FC2ブログ

二十四の瞳

♪ our life together. is so precious together. we have grown. we have grown. although our love is still special. let's take chance and fly away somewhere alone ♪、此の詩、印象的な鐘の音のイントロで有名な、ジョン・レノンの名曲、スターティング・オーバーの一節であります。♪僕達はずっと共に過ごして来た 其れはかけがえの無い 素敵なものだったね そして一緒に成長して来た 2人の愛情は特別なものだけれど 冒険をして 2人で何処かに飛び立ってみないか♪、下手糞な意訳ですけれど、そう間違ってはいない筈です。謂えね、昨日僕、タクシーで移動中だったんですが、車中のラジオから、いきなり此の曲が流れて来まして、僕が中学生の頃のナンバーですからね、母を亡くした当時の事が急に思い出され、恥ずかしながら僕、涙が溢れて参りました…。

さて、此のスターティング・オーバー、やり直す、再出発と謂う意味と思います。で、此れからの世の中って、将に其の「再出発」と申しますか、従来の価値観を棄て、新たな思考を身に付けませんと、とても厳しくなると思えてなりません。

だってね、今年から警察庁は、捜査にAIを取り入れるんですって。例えば、店舗内の客の動きをAIが分析、不審と思えば顔認証システムで登録され、自動的に追尾するそうですよ!去年のハロウィン、渋谷で大暴れした11人の若者が逮捕されましたけれど、其れはAIが寄与した処も大きかったんだとか。そして、空飛ぶ車の実用化は聞いてましたけれど、空飛ぶバイクまで現れましたでしょ。ドバイ警察が来年採用するんですが、此れ、時速70㌔で30分飛行可能だそうで、僕、動画を見ましたけれど、バイクの下部分にプロペラが4枚付いてまして、フワフワ飛ぶ感じ、何だか可愛かったです。此のバイク、カメラ内蔵で360度撮影可能、其の画像は瞬時に警察当局へと転送出来るそうでした。我が国では出前ロボットが登場しましたし、米軍はとうとう、昆虫兵器の開発を始めまして、研究助成金が100万$だとか。中国は、月の裏側に探査機を着陸させ、機内で綿花を植え、発芽に成功したそうです。尤も、1日で枯れてしまったそうですが、此れ、何時か成功したら、凄い事ですよね~。

此処までテクノロジーが進化しますと、当然僕達のライフスタイルも激変する事は間違いありませんよね。旧来の価値観が通用する筈も無く、考え方を大きく変える必要があるでしょう。

先日、日経新聞を読んでましたら、非常に興味深い記事が出ていました。東京都の成長率が全国平均を下回り、総生産も鈍化しているんだとか。例えば、愛知県の成長率が13㌫ならば、東京は7・6㌫ですって。東京って、多くの学校がありますから、毎年若い人達が集まる訳でしょ。親御さんが、上京した子供達に仕送りする額って、平均9万円なんですね。で、学生さんの数が途轍もありませんから、都内の銀行には毎月、地方から何百億も入って来る計算であります。東京って、地方に較べ、其れだけのアドバンテージがあるのに、経済がまるで伸びていないって、僕、相当深刻な事態と思うなァ。因みに、世界の都市ランキングってあるんですが、70の項目で採点するんですね。1位はロンドン、2位がニューヨーク、3位東京、4位パリ、5位シンガポールと続くんです。東京は、文化面で他国の都市に大きく劣ってまして、経済成長までも鈍化するとなると、パリやシンガポールに抜かれるのは時間の問題でありましょう。

もうねえ、東京一極集中なんて、ダサ過ぎません!?リスクヘッジの意味でも、此の天災が多い国で、東京に権限を集中させ過ぎるって、良い事とはとても思えません。僕、常々思っているんですが、政府は東京に残すとしても、天皇陛下のご一族は京都にお戻りになられ、経済機能は大阪に移転、官公庁は仙台とか、機能を分散した方が余程利口ですぜ。アメリカをご覧なさいよ。首都はワシントン、経済や文化はニューヨークでしょ。僕がかって住んでいた豪州も、首都はキャンベラ、最大の都市はシドニーでした。南米最大の国ブラジルだって、首都はブラジリア、最も大きな都市はサンパウロじゃありませんか。せめて日本も、其れ位の柔軟性が欲しいですよねえ。

閑話休題、僕、今、とっても注目している島がありまして、其れは小豆島なんですね。此の島、かっては人口が6万を超えていたんですが、今はもう3万人を切り、悲惨な状況なんです…。でもね、小豆島に移住する人達が年々歳々増えていまして、人口減少に歯止めが掛かったんだとか。此処、文化による街造りを提唱、実行していまして、従来の様な箱モノを建てて、何とかしようと謂うやり方とは、根本的に違うんですよね。僕、よくぞ考えたと感心したんですが、小豆島って瀬戸内海にあり、其の近隣には、幾つも島々があるんですね。で、12の島々が協力し合い、世界各地のアーティストを集め、瀬戸内芸術祭を始めたんですよ。バンドに劇団、芝居に美術展等々、3か月間に渡り開催するんですね。まだ3回しか行われてないんですが、前回行なわれた2016年は、観客動員が106万人と、開催される毎に増え続けているんだとか。海外メディアから取り上げられる事も増えていますし、今年は、春・夏・秋と開催されますからね、僕、行ってみようと思っているんです。

でね、こうした催しを続ける事により、瀬戸内海の良さを全世界にアピール、新たなビジネスチャンスも生まれ、寂れた街が再生され、そして移住者も増えて来た訳です。でね、僕、温故知新と申しますか、小豆島の芸術への理解、其の伝統を感じるんですよね。と謂いますのは、此の島には隠れた文化遺産がありまして、其れは歌舞伎なんですよ。小豆島歌舞伎と謂いまして、何と300年の伝統がありまして、江戸中期から始まり、現在に至るんだとか。どうやら、小豆島から旅に出た人達が、東京や大阪で歌舞伎を観て、其の魅力に魅せられ、自分達でもやってみようか、と謂うのが始まりだそうです。最盛期には、島に歌舞伎の舞台が50近くあり、日頃は侍や漁師や農家の役者さんが700人は居たそうで、とっても素晴らしい事と思います。此の小豆島歌舞伎、先の瀬戸内芸術祭にも勿論出ていまして、世界中の来客者から、大喝采を浴びているそうです。うん、此れぞ、生活と文化が程良くミックスされた、素晴らしい処と思うなァ。うん、当院には野球部を始め、幾つか部がありますけれど、演劇部を造るのも面白いかもしれませんね♡よおし、誰かやりたい人が居ないか、後で皆に聞いて来ようっと!

さて、相変わらず寒波は続く様ですけれど、皆様、防寒対策をしっかりなさって、素敵な週末をお過ごし下さい。其れでは、来週月曜日に又お会いしましょう(^.^)/~~~
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR