FC2ブログ

少女は自転車にのって

いやァ、昨晩から此処大分は暴風と豪雨、いよいよ台風が近付きつつあります。大いなる ものが過ぎ行く 野分かな、九州のみならず、中国四国地方の皆様、どうぞ充分お気を付け下さいませm(__)m。僕、出社するだけで一苦労、靴下がずぶ濡れになって閉口したんですが、九州南部は相当な大雨だそうで、宮崎や鹿児島の皆さん、大丈夫かなあ…。

でね、もう1つ台風が来ているそうですし、僕、近々又、大きな天災が来るのではと、不安なんです。例えば東京ですけれど、日本橋に新橋、汐留に八重洲、小石川に豊洲、地名が表す様に元々が川と海の街であり、地盤が非常に弱いでしょ。ですから、万が一集中豪雨があった際には、水没する地域が出て、凡そ250万人が避難を余儀なくされると謂われています。其れなのに、超高層ビルを建てまくり、地下鉄を掘りまくり、人を集中させてるんですもん、正気の沙汰じゃありませんぜ。しかもね、東北で地震が頻発しているのも不気味なんですが、此の期に及んで福島では、「廃炉国際フォーラム」を開催、今頃原発の後処理で議論してるってんですから、対応が遅過ぎるのにも程があるでしょ!!

僕、此れだけ天災が多い我が国では、街造り其のものを考え直さねばならないと、常々思っているんですが、アベ総理は、来月又、ロシアに行くそうです。あのねえ、もう北方領土は戻って来ませんぜ。何しに行くの?因みに、アベ総理就任以来、外遊に10兆使い、おまけに諸外国にばら撒いたお金は55兆にも達するんだとか。ヒエエ、其れでいて、中国・韓国・北朝鮮・ロシア等、隣国との関係はまるで良くなってないじゃありませんか。

因みに此の55兆円、オーストラリアの1年間の国家予算でありまして、壮大な無駄遣いであり、どぶに棄てたも同然でありましょう。でね、愕然としたんですが、或る国際データがありまして、5歳から39歳までの間、国民が何年間教育を受けたかと謂う調査があるんですね。世界1位は其のオーストラリア、21年間教育を受けられるそうです。日本は世界30位、凡そ16年間だとか。僕、オーストラリアに住んでいた時、大学に併設されていた語学学校に、半年程籍を置いた事があるんです。お昼時に食堂に行きますと、沢山の人がランチを摂っているんですが、将に老若男女、国籍も様々な方がいらっしゃいまして、皆楽しそうなんですよね。うう~ん、何歳になっても学べる環境が其処にはあり、彼我の差を感じましたねえ。話を戻して、流石だなァと感じましたのが、其の教育期間の長さのランキング、オーストラリアの次はフィンランド、以下、デンマークにアイスランド、スウェーデンにオランダ、ドイツにアイルランド等々、欧州各国がずらりと並んでいるんですね。どの国も、日本より経済規模が小さな処ばかり、うう~ん、我が国は、考え方が根本的に間違ってるんじゃないですかね!?

哀しくなっちゃうんですが、全国の小中学校で教師が足らず、其の数は1000人を超えるそうで、こんな事をしていては、我が国の教育レベルは落ちる一方でしょう。実際、東大でも京大でも、慶應でも早稲田でも、日本人学生より、中国人留学生の方が余程、やる気からガッツから、学力までも、数段上なんですって。アベ総理、アナタの巨額の外遊費は、教育や福祉、そして防災に使うべきじゃありませんか!?

もうねえ、年度末になると、そこら中の道路を掘り返すのは止めにしませんか。無限にお金がある訳じゃなし、有効に使いましょうよ。例えば今、様々な大改革を行っているサウジアラビア、色々とシリアスな問題を抱えた処ですけれど、国の発展の基本は教育にあると、全ての子供達の教育費は無料です。しかもね、砂漠や山岳部に住む、ベドウィンと呼ばれる遊牧民族が居るんですね。定住を嫌い、常に移動しているのですけれど、サウジアラビア政府は、彼ら全ての家庭に多額の補助金を出し、バス等の移動手段も確保、全員が教育を受けられる体制を整えました。しかもね、其の生徒達を教える先生には、遠隔地や僻地に行く為、2倍以上の給与を支払ったとか。もう1つ、イスラム圏は、女性蔑視の傾向が強いのですけれど、2008年に、世界最大規模の、プリンセスヌーラ女子大学を設立、4万人の女子大生が在籍、15学部があるそうです。学費も食費も家賃も無料、キャンパス内が広すぎて、電車で移動ですって!サウジアラビアでは、国家予算の25㌫を教育費に充てているとか。うう~ん、世界の指導者は、教育こそが国の根幹、其れが分かっているんですねえ…。

とは謂え、我が国だって、まだまだ遅くはありません。まだ世界3位のGDPを誇る経済力があるんです。サウジアラビアの国家予算は29兆、日本の国家予算は100兆を超える訳で、凡そ3倍のお金があるんです。予算配分さえ見直せば、12万人の女子大生が居て、45学部ある、世界最大の女子大学を造る事だって充分可能でしょ!?政治家の皆さん、どうか一刻も早く、考え直して下さ~い!!
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する