FC2ブログ

天下は一人の天下にあらず 天下の天下なり

茶羽織は 襟をかへさず 春時雨、此処大分は、昨夕からしとしとと降り出しまして、其れでも春が近いのかなァ、其処まで冷え込まず、何だか風情のある雨であります☂はるさめに 昼の廓を 通りけり、なあんて、艶っぽい句もありますけれど、冬来たりなば春遠からじでありまして、GWが来れば、平成ももう終わりですよね。親友のMさんに、「次の年号、何になると思う?}と問うたら、「もう1度平成でどうでしょう。日本国民全員がひっくり返りますよ。」なんて冗談を謂ってまして、大笑いしました。でもね、冗談はさておき、僕、「安寧」なんて良いと思うんですよね。安寧、即ち、無事で安らかな事ですから、此の世知辛い世相を一掃すべく、ピッタリと思うのですけれど、読者諸賢の皆様方は如何思われますか!?

さて、GWと謂えば、お休み中の当院の診療体制について、近々正式に発表があるかと思います。当院ホームページ並びに、フェイスブックをご覧下さいませm(__)m。其のGW前に、各地では中々魅力的なイベントが始まりまして、長崎のランタンフェスティバルも素敵ですし、美しい駅舎で有名な門司港駅も綺麗にライトアップ、おまけにかって、大正天皇がお休みになられたと謂う貴賓室を、超高級レストランとして、お披露目するんだとか。大阪では、バレンタインデーに向けて、お店の中を全て、チョコレートで飾った店舗がお目見えしました。此れ、全て欧州から直輸入、ハイヒールの形をしたチョコレートもあるんだとか。

そんな景気の良い話とは裏腹に、日本の実体経済はもう、滅茶苦茶でありましょう。諸物価は高騰を続け、消費税は何れ上がります。しかもね、僕達の給与はちっとも上がっておらず、寧ろマイナスだった事も分かりました。其れを隠蔽する為に、政府も役所も数字を操作していた訳です。でね、エコノミストに依れば、後10数年もすれば、年収が200万に満たない人が激増するとすら謂われています。しかし、アベノミクスって、一体全体何だったんですかね!?何だか僕、壮大な詐欺としか思えないんですが…。

閑話休題、そんな悪夢の様な事態でも、決して諦めず、常に希望を探すのが、拙ブログの大いなる長所、だなんて、自画自賛して恐縮ですけれど、此れからはやっぱり、女性・テクノロジー・老人・外国人との共生、其れしかありませんぜ。

テクノロジーから参りましょうか。ユニクロの工場と倉庫の画像、僕、此の間見たのですけれど、沢山のロボットが大量の洋服を運んでまして、うう~ん、「24時間働けますか」と謂う古いCMがありましたけれど、将に其の通りでありました。此れなら、人口が減っても大丈夫と思いましたし、労働力が余れば、其れこそ医療や福祉の道に進めば、今後激増するであろう老人介護問題も、解決出来ると思うなァ。そしてね、2040年ですか、車が画期的に進化するそうです。自動運転は当たり前、立体ホログラムやホログラムでルートを指示、AIはドライバーと会話し、おまけに空も飛んじゃうそうで、いや~、昭和生まれの僕には、ちょっと信じ難いですねえ。

ご老人達の活躍も見逃せません。大分が産んだヒーロー、スーパーボランティアの尾畠春夫さんの大活躍については、皆様疾うにご存じでしょう。でね、超一流企業の丸紅の海外支店長まで務めて定年退職した、谷川洋さんと謂う方がいらっしゃいます。老後も他人様のお役に立ちたいとNPO法人を設立、其れまでの人脈を活かし、資金協力を仰ぎ、自らは清貧な生活を続け、此の18年で何と、アジアの貧困地域に、280もの学校を設立しました。何と素敵で立派な方かと僕、涙が出ましたもの。

愛知県に、岡崎市と謂う、人口40万程度の小都市があります。僕、かって、名古屋の医大に行きまして、どうにも性が合わずに直ぐに退学しちゃったんですが、1度だけ、此の岡崎市で清遊した記憶があります。流石は名古屋、八丁味噌をふんだんに使った料理が美味しかったですねえ♡さて、其の岡崎市、旧石器時代から人が住み、古くから栄えていました。そして、日本の近世を築いた、徳川家康公の出生の地でもあります。又、政財界の大物を多数輩出していまして、或る意味、日本をシンボリックに現している処とも謂えましょう。でね、其の岡崎市では、非常に興味深い取り組みを始めたんですって。此の40万人が住む岡崎市では、1万人が外国の方なんだとか。で、ご多分に漏れず、此の地も少子高齢化に悩まされており、天災の際には、ご老人の避難が難しいと。其処で、外国人の方々の為に、隔月で無料で講義を開催、防災知識や応急処置の会得、そして日本語教室等々を開いているそうでした。いざ天災の際、日本人も外国人も無い訳で、互いに助け合わねばならず、僕、本当に素晴らしい試みと思えてなりません。そして、此のプロジェクトを立ち上げたのが、長尾晴香さんと謂う、未だうら若き女性でして、此のNPO法人には、外国人の方々も理事として入ってまして、いや~、素晴らしいですよね!!

僕、つくづく思うんですが、国に頼る時代はもう終わりました。民間は民間で、自助努力で生きて行くしかないですよね。よおし、当院も、女性・テクノロジー・老人・外国人との共生を目指し、今後一層奮闘努力致します!頑張るぞ~!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR