FC2ブログ

the great escape

大きなる 壇の下に 美しく 篝火もえて 涼かぜぞ吹く、昨日の大分は、気温は其れなりに高かったのですけれど、何せ風がありまして、中々快適な1日でありました。僕、何処か出ようかと思ったのですけれど、ついつい、ハイボール片手に読書に勤しんでおりました。読者の皆様は如何お過ごしでしたか!?

さて、週末に読んだ本がすこぶる面白く、将に巻を擱く能わずでありまして、いや~、読み耽ってしまい、誠に充実した時間でありました。先ずは、「約束のネバーランド」と謂う漫画でして、今年の初めにはアニメ化していた由、僕、勉強不足でちっとも知りませんでした。本作の舞台は孤児院でありまして、其処で子供達は、愛情に恵まれ、美味しい食事を摂れ、勉学やスポーツに励み、すくすく育つんですね。12歳になりますと、里親に迎えられるのですけれど、其れは実は地獄へ一直線…、と謂うお話でした。優秀な子供達数名が、大人達の恐ろしい企みを察知、孤児院から如何に脱出を図るか、と謂うストーリーでして、僕、一気に13巻まで読んじゃいましたもの。そしてもう1冊、「あの戦争から遠く離れて 私につながる歴史をたどる旅」 城戸久枝著 新潮文庫であります。本作は、中国残留孤児のお話でして、主人公の男性は、艱難辛苦の末日本に脱出、其の娘さんが書いた、親子3代に渡る大河小説の趣のある、感涙必至のノンフィクションでありました。

何だか偶然、脱走物の傑作を2つ読んだんですが、痛感した事がありまして、両作品は、フィクションとノンフィクションなのですけれど、極めて現代的と申しますか、今の日本を表している様な可視感があったんです。と謂いますのは、主人公達は共に、極めて閉塞的な状況にあり、自由を奪われ、生き抜くために必死に知恵を絞るのですけど、権力者は何処までも冷たく、既得権益を決して手放さない訳で、うう~ん、恐ろしいなァ…。

閑話休題、此の手の脱走物、スティーブン・キングの「霧」を筆頭に、傑作揃いであります。特に映画に合う題材なのでしょう、「大脱走」、「パピヨン」、「ショーシャンクの空に」、「アルカトラズからの脱出」等々、何れ劣らぬ傑作揃いですもんね♪でね、全ての作品に共通していますのが、自由への渇望でありまして、そりゃそうですよね~。人間、自由に生きるのが1番ですし、其の人の希望や望む道を止める権限なんて、例え親にだってありませんもの。アッ、反社会的行為は勿論別ですよ~。僕なぞ、生まれた時から「医者になれ、医者になれ」と念仏の様に毎日謂われ続け、おかしくなると思いましたよ。そして結局、医学部には何とか入学したものの、直ぐに辞めちゃいましたもん…、人には向き不向きがありますから、当時も今も、全く後悔していません。

でね、今の自民党の施策って、国民の自由を奪おう奪おうとしてますでしょ。マイナンバーや特定秘密保護法案で国民を監視、しかも高圧的で弾圧的で独裁的で女性蔑視、おまけに、アソウ副総理の年金発言に代表される様に、庶民の生活なぞ、何も分かっちゃいないですぜ。何1つ本質が見えておらず、今回のアベ総理のイラン訪問も、何の成果も挙げる事が出来ず、「外交の素人が日本から来た」、と、海外紙に滅茶苦茶にこき下ろされてますでしょ。

僕、此れは声を大にして謂いたいのですけれど、世界の趨勢は、自民党の皆さんの思う方向とは、まるで逆に進んでるんですよ。中国の圧力に対し、香港の抗議デモの参加者はとうとう、200万人を超えました。海を隔てた台湾や沖縄でも、香港市民を援助する為のデモが開かれました。古くはフランス革命に始まり、つい数年前のアラブの春では、北アフリカの国々が、民主化を求めて数百万人を超す人達が結集しました。我が国は、デモを好まない人が多い様ですけれど、諸外国とは違った形でアプローチしています。僕のかなり遠縁の方が、都内の玉川聖学園で働いているのですけれど、此処では毎年、「国際デー」と銘打ち、世界15か国以上の人達が大勢集まり、日本人と交流を続けているんですね。「子供達には先入観や偏見を無くし、自分の眼で見て判断して欲しい」と、校長が仰ってましたけれど、僕、素晴らしいと思います!そしてね、今年の直木賞の候補者6人、全員が女流作家だそうで、ほらね、自民党の様に、口では良い事を謂いながら実は女性蔑視とは大違いでしょ。文学界は、完全実力主義で、気持ちが良いですよね♡

当院は、自民党の様なやり方をする心算は毛頭ありません。スタッフの発言を尊重し、自由にのびのび、互いが許容し合い、女性も男性もやる気がある人を抜擢し、常に笑顔の明るい病院を目指しています!よおし、今日は此の後会議の連続、かなり忙しないですが、精一杯頑張って来ます!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR