FC2ブログ

借金大王

おはようございます。どうにかこうにかですが、昨日来からのダメージが少しづつ抜けつつある様で、朝の目覚めは非常に宜しくなかったですが、今日も1日精一杯頑張る所存です!

数日前の報知新聞でしたか、「国の借金、1000兆円突破」と出ていまして、どうやら来年末には大台に乗りそうな勢いです、トホホ…。これ、どの新聞も書きませんが、僕、まだまだ借金があるんじゃないかと疑っています。年金1つまともに管理出来ない連中がやってる事ですからね~。実はまだ180兆円程借金がありました、エへへ、ごめんなさ~い、許されて~、とか急に猫なで声で言い出しそうですもん。もう1つ付け加えますと、全国津々浦々の都道府県市町村、これら全てが借金持ってますからね。新聞やテレビはそういう事に一切触れませんから益々信用度が落ちるのです。例えば東京都ですら13兆円、大阪府だって6兆円、福岡や広島や愛知の規模で2~3兆円、こんな大分の田舎でも1兆円に届こうか、という借金があるんですよ。非常にざっくりした計算ですが、国プラス地方自治体の借金の総額は、分かる数字だけでも1400兆円前後行くんじゃないでしょうか。実体経済といいますか、国に入る現金収入は昨年度で50兆円いってませんからね~。単位を切り下げ規模を小さくすればすぐ分かりますが、年間50万の収入しか無い家庭が1200万の借財がある計算ですから、デフォルト(破産)の可能性は充分あります。国は僕達の銀行預金があるから大丈夫、破綻しない、という考えがミエミエですが、勘違いもいい加減にして欲しいですよ。これは僕達が血税を収めてやっと残った大事なお金です。それをあてにするとは、ゆすりたかり、強盗の発想です。世界各国の金融史を調べればすぐに分かる事ですが、国は、いざとなったら預金封鎖して、個人のお金を下ろさせないなんて平気でやりますからね。日本だって戦後の混乱期、ハイパーインフレーションの折、昭和21年に預金封鎖があったんですよ。ですから、今の富裕層や知識のある人は、貸し金庫を借りたり、海外に口座を作ったり、金を購入している訳です。あ、もう1つ付け加えますと、借金には当たり前ですが金利がつきますから、今もドンドン増え続けています。1400兆円の金利って秒単位で数万円が飛んでいくんでしょうね…。おまけに震災復興の為のお金も必要ですし、野田サンはこの状況下で消費税を10㌫にしようってんですから、正気の沙汰じゃありません。お前、ホントいい加減にせえよ、と言いたいです。これが高校生の時分でしたら、野田サンを体育館の裏か便所に呼びだして鉄拳制裁ですね(^^)。

では破産を防ぐにはどうするか、ですけれど、家計に置き換えたらすぐに答えが出ますよね。会社の経営も同様ですが、「入りを増やして出を減らす」、これに尽きる訳です。収入(国の税収)を増やす為には、景気を良くし、皆が物を買ったり消費して、お金が循環しなくてはなりません。出(国の支出)を減らす為には、無駄な支出(国家公務員の人件費)を削るしかありません。それをTPPだ消費税増税だ、では良くなる景気も悪くなります。消費税が上がったら物が売れると思ってるんですかね!?買わなくなるに決まってるでしょ!財務省から民主党執行部から、経済のイロハも分からず、目先の税収増しか考えつかないという、赤子以下の幼稚さ、情けなくて涙が出ます。

僕、かって大分の中津江村を通った事があります。2002年サッカーワールドカップの際に、カメルーン代表のキャンプ地となった場所となり、村長も有名になりました。鬱蒼とした山中深くには、凄まじく巨大なダムがあり、勿論水害予防や貯水池としての必要性は分かりますが、余りの大きさに、果たしてこれは必要だったのか、何らかの利権でも絡んでるんじゃないかと思い、目眩がしましたね。車で走っている最中、食事する所も無ければ、買い物出来る場所も皆無、娯楽施設などある筈も無く、ここの村人は幸せなのか、非常に考えさせられました。サッカーで盛り上がったり、巨大なダムで幾らか補償金が入ったり、デメリットばかりでは無いでしょう。でも僕ならば、その地に住み続けたいと思うならば、一過性のものよりも、ちゃんとした雇用がある方がよっぽどありがたいですよ。

大分には杵築という鄙びた城下町があります。人口3万人、豊予海峡に面した静かな街で、山海の美味に恵まれた所ですが、春先の城下カレイは将に絶品、真水と海水が入り混じった汽水に棲息するだけあって、淡麗な味は流石に歴代将軍に献上していただけありますねえ。さて、この小さな街に、市営サッカー場が建設されました。総工費が1億円を超える由でして、早速市議会にかけられたのですが、突き詰めると問題は1点に絞られます。つまり、ペイするのかしないのか、です。僕、興味を惹かれたので、チェックを入れてたんですが、1時間につきグラウンド使用料が最大2000円だったんですね。その微々たる収入で1億円を返済するには、5万時間サッカーをしなくてはなりません。えーとえーと、1日は24時間ですから、電卓を弾きまして、約2083日間、即ち6年間ぶっ通しでサッカーをやり続けて初めてペイするんですね(激怒)。あ、維持費や人件費といった諸経費は計算に入れてません。この杵築市、3万人しか住んでおらず、近隣に大きな街や企業群や学園都市は皆無です。こんなの、土建屋と議員と公務員が中間で金を抜いてるだけですよ!公園や学校のグラウンドで、ボールを蹴るだけでは駄目なんでしょうか…。

僕、サッカーそのものは決して嫌いではありません。しかしながら、地方を食い物にし、税金を貪り続け広告代理店と組み、官僚の天下りを喜んで受け入れるJリーグは、この借金漬け日本の象徴であり、魑魅魍魎、百鬼夜行、物の怪であり、即刻退治すべきと断言します。大体、先に挙げた莫大な借金を抱えてる国が、また借金を増やして収益の全く上がらないサッカー場を造るなんて、己のポケットに何がしかの薄汚い金が入るからとしか思えませんね。そんなにサッカーをやりたければ、有志を募り、お金も自治体に頼らず、己で集めたら良いじゃないですか。そうすればこのブログの様に噛みつかれる事もありませんし、お互いハッピーです。この莫大な負債を抱え問題山積の我が国で、サッカーの予算は一番最後に来る問題でしょう。言動が支離滅裂で話になりませんね。そこまでお金が余っているのなら、原発事故の終息及び廃止、新たな代替エネルギーの開発、そして東北復興に1円でも多く使って欲しいですよ…。

大分に大きなサッカー場がありますが、残念ながら利益が出た事は無いでしょうし、これからも借金を増やすだけと思います。因みに2006年のドイツワールドカップの例を。大分の様な小さな地方都市にスタジアムを造ったのですが、大会後は全て壊しました。その建材は家屋に使用可能のものを使っており、全て家庭用資材として再利用されたそうです。

は~あ、僕、カラオケは苦手ですが、一杯ひっかけて、ウルフルズの「借金大王」か浜田省吾の「MONEY」でも歌いたい気分です…。♪貸した金返せよ♪、♬ドン・ぺリ二ヨ~ン♬
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR