FC2ブログ

いつまでも 田植姉妹の 紺二点

世の中って、まるで流れる水の如く、常に変化し続けている、其れを痛感します。つい先日、旧知の地銀の役員の方とお話する機会がありまして、四方山話に花が咲き、色々とご教授頂いたんですね。そうしましたら其の方がポツリと、「最近は人を集めるのが大変なんですよ…」と漏らされまして、僕、「そんな事は無いでしょう。何せ銀行さんですもん。」と答えたんですね。そうしましたら昨日の日経新聞に、「地銀波乱 人材枯渇の危機」と大きく出てまして、吃驚しました。日本中の地方で、地銀と謂えば安定した就職先、僕、そう思い込んでいたんですが、そんな常識はもう古いんですね…。どうやら、経営状況が厳しい事に加え、銀行と謂う職種に、魅力を感じられないんだとか。何と、年末年始も求人をしており、外国籍の行員も増えつつあるそうです。そう謂えば、大メディアの産経新聞も、今年の新卒採用者は2人って、経営がどれだけ厳しいんですかねえ。

そう謂えば此の前、サッカーJリーグのサガン鳥栖が、鳥栖市と癒着、副市長が辞任してましたよね。どうも、土地や建物絡みの利権と不正の由でした。サッカーファンの方には大変申し訳ありませんが、Jリーグと謂うビジネスモデル自体、もう古く、とても持たない気がするんです。だってね、此の鳥栖市って、人口僅か7万人ですよ。其処に70億掛けて2万5千人のスタジアムを建て、ペイする筈がありませんぜ。しかも、年間20試合がやっとでしょ。少子高齢化でファンも減るのは必然です。おまけに、副市長とサガン鳥栖が癒着して、市のお金を抜いていて、市の財政もチーム運営も、上手く行く訳が無く、共倒れですよ。

今や、整理整頓ロボットや、漫才をするロボットまで開発される時代です。太陽光を用い、癌治療に活かせないかと謂う研究が始まり、ips細胞が続々と実用化されています。3DプリンターにAIにゲノム解析等々、此れだけ進化しているのに、上記のビジネスモデル、余りに古いんじゃないでしょうか。

此れまた吃驚したんですが、北海道は今、外国人労働者が、此の8年間で3倍に急増、とうとう2万人を大きく超えたそうです。名古屋の小学校では、新入生の49人中、41人が外国籍だったとか。でね、渋谷と謂えば若者の街、ショッピングと映画館と忠犬ハチ公のイメージでしょ。僕も随分行ってませんけれど、今や全くイメージが変わりつつあるんだとか。何と、今の渋谷は、IT企業が集結、ビジネス街へと変わりつつあるんですって。都心のオフィス街と謂うと、千代田区に中央区、港区のイメージですよね。でも、若い経営者の方は、「銀座や赤坂なんてダサい。渋谷の方がクール。」と謂う事で、IT企業が続々と集まったそうです。其の一方、2035年の東京は、ご老人が急増、高齢者ホームレスが爆発的に増えると謂われているんですね。だって、東京・千葉・埼玉・神奈川、所謂「東京圏」の高齢者人口の推移を見てみましょうか。2005年には、604万人だったのが、2035年には1061万人ですよ。こうなりますと、当然福祉や医療費が急増、働く人達の負担が増える訳で、東京から若者が流出する可能性が高まり、益々高齢化率が上がると謂う訳です。

閑話休題、昆虫や動物ですら進化を続けてますでしょ。カマキリやクモの新種の発見が相次いでいます。例えばブラジルのカマキリなぞ、ピンクにオレンジに赤、そして立派な角と前足を持ち、従来の概念を覆しますもんね。トゲトゲの生えたナマズ、雌雄同体の鳥、碧い眼をしたコヨーテ、手から毒を出す蛙等々、様々な進化を遂げています。

話を戻しまして、此れだけ、あらゆる世界が変わりつつある訳でしょ。特に若い方なんて、此れから此の国はどうなるんだろう、自分の仕事はどうしたらと、不安に思われるかもしれません。此処で僕、勝手な提案なんですが、此れから、先ず間違い無いのは農業と思うんです。先ずね、食べ物が無いと生きていられませんから、農業が無くなる事は無いでしょ。そして、現代人って、食に対する不安って大きいと思うんです。だって、遺伝子組み替え食品をラットに食べさせ続けたら、其の6割が死んじゃったんですよ…。ですから、安全な農作物に対するニーズって、高まる一方でしょう。そして今、農業って成り手が居ませんから、ライバル不在です。しかもね、地方の農地なんて、過疎化と少子高齢化で、相当安く買えますよ。おまけに、ドローンやAIやロボットを使えば、左程人力に頼らずとも、立派に作物が育つでしょう。

僕はもう、天命を知る年ですから、今の生業のまま行きますけれど、もし若かったら、農業も1つの選択肢だなァ。葡萄を育てワイナリーとし、余った葉っぱでエスカルゴを育て、池ではクレソンと鯉を育て、羊の群れを飼い、合鴨農法で田圃を持ち、ついでに煙草畑もやりたいですねえ♡そうしましたら、全て自家製でしょ。勿論其れを売って生計を立てるんですが、余った分は全て食べれば良いので、無駄がありません。鯉のお味噌汁に炊き立ての自家製の新米。或いは赤ワインに羊や鴨のロースト、付け合せはクレソン。そして白ワインとエスカルゴ。羊毛は毛布やセーターとし、自分の畑で採れた煙草を葉巻にして吸うと。雨の日は読書に勤しみ、此れぞ晴耕雨読、健康的かつ、不況にも決して左右されない、とっても自由で優雅な暮らしと思うんですが、読者の皆様方、如何思われますか!?

さて、お天気は段々と暖かくなる由、もう3月も近いですもんね。皆様、素敵な週末をお過ごし下さいね。其れでは、来週月曜日にまたお会いしましょう。ごきげんようさようなら(^.^)/~~~
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR