FC2ブログ

♪ 新世界より ♪

初春令月 気淑風和、即ち新年号は万葉集から取った「令和」と決まった訳でして、誠に目出度いですし、新しい御代が始まる事を、心から寿ぎたいと思います。新天皇皇后両陛下の元、どうか、天災や戦争の無い、平和な時代になります様に…。

しかしねえ、新たな時代の始まりに、いきなり文句を付けて恐縮ですけれど、「平成」を発表した際には、当時の小渕官房長官のインタビューのみでして、総理の談話も代読でした。其れが「令和」になった途端、まるで政治ショーと申しますか、自民党の面々がTV局を占拠した様な状況でして、統一地方選も近いですし、与党のアピールの場になってませんでしたか!?僕、今上天皇皇后両陛下、そして、新天皇皇后両陛下のお言葉の方が、よっぽど聞きたかったですよ。別に総理は関係無いんじゃない!?まァ、アベ総理って、色々謂う割には、よくよく考えると、何の実績もありませんからねえ、必死にアピールしたのでしょう。と謂う訳で、どうにも僕、強い違和感を覚えたのですけれど、読者の皆様、如何思われましたか!?

でね、ホンマかいなと疑ったんですが、アベ総理、「人々が美しく心を寄せ合い、文化が育つ国に」、「夢と希望を持って、新しい日本の国を切り開く」、云々と謂ってましたけれど、謂う事とやる事が、相変わらず矛盾してませんか。だって、「人々が美しく心を寄せ合い」って謂いながら、アンタ、国会の際には、顔を歪めて野党を罵倒してるじゃありませんか。僕、慄然としたんですが、此の国では毎年、3万人が孤独死している由、しかも、1000万人が孤立状態なんですって…。そして、「夢と希望を持って」、と謂う癖に、経済指標が悪化、しかも、消費税増税のみならず、新たに「炭素税」なる物を導入しようとしてるんでしょ。其れでなくとも可処分所得、自分の実際に使えるお金は減るばかりでありまして、そりゃそうですよね、だって、税金も物価も上がり、給与が其処まで上がらないんですもの。経済格差は激しくなるばかしですし、総理、夢と希望は何処にあるの!?嘘吐きは泥棒の始まりですぜ。

閑話休題、自民党がTVショーで大はしゃぎしている間にも、世の中は激流の様に動いています。僕、思わず頬を抓る程吃驚したんですが、現代ビジネス誌の記事に依れば、「我々と全く同じ宇宙--クローン宇宙--が、どこかに実在する」そうでして、ホントにホント!?理系の素養皆無の僕でして、其の理論を拝読しましたが、上手く説明出来ません。でも、マサチューセッツ工科大マックス・テグマーク教授に依れば、僕達の住む地球の遥か彼方に、全く同じ宇宙があっても、理論的には全くおかしくないんですって。其の真偽は兎も角、そんな理論を証明出来る時代なんだと、僕、そちらの方にも驚きましたねえ。そして、彼のスティーブン・ホーキング博士は、生涯最後の本、「ビッグ・クエスチョン」で、こう書き残されました。「近未来には所謂アバター、自分の身代わりロボットが、あらゆる事を代行するだろう。」、「AIや量子コンピュータが発達し、ヒトのDNA編集は当然の時代になる。」、「変化を恐れてはいけない」、ですって。

其のAIで思い出したのですけれど、今日、春の選抜の準決勝でして、我らが大分の明豊高校には是非勝って欲しいんですが、同じくベスト4まで勝ち上がった、愛知代表の東邦高校は、相手投手を想定する、AI搭載のバッティング・マシーンを、打撃練習に使用しているんだとか。そして、宗教AIロボットも既にあるそうで、顔認識機能、コンピュータ、センサー、マイク等を搭載、信者が悩みを懺悔すると、瞬時に聖書の一節を唱えるんですって!ヒエエ、ヒトがAIに心の安寧を求めるなんて、何だか凄い時代…。

でね、もっと卑近な話になって恐縮ですが、生活の様々な面でも変化は如実です。暫く前に、「車中泊」と謂う言葉が流行りましたよね。此の車中泊、要するに、旅行の移動の際に車を用い、其のまま泊まってしまうと。宿泊費も浮きますし、移動も楽と謂う訳です。で、此の車中泊、訪日する外国人観光客も其れを始め、そして、レンタカー屋さんが大繁盛、其れに保険会社も参入して、新たな産業が生まれつつあるんだとか。でね、家賃や家を建てるお金が無駄だと、車に定住する人も増えつつあるそうです。う~ん、確かに、先に述べた様に車中泊保険もありますし、思い立ったら吉日、直ぐに何処でも移動出来ますから、確かに合理的ではあるかも…。

若いサラリーマンの方々の意識も随分と様変わりしていて、折角一部上場企業や官公庁に勤めても、優秀な人程、直ぐに辞めて、転職しちゃうそうです。上司を見ていて、こんなヒトが出世するの?と疑問を持ち、しかも昇進するまでにはかなりの年月が必要ですよね。そして、他社に研修に行き講演等を聞くと、ベンチャー企業の方が活気があって遣り甲斐も感じられ、能力があれば直ぐに出世が可能と判断、直ぐにそちらに移るそうなんです。うん、或る意味合理的かも…。

AIから若者の意識から、僕が生まれた昭和と較べ、此れ程変わっているんです。だって、僕が生まれた昭和42年なんて、パソコンすらなく、携帯なぞあり得ず、家にあったのは、大きく重たい、ダイアルを廻す黒電話ですもんねえ、トホホ…。此れから、技術は勿論、人々の意識も益々大きく変わるでしょう。でも、こういう時だからこそ、相互扶助、思いやりの心が大事になるんじゃないでしょうか。令和の御代が、よりよい日本を築く時代になる事を祈願し、今日は筆を擱きますm(__)m。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR