FC2ブログ

☆ 下町七夕祭り ☆

ミンミンゼミにヒグラシ、クマゼミにツクツクボウシ、蝉の鳴き声が五月蠅い季節となりまして、もう初夏ですねえ…☀梅雨は何処に行ったのか、不思議になりますよね。ふきもせぬ 風に落ちけり 蝉のから、ところで此の蝉、僕の愛犬の甲斐犬のコロちゃんの大好物でありまして、今の時分、散歩に出ますと、公園に沢山居るんですよね。飛んでいるのを口でキャッチ、其のままバリバリ食べてまして、でもねえ、すっかり年老いてしまい、今年で18歳になるから仕方が無いのですけれど、今年の夏は越えられるかなァ…。

閑話休題、今朝の全国紙を読んでいて、暗澹とした気持ちになったのですけれど、国の借金は1100兆円を超している由、借金依存度は230㌫超、此れ、先進国では最低の数字なんだとか。何でも、第二次世界大戦に敗戦した直後、日本中が焼野原となり、ハイパーインフレとなったんですが、其の時の数字と変わらないそうですよ。でも、参院選の争点にはなっておらず、政治家は誰も其れを語らない訳で、何だかなァ、臭いものに蓋、見て見ない振りをしているだけでしょ。此れだけ借金を抱えているんですから、無駄な公共事業や特殊法人は全廃、政治家や官僚は大リストラ、僕、其れしか手は無いと思います。其れに加え、経済格差に少子高齢化に年金に原発、課題は山積しているのに、其の問題を起こした元凶である自民党に投票するってんですから、皆、もう少し考えた方が良いのでは!?でね、此れも吃驚したのですけれど、或る経済学者の推測では、此れからの我が国は、AIやロボットや外国人労働者が増える為、日本人の非正規雇用者の給与は激減すると。そうなりますと、年収180万の若者が、年収300万の老人を支える構図になるそうで、うう~ん、こりゃどう見てもおかしな構図ですよね…。しかもね、アベ総理側近の学者も、此のまま消費税を上げたら大変な事になると諫言したそうですが、馬の耳に念仏、もう、ホントに、裸の王様ですよね。

政府や国に頼る時代は、疾うの昔に終わりました。もうねえ、優れた若者達はどんどん海外に出て、外貨を獲得、そして此の国にお金と知恵をフィードバックする、其れしかもう、日本を建て直す術は無いのかもしれません。

諸外国を見て下さいな。IMF、世界通貨基金の次期総裁として噂されている方は、インドのラグラムさんと謂う若きエコノミストでして、彼はシカゴ大大学院経済学教授なんですね。今まで、IMFの総裁は、暗黙の了解で、白人の男性が其の座を占めていたのですけれど、前任の方はフランス人女性、そして今度はインド人男性でしょ。もう、国や性に拘る時代は明らかに終わりました。そうそう、其のラグラムさん、イギリスの中央銀行、日本で謂えば日銀である、イングランド銀行総裁の目もあるんですって。其のイングランド銀行、今の総裁はカナダ人ですもんね。

我が国に目を向けても、外国人社長って雨後の筍の様に増えてますでしょ。日経新聞では、外国人社長の特集を定期的に組んでまして、今朝は、ほら、ちょっと古いですけれど昔、「ビリーズ・ブート・キャンプ」と謂う体操が、大人気だったじゃないですか。其処の通販の社長のロング・インタビューが出てました。ロバート・W・ローチ社長、56歳でして、イタリア系アメリカ人の方なんですね。シカゴに生まれ、名古屋の南山大学に2度留学、そして中国でもビジネスを展開し、日本で起業ですって。

うん、僕達日本人も、此のバイタリティを見習わねばなりません。此れ、感心したのですけれど、カレーのココイチさんが、インドに店舗を開くんでしょ。僕、インドには2か月近く滞在した事があり、100回以上現地のカレーを食べましたけれど、皆さんご存じの通り、日本の物とはまるで別物ですもんね。ルーに香辛料、材料に米、全てが異なります。しかもね、インドって、知る人ぞ知るお弁当大国なんですよ。僕が暫く滞在した、インドの大都市ムンバイでは、ダッバーワーラーと謂う仕事があり、もう1世紀続いているんだとか。此のダッバーワーラー、夫々のご家庭で造ったお弁当を、オフィスまで届けると謂う仕事なんですね。毎日20万個の暖かいお弁当を宅配する訳で、うう~ん、こうした慣習のあるインドに、しかも外食産業であるカレー店を展開するってんですから、ココイチさんは余程の勝算があるんでしょうねえ、兎に角頑張って欲しいなァ。でもね、イタリア人が来日した際に必ず行く処って、何とイタリアンレストランだそうで、嘘の様なホントの話なんですが、案外インドのココイチって、大ブームになるかも!?

日本人女性で、ベトナムで学校を開き、食育を教えている方も居る位ですもんね。そうそう、東京の合羽橋、此処は職人向けの刃物や厨房の備品、調理器具なら何でも揃う処なんですね。僕の良く行く上野と浅草の間にあり、銀座線も日比谷線も走ってますから、時折足を運ぶんです。謂えね、自分では使えませんが、蕎麦切り用の特殊包丁とか、特大の中華鍋とか、僕、料理が趣味の1つですから、見ているだけで楽しいんです♡確か、合羽橋には、200を超す店舗がありまして、世界中の料理人が集結しているんですね。彼の有名なドイツのヘンケルス、料理用ハサミや包丁で知られる、3世紀の歴史を持つメーカーですけれど、同社も合羽橋に支店がある位なんです。でね、此の度とうとう、合羽橋のメーカーさんが、フランスのパリに店舗を出した由、大繁盛しているそうでした。創意工夫と知恵と努力があれば、幾らでもビジネスチャンスってある訳で、此の国には未だ、GDP世界3位のポテンシャルがあるんです。政治家や官僚の皆さん、もっともっと民間に権限を与えれば、直ぐにでも此の国は立ち直りますよ!!

さてさて、僕は此の後直ぐ、宮崎に出張でありまして、今までご縁の薄い土地ですから、楽しみにしているんです。でも、出発までに、やるべき仕事も多く、些か焦っていますが、頑張って行って来ます。次回の拙ブログの更新は木曜日の予定でして、其れまで皆様、暫しの間ごきげんようさようなら(^.^)/~~~
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR