FC2ブログ

天国に一番近い島

花のいのちは短くて 苦しきことのみ多かりき、西村玲さんと謂う、43歳の、新進気鋭の女性学者がお亡くなりになりました。心からご冥福をお祈り致します。浅学菲才の僕ですから、此の西村さんの事、今朝の朝日新聞を読んで初めて知ったのですけれど、胸を強く突かれた様な、深い衝撃を受けたんです…。と申しますのも、此の西村さん、東北大学を出て其のまま大学院に進学、専攻は日本近世仏教思想でして、文学博士号を取り、東京大学大学院に属し、アメリカの名門プリンストン大にも留学、沢山の論文を書き、受賞歴も多い、将来を嘱望された学者でした。ところが、大学は国からの補助金が激減した所為で、西村博士は多くの業績があったにも関わらず、大学院への就職が叶わなかったと。衣食住はご両親に頼り、生活費はアルバイトで賄っていたそうです。此の生活の繰り返しに疲れ果て、絶望し、セクハラもあり、とうとう自ら命を絶ったとの事でした…。僕、西村博士の足元にも及びませんがかって、比較文化研究所と謂う大学院に籍を置いていたんですね。国際政治を専攻していたんですが、文系の論文って、本当に大変なんですよ。僕が書いた論文は3つですけれど、全部併せれば、A4サイズに200㌻、びっしり書きましたもんねえ…。其の準備の為に、専門書を150冊は読みましたし、手に入る限りの新聞雑誌にも目を通しました。其処までで半年、書くのに数週間ですもんね。西村博士は、僕より遥かにレベルの高い論文を、其の生涯で25本以上お書きになり、2冊の著作を残されました。僕もかって院生であり、学者の卵でしたから、西村博士がどれだけ努力したか、良く分かる心算です。

僕、腹が立って腹が立って仕方が無いんですが、西村博士の様な、真面目にきちんと努力した人が、報われる社会であって欲しいんですよ。どうも、博士が就職出来なかったのは、学閥や女性差別やパワハラが根底にあった由で、許せんなァ。しかもね、大学の研究者にお金を出さず、使い捨てだなんて、国家の大損失ですよ!!凡そ、世界の先進国で、此処まで学問を小馬鹿にしてる国って、日本だけでありましょう。

そして、もっと腹が立ちますのが、西村博士の様な有為な人材を見殺しにしておいて、全くの無能な自民党の議員だけが、のうのうと利権と高給を貪ってるでしょ。昨日、漸く辞めたサクラダヨシタカ五輪担当大臣なんて、本当の大馬鹿者、只の阿呆でしょ。かって、サイバーセキュリティを担当する、内閣の要職に就きながら、パソコンに触れた事も無く、失言を連発しました。国会の答弁もまともに出来ず、遅刻や読み間違えも頻繁、そして、白血病のアスリートに対し「がっかりした」ですもんね。挙句の果てに、タカハシなる東北選出の議員のパーティに出席、「東北の復興より大事なのはタカハシさんだ」ですって。流石に大問題になり、記者団に問い詰められると、「記憶に無い」を連発だそうですよ。でも結局、「被災者の方々の気持ちを傷付ける発言をして申し訳ありません」と辞任、何でえ、やっぱり憶えてんじゃねえかよ、テメエ馬鹿野郎この野郎!こんな品性下劣知性皆無の、田舎者の馬鹿親父が、年間数千万の給与を国から貰ってる事に、僕、心の底から怒りを覚えるんです。だったら、先の西村博士に給与を払ってあげて下さいよ。僕、何だか悔しくて涙が出そうです。

閑話休題、研究者を蔑ろにしてはいけない、僕、常々そう思ってるんですが、最近、古代史は勿論、様々な分野での画期的な大発見が顕著ですよね。メキシコの大きな湖の奥底から、古代アンデス文明の祭礼品が、多数発見されましたし、中国南部の洞窟で、20万年前のヒト科の歯が出土したんですが、どうやら此れ、今まで知られなかった、新たな種だそうです。其れを裏付けるかの様に、昨日、フィリピンのルソン島の洞窟で、アジアで5番目となる、原人の歯が見つかりました。そして、古代の南欧で人類の大移動があり、彼らの骨をDNA解析した処、現在のスペイン人への進化の過程が解明されたとか。南米ペルーでは、古代の鯨の骨が見つかったんですが、鯨って元々、4本足で水陸両用、今のビーバーみたいな存在だったそうですよ。医学の世界でも、将来は脳に電極を付け、様々な心の病を早期快癒させるのが当たり前になると謂われてますでしょ。宇宙に目を向けても、日本人研究者が中心となり、世界初の、ブラックホールの撮影に成功しました☆どうだい、自民党の阿呆連中、研究や勉学の大切さが分かったかい!?

でね、僕、此れにも感銘を受けたんですが、此の世紀の大発見についても、全世界200人の研究者の叡智を結集しての成果だったそうで、やっぱりねえ、此れからは融合と協調こそが大事でありまして、国境や人種なんて、何の関係もありませんぜ。と謂いますのも、此れも目を見張ったのですけれど、今、「海上浮遊都市」と謂う新たなコンセプトが出ているんですって。此れ、読んで字の如しでして、嵐にも耐えられる六角形の形をした小さな人口島を多数連結、エネルギーは太陽光、海の上で暮らす事により、大都市の居住問題を一挙に解決しようと謂うアイディアなんですって。面白いなァと思いましたのは、海の上では地代が掛かりませんもんねえ。でね、此れを立案したのが、ハワイ生まれでタヒチと中国にルーツを持つアメリカ人起業家、マイク・コリンズさんと謂う方なんです。そして、此の案を国連で強くプッシュしているのがアミーナ・J・モハマッドさんと謂う、ナイジェリア人のイスラム教徒の政治家でして、いきゃ~、グローバルでボーダーレスな時代ですよね。

ところで皆さん、阿波踊りってご存じですよね。500年近い歴史を持つ、日本の伝統芸能ですけれど、去年でしたか、運営していた徳島市の不正や汚職が発覚、あわや中止寸前の処まで行ったのは、記憶に新しいですよね。で、結局は踊り手である市民達が運営、大成功しました。でも、阿波踊りって、開催中の4日間で、120万人が集まる大イベントでして、其れを一般市民が運営するって、やっぱり大変過ぎますよね。で、今年から、イベンターであるキョードー東京さんが運営する事になりまして、僕、今までにも増して、大成功すると思うなァ。だって、キョードーさんって、ビートルズ来日時の際のイベンターでして、日本最大規模の興行会社ですもの、阿波踊りのプロデュースに関しても、きっと新たなアイディアを出すに違いありません。

僕、今夜、親友のMさんと竹原ピストルのライブに行くのですけれど、其のイベンターもキョードーさんでして、ありがとうございますm(__)m。其れはさておき、僕、キョードーさんって、好意が持てる会社と常々思ってたんですね♡キョードー、とは共同、でありまして、2人の男性が協力して設立したんです。社長は永島さんと謂う方なんですが、父君は三菱銀行の重役でして、幼い頃から欧米で暮らし、ネイティブ並の英語力を持ち、早稲田の理工学部を出たインテリでした。身長も高く彫りの深い貌でして、気さくで面倒見の良い人柄、此れが外国人アーティストに大好評、キョードーさんが飛躍的に伸びた理由なんですね。そして、永島社長を陰に陽に支え続けたのが、経理担当の重役、内野さんでして、彼は永島社長とは全く正反対の生い立ちなんですね。内野さんは極貧の中、海軍特攻隊に所属、九死に一生を得た方なんです。敗戦後、米軍基地で働きながら夜学に通い、英語や経理を学んだ苦労人でして、此処まで正反対のお2人だと、逆に合うんでしょうねえ。日本一の興行会社、キョードーを、共同で大きくした訳です。

やっぱりねえ、自民党の様に、男尊女卑で排他的では、未来がありません。ブラックホールの撮影も、海上浮遊都市も、キョードーさんの大成功も、寛容と友情と協力の賜物ですもん。うん、当院も、今にも増して、スタッフ全員で協力し合い、頑張って行かなくては♡
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR