FC2ブログ

♥ マディソン郡の橋 ♡

ことごとに 人待つ心 寒椿、其れにしても連日寒いですよね。僕、年末からずうっと、風邪が抜けませんで、我ながら酷い鼻声、此れ、どうしたら治るのかなァ…。栄養価の高い物を食べればと思うのですけれど、食欲其のものが落ちてまして、こりゃ、無理にでもお腹に入れないと駄目ですね。よし、週末は、水炊きか寄せ鍋でも作ろうっと!

さて、新聞を読んでましたら、日本経済は大丈夫かなと不安になりました。と申しますのも、昨年末に、株価が急落しましたでしょ。政府は、僕達の年金のお金を原資に、日本株を大量購入しているんですが、株価が下がった為、かなりの含み損になってしまったとか。何と14兆円を超す損失の由、こんな事を続けていては、僕達、年金を貰えなくなりますぜ。しかもね、外国人投資家も、此の国に見切りを付けたのか、昨年の売り注文は、過去最多の6兆円近くだったそうでした。マーケットって正直ですからね、怖いなァ。僕、相当危機的状況と思うのですけれど、偉大なる我らが総理は、欧州を歴訪してまして、何がアベノミクスなんだか、ホント、いい加減にして欲しいですよね。僕、此のヒト、近来稀な無能と思えてなりません。

一方、日本以外のアジアの躍進ぶりって、羨ましくなる程です。経済誌を読んでましたら、今後大注目の、アジアのベンチャー企業が6社、紹介されていました。アプリからAIからオンラインから、夫々魅力的でして、こりゃ伸びそうだと感心しました。でもね、中国・インド・マレーシア・インドネシアが夫々1社、シンガポール2社でありまして、日本企業はゼロなんですよね、トホホ…。

もう1つ、「私が解決する」とアベ総理が大見得を切った、北方四島にしても、ロシア政府から厳重抗議される始末でしょ。「アベ首相の発言は、日露首脳の合意を歪曲するものだ」として、公式声明を発表しました。あ~あ。こんな事をやっていて、北方四島が返る筈がありませんよね…。戦後70年掛けて、まるで上手く行かなかった交渉ですよ。アベ総理の様に短兵急に仕掛けても、大損をする事は必定ですよ。ならばね、昨日、香港~マカオが橋で結ばれましたけれど、北方四島と日本の間に、橋を掛けてはどうでしょうか!?先ずは人的にも経済的にも交流を深め、相互理解がなってから、領土交渉を始めても、遅く無いですよ。

閑話休題、僕、橋って割と好きなんですよ。国内外を問わず、色んな橋を観て来ました。シンガポールのマリーナベイブリッジ。サンフランシスコのゴールデンゲイトブリッジ。サンディエゴのコロナド橋。カリフォルニアのビクスビルグリーク。インドのジャヤガタカ橋。ラスベガスのフーバーダム橋。シドニーのハーバーブリッジ。ブリスベンのグッドウィル・ブリッジ。香港の青馬大橋。明石大橋にうみほたる。関空連絡橋に東京ゲートブリッジ。瀬戸大橋に角島大橋。地元大分の舞鶴橋に弁天大橋。

でも僕、最も好きなのが、隅田川に掛かる多くの橋でして、何とも風情があって、最高なんですよね。しかもね、川の畔に船着き場があり、屋形船に乗って、天婦羅や船盛りのお刺身と冷酒を頂きながら、初夏の頃が良いですねえ、夜風に吹かれて橋を眺めて川下りなんぞ、もう堪りません♡でね、僕、橋を見る度に思うんですが、其の地域に必ず必要な物であり、人々の叡智と技術力の粋を集めた訳でしょ。ですから何だか感動しちゃうんです。例えば長崎の名所の眼鏡橋、有名な割には見ると小さいんで驚くのですけれど、此れが造られたのは江戸期、中国から来た僧侶の手によるものでした。山梨の猿橋、此れは百済系の技術者が造ったと謂われてますから、メイド・イン・コリアですね。横浜の吉田橋は、リチャード・ブラントンと謂う、スコットランド人技術者の手に依る物です。日本全国津々浦々にある多くの橋の原型は、其の土地を治めていた、大名達が造りました。そして、先にご紹介した隅田川に掛かる我妻橋、ちょうど浅草の中心地にあるんですね。此の我妻橋は江戸期に建てられたんですが、何と、浅草の住民達が全て出資して出来た橋なんですよね。橋を造るにあたり、どの国の人が設計しようと、誰がお金を出そうと、地域の為になるんだから、何の問題も無い訳で、昔の日本人は本当に大らかで、相互扶助の精神が根付いていたんだと、今更ながら感心します。世知辛い平成の今とは、まるで違いますよね。ホント、昔の人を見習って欲しいですよ、全く…。

さて、今日から3連休の方も多いかと存じます。まだまだ寒波は続く様ですが、皆様、素敵な週末をお過ごし下さいませ。其れでは、暫しの間ごきげんようさようなら。では来週火曜日、セイム・タイム、セイム・チャンネルで又お会いしましょう(^.^)/~~~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR