプテンとなりました。彼の恩師である、名将エディ・ジョーンズだって、オーストラリアと日本のハーフ、現役引退後は、南アフリカ・豪州のキャンベラ・ロンドン・東京の府中・青森で指導をし、現在はイングランド代表を率いています。そうそう、今日僕、WOWOWの映画を観ていたんですが、バルバラ・モリさんと謂う女優さんが出ていたんですね。お名前の通り、日系の方なのですけれど、彼女は、ウルグアイとスペインとメキシコの血が入り、世界的なスターになったのは、インド映画の出演がきっかけでした。

世界的なウクレレ奏者のジェイク・シマブクロさん、彼は日系4世でハワイ在住です。シンキチ・タジリさん、彼も又、世界的な評価を受けた彫刻家であり写真家ですけれど、ルーツは佐賀県、ロサンジェルスに生まれ、サンディエゴで育ち、終焉の地はオランダでした。南米を代表する詩人であり、数十カ国語に翻訳されているペドロ・シモセさん、彼はボリビアからスペインへと移住しました。枚挙に暇がありませんし、割愛しますけれど、政界・芸能界・実業界・スポーツ界で大活躍されている日系人って、沢山いらっしゃるんですよね。大体ね、日本が誇る皇室の雅子皇后だって、生粋の日本人ですけれど、モスクワで育ち、田園調布とニューヨークとボストンとベルリンで学び、パリに住み、最終学歴はイギリスのオックスフォードでしょ。雅子様は余りに飛び抜けていますけれど、やる気と熱意と努力さえあれば、人間何処に居たって大成するんですよ。よおし、何だか元気が出て来ました。今週は中々ハードですけれど、上記の皆さんを見習って、全力で頑張るぞ~!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR