FC2ブログ

 new world order

令和と謂う新たな御代が始まり、世間は祝賀ムードで一杯です。しかもGWの真っ只中でありまして、全て此の世は事も無し、何だか平穏無事な時代な幕開けの感がありますよね。でもねえ、世の事象をつらつら眺めていますと、とてもそんな安泰では無く、弱肉強食と申しますか、猛烈な経済格差と、環境が急変する気がしてなりません。

だってね、僕の生業である医療の世界においても、昨年、歯科診療所の倒産件数は過去最多だったとか。そして、毎年平均で、50以上の病院が閉鎖、或いは売却されています。30年前、全国の病院って、1万80件あったんですが、其れが今では、8300ですもんね。老人ホームだって、相当数が倒産すると謂われて久しいですもんね。数年後には、看護職員も十数万単位で不足しますし、そうした状況にありながら、政府は全くの無為無策でして、日本の医療は此れからどうなるんでしょうか…。

僕、吃驚したのですけれど、貧しい子供達に食事を安価で提供する為に、「こども食堂」って、全国に3000以上出来てますでしょ。ところが今、「おとな食堂」まで設立されたそうでありました。仙台のNPO法人が同地でオープンした由、非正規労働者にご飯を安く提供している由、どうやら此れ、今後は日本中に出来ると謂われています。そして、此れも哀しくなったんですが、国公立の大学に通う女子大生が居て、お父さんがリストラされ、お母さんが必死でパートで働くも、弟が2人おり、お金がとても足りないと。で、此の女子大生は、パパ活や風俗で働いて学費を稼いでいる、と謂う記事が出ていました。此れ、氷山の一角の由なんですって。うう~ん、若者は国の宝でありまして、学生が勉学に集中出来る仕組みを造るのって、政治の役割と思うんだけどなァ…。

幸福度指数と謂う統計がありまして、此れ、国連が毎年調査しているんですね。セーフティネットの充実度、寿命、報道の自由度、政府の信頼度、教育、福祉、GDP等々、様々なデータを精査、そして順位を付けるそうでして、1・2・3位は、フィンランド・デンマーク・ノルウェーの北欧3国でした。気になる我が国は、年々歳々順位を落すばかりでして、何と58位の体たらく、こりゃもう、先進国とはとても謂えませんぜ。

閑話休題、でもね、僕、此の国には、まだまだ希望がある、そう信じて止まないんです。と申しますのも、つい先日発売されました、ニューズウィーク誌、皆様ご覧になりました!?「世界が尊敬する日本人」と銘打ち、大特集をしてまして、いや~、其れがね、拙ブログで再三再四述べて来た様に、女性やハイブリッドな経歴を持つ方達ばかりなんです。例えばお笑い芸人の渡辺直美さん、僕、彼女はデビュー当時から観てますから、此の大出世は嬉しい驚きなんです。さて、渡辺さんは、日本人と台湾人のハーフ、日台中英語を話せるマルチリンガルでして、芸人として大成功、ワールドツアーを敢行し、中国やアメリカのTV番組にも多く出演しています。彼女は台北生まれの板橋育ち、そして今の拠点はNYでしょ。同じ名前の、テニスの大阪なおみ選手も同様な経歴でしょ。世界的評価を受けている詩人の伊藤比呂美さん、彼女は都内に生まれ、青学を出て、現在は熊本とカリフォルニアを行き来し、世界中を飛び回り、多くの詩を書き続けています。アメリカのシリコンバレーで、起業家を支援する会社を経営する堀江愛利さんは、17歳で単身渡米し大学を卒業、ポーランドやイスラエルで働いた後、アメリカで起業し、大成功を収めました。

狭間美帆さん、弱冠32歳の音楽家なのですけれど、ニューヨークでジャズとクラシックを融合したバンドを結成、自らリーダーとなり、世界的な評価を受けています。狭間さんは青森で生まれ育ち、東京の国立音大を出て、ニューヨークのマンハッタン音楽院大学院を卒業、バンドを結成した訳です。公文和子さん、誠に素晴らしい女医さんでして、彼女は和歌山に生まれ、北海道大医学部を卒業、小児科医として道内で研鑽を積んだ後、イギリスに留学、熱帯医療のエキスパートとなります。其の後、アフリカ各地を転々、ケニアで、障害を持つ子供達の為の施設を開設しました。建築家の森俊子さん、彼女は女性初のハーバード大の建築科教授でありまして、アメリカ国内は勿論の事、オーストラリア・中国・台湾の都市計画にも参加、建築系の賞の殆どを取った、世界的なアーキテクトであります。

とまァ、こうしたハイブリッドな経歴を持つ、優れた女性達は山の様に居るんです。こうした方々に三顧の礼でお願いし、一時帰国して貰い、此の国の舵取りを任せれば、我が国はアッと謂う間に再建出来る、僕、そう思うんだけどなァ…。

でね、男女を問わず優秀な人材を集め、此の国の再建をお願いしたとしましょうか。僕、其処で危険なのは、既得権益を守ろうとする守旧派だと思うんですよ。今の自民党や官僚どもの事なんですが、日本は今、危機的状況なんですから、前例主義なんて、守る必要はありませんぜ。だってね、インドネシアもエジプトも、既に遷都を決め、かなりの好景気だそうですよ。インドネシアのジャカルタは、交通渋滞・住宅不足・水害等の天災防止が、首都移転を決めた理由だとか。エジプトのカイロも、交通渋滞・大気汚染が、遷都の理由だそうです。うう~ん、でも、日本の東京だって、全く同じ原因を抱えてませんか!?そうそう、イギリスからの独立を目指すアイルランドでは、同国の中央銀行の総裁に、ニュージーランド人の敏腕エコノミストを採用するんだとか。日本を立て直すには、此れ位ドラスティックな改革が必要ですよね~。よおし、当院も、GW後に、様々な新計画を打ち出すべく、スタッフ全員の叡智を結集、益々頑張らなくては!

其れでは皆様、引き続きGWをお楽しみ下さいね~。次回の更新は来週月曜日になるかと思います。暫しの間、ごきげんようさようなら(^.^)/~~~
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR