FC2ブログ

バグダッド・カフェ

今朝の大分は左程寒さが感じられず、スイスイスーダラダッダと自転車を漕ぎまして、快適に出勤する事が出来ました。でも、此処九州でも、うまそうな 雪がふうわり ふわり哉、週末はどうやら荒れ模様のお天気の由、読者の皆様、防寒対策をしっかりなさって下さいませm(__)m。

僕、昨夕、疲れ果てて、船を漕ぎながらうとうとと、NHKのニュースを見ておりました。夢うつつだったんですが、段々と腹が立って来ましてね、と申しますのも、北方四島の日露会談のニュース、ちっとも流さないんですよ。全豪オープンの大阪選手の快進撃や、錦織選手の敗退、そして都内での火事とかにたっぷり時間を割いてまして、日露会談の件は、終わりの頃に1分程度流れただけでした。あのねえ、そりゃ大阪選手はとっても頑張ってますし、僕もファンですし、取り上げるのは大変結構です。でもねえ、日露会談の方が大事であり、先に放送すべき、僕、そう思うんですがねえ…。どうもね、情報の隠蔽と申しますか、今回の日露会談、アベ首相になってから25回目なんですが、案の定、何の成果も得られなかった由でして、其れを伝えたくないが故の、小さな扱いだったんでしょう。あのねえ、アベ総理は裸の王様、おまけに無能で無為無策、プーチン大統領とはまるで役者が違うなんて、世界中の誰だって知ってますぜ!今更何を隠してるんだか…。

もう1つ僕、憤慨している事がありまして、沖縄の辺野古の美しい海を、米軍基地にすべく、埋め立ててますよね。僕は猛反対ですし、ホワイトハウス宛にネットで署名しました。でね、其の埋め立ての是非は兎も角としましょうか。実は当初、埋め立て費って、2400億円と政府は発表しました。ところが今になって急に、2兆5500億掛かり、おまけに13年間も延々と工事をするんですって。…。……。………。あのねえ、どの面下げて、よくもまァいけしゃあしゃあと、無茶苦茶な事を謂いますよ。此れ、当初の10倍の予算が必要ですだなんて、そんな見積もりを出していては、民間企業ならば、10回倒産するでしょうね。こんな杜撰でいい加減な計画、即刻中止すべきでしょう。此れ、僕の持論なんですが、そんなに米軍基地が必要なら、無人島の尖閣諸島か、人工島に置けば良いんですよ。そしたら少なくとも、沖縄県民には迷惑が掛からないでしょ!?

自民党って本当に下卑た馬鹿な奴等、僕、そう思ってるんですが、其れに較べ、地方自治体や民間は、大変努力をしていると感じます。例えばさいたま市ですけれど、此処の市役所は、女性を管理職に登用する事を推し進めているんですね。管理職の2割以上が女性であり、此れからも増やす予定だとか。千葉市や網走市や鎌倉市は、同性婚を認めましたでしょ。特に千葉市は、育児・介護を抱える方が、仕事が両立出来る様、市内の企業や大学と提携しました。教育に力を注いでいるのが、東京都の日野市や神奈川の藤沢市。高齢者を大事にすべく、バスの利便性を重視し、移動図書館を始めたのが、神奈川の大和市や、東京都の葛飾区。そして仙台には、「仙台フィンランド健康福祉センター」ってあるんですね。聞き慣れない言葉ですけれど、フィンランドって、高齢者介護について、実に様々な、多くのノウハウを持っているんです。フィンランド政府が、其のノウハウを海外に紹介しようと企画、其のプロジェクトに仙台市が選ばれたんですね。新潟県阿賀野市、愛媛県西条市でも、同様のプロジェクトが進行中なんですって。企業や大学、自治体とフィンランドが協力、高齢者の為の器具販売や、施設でのサービスを提供するって、本当に素晴らしい事ですよね。よおし、うちのスタッフの誰かに視察に行って貰おうっと!

少し前に、「君の名は。」と謂うアニメが大ヒットしましたよね。其の舞台の1つとなったのが、岐阜県飛騨市でして、同市の観光課の女性が、「君の名は。」の試写会を観て、此れは大傑作であり、観光の起爆剤になると確信、公開するまでの1か月間、彼女は孤軍奮闘、猛烈なキャンペーンを行ったんですね。そうしましたら、映画の舞台になった街を見ようと、全世界からファンが集結したんだとか。飛騨市は人口2万5千人に満たない小さな街ですけれど、1年間に7万人の観光客が訪れ、市の財政は大いに潤ったそうです。同じ岐阜県にある、岐阜農林高校の女子高生達は、地元で「幻の唐辛子」と呼ばれていた、所謂辛味の強い唐辛子を商品化したんですね。ヘエエと吃驚したんですが、資金はクラウドファンディングで調達、住民から好意で唐辛子の種を貰い、其れを育てたってんですから、将に徒手空拳、凄いビジネスセンスですよね~、いや、感心しました。此れも岐阜なのですけれど、コンビニのローソンと、岐阜桜高校が共同開発したのが、苺味のムースケーキでして、此れ、中部・北陸の1500店舗で大々的に売り出すそうですよ。

そして、日本全国には、多くの旅館がありますよね。ところが長引く不況で、地銀も融資を渋り、青息吐息の旅館も少なくないんだとか。其処で、救世主として現れたのが外資のファンド・グループでして、沢山あるそうなんですが、旅館側からすれば、経営が立て直すには、何処から融資を受けたって構いませんよね。其れもね、香港系の金融グループが、アメリカの銀行にお金を預け、其れを運用するのが東京の日本法人、投資先は新潟の湯沢温泉の旅館であると。いや~、全く凄い時代になりましたよね!?

さて、縷々綴って来ましたけれど、先にご紹介した様々な自治体、そして女子高生達の企業、温泉旅館等々、うん、何処も、国に全く頼ってませんでしょ!?僕、何だか、日本政府や官僚が、国民の足を引っ張っている気がするんですが、読者諸賢の皆様方、如何思われますか!?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR