FC2ブログ

プレイス・イン・ザ・ハート

いや~、今朝は相当眠いです…ZZZ。と申しますのも、思いも寄らぬ月昨夜、急遽会食の運びとなりまして、僕、久方振りに暴飲暴食、カラスカァと啼いて夜が明けて、未だお腹が苦しいですもんね。其れにしても昨夕は、ボクシングの世界戦を見逃し、痛恨の極みなのですけれど、でも、各界の諸先輩方の、様々なお話を拝聴する貴重な機会を得る事が出来、大変有意義な時間でありました。ご参加された全ての皆様方に、此の場を借りて、厚く厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございましたm(__)m。是非又お誘い下さいませm(__)m。

さて、其の場において、とっても興味深いお話をお聞きしまして、其れは、自動車のホンダの事だったんですね。天下の、世界のホンダでありまして、確か自動車の売上高は世界4位、創立者の本田さんの立志伝中のストーリーは周知の事実ですよね。縁故採用を決してせず、設計者を大事にし、福利厚生も充実、女性社員の抜擢も相当早い時期からでしたし、役員室を設置しない等々、革新的な経営を続けている世界的な自動車メーカー、其れが僕のイメージでありました。其れが何時しか、保守的で退嬰的になり、現社長は事なかれ主義、やる気のある若手社員は次々に退職、コストばかりが増え大赤字、社内は内紛が続出、銀行筋の経営介入もあり得るんだとか。うう~ん、あのホンダでさえ、企業努力を怠ると、こうなってしまうんですねえ…。

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、どんな優れた組織ですら、保守的になると終わってしまう訳でして、例えば自民党ですけれど、「官邸ポリス」なる言葉がある由でして、アベ総理の意向を忖度し、政権に不利な事が無い様に、警察官僚が常に目を光らせているんだとか。あのねえ、其れでは、悪名高い特高であり、ナチスの親衛隊、旧ソ連のKGBと謂った秘密警察じゃありませんか。己に自信が無いから、こうした陰湿極まりない行為をするんでしょうが、皆さん、拙ブログで再三取り上げている年金の問題の、政府のコメント、お聞きになりました!?「年金以外に2000万の貯蓄が必要」との発言に、野党も国民も猛反発しているんですが、自民党の面々は何とまァ、「其の問題に対する質問は受け付けないと閣議決定した」、ですって。もうねえ、対話や討論すら拒否するだなんて、余りにチャイルディッシュ、幼稚過ぎますぜ。政治家の唯一の武器は言論、僕、そう信じているのですけれど、会話すらしないだなんて、こんなのねえ、人としても問題があるんじゃないかしらん。

こんな腐り切った政党、潰れない筈が無いと思います。昭和の頭で令和の時代を生きているんですもん、堪りませんぜ。

当院は今、自画自賛になりますけれど、あらゆる意味で上手く行ってまして、嬉しい限りなんですが、実る程頭を垂れる稲穂哉、こういう時こそ緊褌一番、気持ちを引き締めて日々の業務に当たらねばなりません。現状に決して満足する事無く、常に挑戦者の気持ちですよね♡僕、麻雀も将棋もモノポリーも大好きですけれど、此れらのゲームって、「勝った」と思った瞬間が1番危険なんですよね。気持ちの緩みが、緩慢な手へと繋がり覆水盆に返らず、気付いた時には、敗者への道をまっしぐらであります。

閑話旧題、此の国は問題山積ですけれど、未だ世界第3位のGDPを誇り、国民の貯蓄額は世界1、経済的には充分余力があるんです。だからこそ、眼前にある危機に対して鈍感と謂う欠点があるんですが、僕、未だ間に合うと思うんです。即ち、其の経済的アドバンテージを活かし、次世代の教育に全力を注ぐべきです!!其れも、人口の10分の1しか無い東京では無く、大多数を占める地方の学生にこそ、優先的に予算を注ぐべきだと思うなァ。

其れは僕の持論なんですが、嬉しくなったのが、地方には今、先進的で革新的な学校が、続々と出来ているんですね♡以前の拙ブログで、大学を退官した教授達が、私塾を開いていると謂う話を書きました。僕、とりわけ、私淑する内田樹先生の、神戸にある凱風館で、是非学んでみたいなァ。でね、感心しましたのが、今、日本の大学で1番優れた論文を出しているのって、東大じゃないんですって。東大は世界40位、ところが、沖縄科学技術大学院大学は世界10位の由、僕、どうしてか不思議に思って調べてみたんですね。そうしましたら、其の理由は、先ず、新しい大学なんですね。2012年に開校したと謂いますから、僅か7年の歴史しかありません。キャンパス内には、59もの研究グループがあり、指導教官の顔ぶれを見ますと、本当に国際色豊かなんですね。台湾、ドイツ、アメリカ、イギリス、フランス、ロシア…。しかもね、此の大学を設置する際の初代理事長って、南アフリカ出身のノーベル医学賞受賞者の、シドニー・ブレナー博士でして、うん、こりゃあ東大なんて直ぐに抜いちゃいますよね。

そして、僕が今、注目していますのが、愛農学園高校と謂う、三重県にある、日本で唯一の、私立の全寮制の農業高校なんですね。凄いなァと感心するんですが、此の高校、完全に有機栽培でありまして、地球に人に優しくがモットーなんだとか。しかもね、非常に革新的なのが、50年以上前から、スイスやノルウェーに、高校生達を農業実習の為に送り出しているんですね。そして、韓国・バングラディッシュ・オーストラリア・ミャンマー・インドから留学生を受け入れている由、三重の山中の僻地の田舎の高校と馬鹿にする事勿れ、日本の官僚達よりも余程、インターナショナルで開明的ですよね~。しかもね、無農薬で有機栽培の野菜や果物は勿論の事、卵や牛肉、豚肉までも販売しており大好評なんだとか。うん、こりゃあ直ぐに取り寄せなくては!でもね、高校生なのに、海外経験も豊富、しかも安心安全な野菜を育て、自ら収入を得ている訳で、本当に偉い学生さん達ですよね。いやあ、僕の高校時代なぞ、酒も煙草も呑み、学校にはまるで行かず、とんでもない劣等生でしたから、愛農学園の生徒さんの顔を見れませんよ、恥ずかしい…。

何はともあれ、こうした優秀な学生さん達が、地方に点在しているかと思うと、此の国の未来は安泰ですよね♡よおし、当院も、今後益々、スタッフの教育に全力を注がねば!とりあえず誰か、海外の病院の視察に行ってくれないかなあ、お金は出しますよ~♪
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR