FC2ブログ

深海の使者

読者の皆様、おはようございます。週末は如何お過ごしでしたか!?九州南部は疾うに梅雨入りした由、道理で此処大分も、おかしなお天気でして、昨日僕、寝付きが悪かったんですが、ずうっと降ったり止んだり、雨の音を子守唄に、漸く眠る事が出来ました☂でね、昨夕は僕、其の悪天候の中、会食の機会がありまして、初めての方との食事だったんですが、幸い談論風発、誠に楽しいひと時を過ごす事が出来ました。ご参加頂いた方々には、此の場を借りて、厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。是非又行きましょうね♪

さてさて、其の席上、色々なお話をお聞きして、思う処もあったのですけれど、痛感しましたのは、どの世界もどんどん変わりつつあるんだなァ、と謂う事でありました。だってね、僕の生業である医療の世界でも、光遺伝学と謂う新たな概念が出来、脳の機能を分析するんですって。此れ、どういう事かと申しますと、マウスが行動する際、当然脳が反応しますよね。其のマウスには予め、脳が動く際、其の部分が光る遺伝子を入れてあると。となりますと、餌が欲しい時、繁殖する時、眠る時、脳の反応する部分が違い、様々な部位が光るそうでありました。此の研究が進めば、脳の動きが全て解明出来るんですって!!一般科の分野でも、白血病の治癒に、画期的なアプローチが行われています。白血病の骨髄移植の際、其れに必要な細胞を培養する必要があるそうですが、其れに大きく役立っているのが、オフィスで使われる、液体ノリなんですって。あのネバネバ成分の中で、細胞が育つと謂う訳でして、誰が考えたか分かりませんけれど、凄い発想ですよねえ!?

かっては大人気だったデパート、百貨店だって、地方では軒並み閉店や閉鎖が続いているとか。此れ、郊外型のショッピングモールに、顧客を奪われてしまったと謂う事でありましょう。同じく、かって大人気だったモスバーガーや、牛丼の吉野家だって、下手をすれば倒産の噂だってありますでしょ。そして、安定した職と思われていた公務員にしても、奈良の市長さんが、「近い将来何れ、公務員は大リストラされます。何故なら、どの地方も財源が無いからです。」と仰ってましたもんね。

でね、話を戻して昨日の会食の際、海外旅行の話が出まして、何処が良かったかと謂う会話になり、ドイツの話題になったんですね。僕、残念ながらドイツは行った事が無いのですけれど、ソーセージにビールにアイスバインにシュバイネハクセ、是非味わってみたいですよね♡で、ドイツで思い出したんですが、今ならば、成田からルフトハンザか日航で、凡そ半日でベルリンに着きますよね✈でも、第二次世界大戦中、日本とドイツは同盟を結んでいたのですけれど、当時は其処までの長距離飛行は不可能でしたから、連絡を取り、情報交換する為には、何と潜水艦ですよ!しかも、3か月以上かけての大航海でありまして、マラッカ海峡にインド洋に喜望峰に大西洋を越え、漸くドイツに着く訳です。でね、僕、食いしん坊ですから、其の航海中の食事に興味がありまして、調べた事があるんです。

例えば、お正月のメニューを見ますと、お雑煮に煮豆に数の子、焼き魚に昆布巻きにするめと、中々立派なメニューなのですけれど、実は此れ、全て缶詰でありました。そりゃそうですよね、灼熱のインド洋を航海中、生物なぞ持つ筈も無く、乾燥食品か缶詰に頼るしかありませんもの。しかも、水は貴重品ですから、其の3か月の航海中、入浴なぞ全く出来なかったとか。月日は流れて幾星霜、今の海上自衛隊の潜水艦では、パエリアにパスタ、エビチリに餃子、ドリアにちゃんぽん、何でも美味しく頂けるそうです。海水ですが、勿論シャワーも浴びる事が出来ます。

でね、感心しますのが、軍隊での食事って益々進化しているんです。賞味期限の大幅延長からソーラー式冷蔵コンテナ、パーソナル飲料クーラー、そしてありとあらゆるサプリに添加物等々、何だか危ない気もするのですけれど、此の技術が民間に転用されているケースって非常に多いんですよね。一説に依れば、軍隊に起源を持つか、其の影響下にある食品って、スーパーマーケットの棚の半分以上になるそうでした。

話が些か逸れて恐縮ですけれど、此れからはAIやロボットが益々発展する訳で、若者の就職に対しても、考え方が随分と変わるのではと、或る経済誌に出ていました。4年制の大学で学ぶよりも、IT系の専門学校に行ってスキルを身に付け、ネットで資金を調達し、20歳で起業した方が、成功確率が高くなるのでは、ですって。うう~ん、精神病院業界においても、近い将来、激変する事は間違い無い訳で、其れに乗り遅れない為にも、日々勉強と情報収集ですよね!よおし、今日も頑張るぞ~!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。昔、日本からドイツまで潜水艦で行き来したなんて、初めて知りました。どんな人が運転したのですか?このブログ、面白かったです

No title

ウミガメさん、初めまして。手を痛めたもので、返信が遅れてしまい、誠に申し訳ございませんでした。さて、日独の潜水艦の行き来は、確か、8度程あった筈です。ただ、成功例は少なかったと思います。

興味深いのは、其の潜水艦の艦長は、有能な船乗りが多かった様です。中でも、木梨さんと謂う方がおられ、大分の臼杵の方なのですが、大変立派な戦績を残し、人望も厚く、技量に優れた軍人だったんですが、学生時代の成績は最下位だったとか。其の人の将来なんて、ペーパーテストだけでは分からないですよね~。

拙いブログではありますが、是非又お越し下さい。
main_line
main_line
プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR