FC2ブログ

ケツアルコルトル ~>゜)~~~

くろ雲は この都市を おほはむとして 春のいかづち とどろきにけり、昨日の大分は、夕方から急にお天気が悪化、凄まじい春雷と共に、いきなりの土砂降りでありまして、吃驚したなァ、もう…。さて、皆様、GWの10連休は如何お過ごしでしたか!?僕、市外にすら出ず、ひたすらひねもすのたりかな、たっぷりと骨休めさせて貰いました。お蔭様で、日頃の睡眠不足もすっかり解消、体調もバッチリであります。しかもね、此の時期の旬である、マテ貝やハマグリを頂きまして、英気を養う事が出来ました。ありがとうございました。

さて、とは謂いましても、10連休で何もしなかった訳では無く、僕、大分県立美術館で開催された、「古代アンデス文明展」に行って来ました。中々の盛況でして、驚きましたのが、写真撮影可なんですよ。お客さんは皆、撮りまくってましたけれど、僕、凡そ200点に渡る古代の品々に、すっかり心を奪われました。そして、ティワナクにシカン、ナスカにモチェ等々、9つの文化を堪能する事が出来ました。またねえ、金や銀の冶金に長けた人々が居たり、極めて繊細な織物を造る部族あり、土器造りが上手な人達や、道路やモニュメント等のインフラ整備が得意な文明あり、誠にバラエティに富んでまして、楽しかったなァ。そして、紀元前のミイラや頭部尖頭術まで見る事が出来まして、予備知識はあったにせよ、悠久の歴史に思いを馳せ、其の日のお酒の美味しかった事♡そうそう、古代アンデスの人達は、猫や蛇をこよなく愛していた様で、矢鱈と其の文様が多いのが印象的でした。尤も、猫や蛇って、神秘的な処が多いですから、エジプトにせよシュメールにせよ、古代の民は神様として扱ってますもんね~。

其のアンデス文明において、最大の規模を誇ったのは、インカ帝国でありまして、世界遺産のマチュ・ピチュで有名ですよね。凡そ4世紀に渡り、南米最大の大帝国を築きました。徳川幕府は300年持たなかったんですから、大した物ですよね。しかし残念ながら、スペイン人の侵略と、天然痘の大流行により、滅びてしまったのですけれど、古代インカ帝国って、非常に近代的な統治システムだったんですよね。と謂いますのも、インカ帝国は、多言語・多文化・多民族から成る連合国家でありまして、様々な部族に権限を大幅に委譲、自治を認めていました。そして、殆どの資産を共有、貴族と雖も特権は無く、肉体労働にも従事しました。女性の立場もきちんと守られ、孤児や老人や病人を手厚く保護する、相互扶助的な仕組みすら存在したと謂われています。即ち、人種や性別を超えた、共存共栄の生き方ですよね。

僕、此の古代アンデスの教えを、現代の日本に活かさない手は無いと思うんです。だってね、先日の文部省の調査では、全国の101の専門学校において、生徒さんの9割以上が外国人留学生なんですって。因みに今、日本在住の外国籍の方は273万人、此の10年で60万人も増えたとか。東京の足立区にはフィリピン人の、江戸川区にはインド人の、高田馬場にはミャンマー人の、大規模なコミュニティが出来て久しいですもんね。そうそう、昨日のTVニュースで観たのですけれど、博多で日本舞踊の発表会が開かれたそうでして、其の参加メンバーの全員が、外国の方でありました。中国にアメリカ、スロベニアにポーランド、タイにフランス、メキシコにイタリア、非常に国際色豊かでして、僕、何だか感動しましたもの。聞けば此のイベント、もう30年以上続いており、世界28か国、1000人を超す外国人留学生が、日舞を踊れるそうでありました。そう謂えば、うちの病院に程近い処に、滝尾橋ってあるんですが、其処の直ぐ近くのセブンイレブン、アルバイトの方は外国の方ばかりですもんね。

そして、此れ又感心感動したんですが、アダム・フルフォードさんと謂うイギリス人男性がいらっしゃいまして、彼は日本在住38年、NHK等のTV番組の英語監修の会社を設立、其処の社長さんなんですね。で、フルフォードさんは今、衰退しつつある日本の地方を再生しようと、様々な運動を始めているんです。彼は亜細亜大学の講師でもあるんですが、学生さんや外国人を地方へと連れて行き、其処の良さを知って貰い、SNSで世界に配信、観光地としてアピールしているんだとか。日本の地方には、其の土地なりの叡智があり、美しい心遣いがあると謂うのが、フルフォードさんの主張でありまして、何だか其処まで謂って頂いて、日本人として恐縮しますよね…。

僕、此れからの日本は、否が応でも、国際化を強いられますし、世界中の人々と共存共栄して行く他、道は無い、そう確信しているんです。でね、令和と謂う新しい御代となり、新たな天皇皇后両陛下が即位されましたよね。僕、此の両陛下のお力で、此れからの日本は益々良くなる、そう信じているんです。と申しますのも、此の時代を先取りされた訳でも無いんでしょうが、天皇陛下はオックスフォードに留学され論文を書かれてますから、英語にご堪能と謂うのは知っていました。でね、其の英語に加え、激務の中、スペイン語とフランス語を10年以上勉強し続け、日常会話には全く困らないレベルなんだとか。しかも、今まで訪問された国は50か国以上でしょ。皇后陛下の雅子様も、元々は極めて優秀な外交官であられ、しかも、英語・ロシア語・フランス語・ドイツ語が出来るマルチリンガルの帰国子女でしょ。僕、此処まで国際色豊かな天皇皇后両陛下って、日本史上初と思えてなりません。

将に時代が要求した、天皇皇后両陛下でありましょう。何だかねえ、日本政府と官僚だけが、言葉とは裏腹に、男尊女卑の外国人差別をしている気がするのは僕だけでしょうか…。其れはさておき、当院だって、今の時代の流れに遅れる訳には参りません。何れは当院も、外国人の働き手が増えるかもしれません。そうだ、希望者が居れば、外国人の先生をお招きして、英会話教室を始めようかしらん。そして、外国の病院視察も是非とも行かねばなりませんね~。よおし、当院の益々の発展を目指し、10連休も終わった事だし、今日から気合を入れて頑張るぞ!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR