FC2ブログ

~ fleet in being ~

かかげても しめりがちなる ともし火に 音なき春の 雨を知るかな、どうやら今朝は全国的にお天気が下り坂の由、北信越や陽北では雪だそうで、皆様、体調管理には充分お気を付け下さいませm(__)m。

さて、吃驚したのですけれど、政府は新札を発行する由でして、僕、どうにも違和感が残るんですよ。細かい話になるのですけれど、確かアベ総理、「此れからはキャッシュレスを大いに推進する」とか何とか謂ってませんでした!?世界的に見ても、現金を使わない風潮になっていると思うのですけれど、わざわざ新札を造る必要があるんですかね…。あとね、2000円札はもう無くなるみたいですが、あれって何だったの!?其れと、5000円札って必ず女性じゃありませんか。今が樋口一葉、今度が津田梅子、決して悪い人選ではありませんけれど、どうして1万円札に女性を選ばないんでしょうか。1万円札って、必ず男性でして、男尊女卑の最たる物じゃないかなァ。だって、アベ総理、頻りに「女性の社会進出」を謳うじゃありませんか。新しい年号に代わるんですし、女性が描かれた1万円札なんて、新生日本をアピールする、絶好の機会だと思います。諸外国を見ても、エリザベス女王なんて、ポンド紙幣の象徴でありましょう。

閑話休題、新札も驚きましたけれど、もっと吃驚したのが、沖縄の辺野古基地の事なんです。何とまァ、米軍の海兵隊の内部文書から、「辺野古基地」の項目が削除されていたんですって。どうやら、地盤が軟弱過ぎて、滑走路が出来る見通しが立たないそうです。あのねえ、米軍も遠慮し、沖縄県民の大多数が反対してるんですよ!しかもね、当初の建築費って、2300億円でした。其れが、何時の間にやら2兆を超え、専門家の意見では、8兆あっても足りないんですって。テメエ馬鹿野郎この野郎、とっとと止めちまえ。体育館の裏に呼び出して、グーで殴るぞ!

もうねえ、こんな馬鹿げた事をしている場合じゃないんですよ。と申しますのも、世界的権威のある、国際政治雑誌、フォーリン・アフェアーズ誌に、或る記事が掲載されていました。中国が台湾に軍事侵攻するリスクが相当高まっているんですって。トランプはアメリカ最優先の考え方なので、台湾を見捨てる可能性が高いと。そして、アメリカ大統領選の絡みがあるので、中国は2020年までの軍事侵攻を考えている、との事でありました。2020年と謂えば、来年ですぜ、くわばらくわばら…。

でね、私事で恐縮ですけれど、僕、大学院時代に専攻していたのが、台湾近現代史でして、「台湾青年」と謂う雑誌に、「中国の台湾進攻は不可能」と謂う論文を書き、中国語に翻訳され、アメリカや欧州、台湾やブラジルでも紹介された事があるんです。四半世紀前の若書きの論文でして、稚拙な部分ばかりで、恥ずかしいばかりなんですが、当時とは、状況は随分様変わりしました。中国海軍は飛躍的に伸びていまして、当時とは較べ物になりません。海軍力・空軍力では、中国は台湾を圧倒するでしょう。尤も、台湾陸軍はかなりの規模ですから、中国軍が渡海して台湾本土に進攻、首都台北を占領するのはちょっと考えられません。

でもね、米軍が台湾を助けないと謂う事であれば、義を見てせざるは勇無き也、日本は側面から援助するしかありませんよね。しかも台湾って、世界一の親日国です。でね、僕、沖縄の小浜島--NHKドラマの「ちゅらさん」の舞台の島です--って離島に行った事があるのですけれど、此処、西表島と石垣島の間にある小島なんですね。此処から台湾まで、凡そ100㌔でして、ポンポン船で1時間掛からないんですよ。となりますと、もし台湾が中国の手に落ちたら、次は沖縄が攻められますよ!?

でもね、僕、流石は日本の海上自衛隊と、心から安心したんです。と申しますのも、日本近海において、日本とフランスが合同軍事演習を行う事が決定したんです。どうやら其れに、イギリス海軍も参加する由でした。何故わざわざ欧州からと思われるかもしれません。でも、フランスもイギリスも、かっては東南アジアに、数世紀に渡り植民地を持っていたでしょ。ですから今でも、アジアとは縁が深く、イギリスやフランス国籍の人も多く、経済面も含め、強い関心があるんですね。実際、フランスは、タヒチやマダガスカル、ニューカレドニアに海軍基地がありますもんね。イギリスも、EU離脱を見越しての事でしょう、シンガポールかブルネイに、海軍基地を造るべく、折衝中なんだとか。こうした動きを察知していたのでしょう、当時の自衛隊のトップ、統合幕僚長は海上自衛隊の方でして、各国とネゴシエイト、着々と布石を打っていたんですね。そして僕、よおしと快哉を叫んだんですが、東南アジア各国や豪州は勿論の事、日本はインドとも緊密な関係にあり、両国間で軍事演習繁に行っているんですね。インド海軍って、縁遠い存在に感じますけれど、主要艦艇だけでも170隻を超え、新型艦も続々と就役、そして空母も2隻持つと謂う、或る意味寧ろ、海上自衛隊より上かもしれない存在なんです。アメリカも随分頼りないですし、ならば、欧州やアジア各国が緊密に協力し、中国の海洋進出を抑えようと謂うムーブメントなんですね。こういう協力関係を中国に見せつければ、戦争なぞ起こる筈も無く、台湾進攻なんて、物騒な事は考えず、何れ矛を収める事でしょう♡

僕、ハッと気付いたんですが、こうした新たな防衛システムが出来つつある訳でしょ。だったら、日本にある米軍基地って、ホントに必要なんですかねえ!?アベちゃん、其処んとこ、どう考えてんの!?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR