FC2ブログ

♪ 青い珊瑚礁 ♪

皆様、今朝の朝日新聞、ご覧になりました!?僕、本当に吃驚したのですけれど、京都大学の研究チームが、日立製作所のAIを使い、此の国の近未来を占ったんだとか。すると、悲観楽観織り交ぜて、2万通りの予想が出たんですって。すると、10年毎に大きな転機が来るそうでして、2030年と2040年が、大きな分岐点になる由でした。此処で選択を誤るともう、大変な事になるんですって。そして、日本の未来を明るくするには、地方と都市の共存しか無い、此れは間違い無いそうでした。そりゃそうですよね。拙ブログでも再三再四触れてますけれど、共存共栄しかありませんぜ。地方だけが栄えたり、都市部だけが繁栄しても、未来は無い訳でして、此れだけテクノロジーが発達しているんですもの、共存共栄は不可能ではありません。今、思い出したんですが、僕、幼い頃、ビートルズの大ファンでして、其れを聞く主な媒体は、AMラジオとレコードでした。動くビートルズを観る為には、ビデオを買わねばならず、しかも地方には売ってませんから、郵送で取り寄せ、しかも相当高かったもんなァ。其れが地方のハンディでしたが、今では、どんな僻地でも、YOUTUBEで瞬時にビートルズを観られますでしょ。

其れだけ時代は激変、進化しているんですが、相も変わらず旧態依然なのが日本の政界です。もう、本当に酷く、目を覆う有り様でしょ。先ず、東京五輪の建設費ですけれど、何時の間にやら、とうとう3兆円も掛かるんですって。でね、過去5会の五輪、シドニー・アテネ・北京・ロンドン・リオデジャネイロ、工賃を全て合わせて2500億円ですって…。明らかにおかしいでしょ。建設する途中で、ゼネコンや政治家や官僚が、金を抜きまくってるんでしょうね…。其れなのに、今春から物価が上がり、今秋には消費税が上がり、僕達国民の生活はもう、滅茶苦茶でありましょう。でね、此れ又驚愕したのですけれど、アベの野郎、年頭の記者会見で、「消費税は国民の皆様に全てお返しする」ですって。あのねえ、だったら消費税を取る意味が何処にあるの!?もう、論理が破綻しているとしか思えません。しかもね、今、沖縄の辺野古の海を、米軍基地にプレゼントすべく、埋め立ててるでしょ。そしたらアベ、「辺野古の珊瑚礁は移動しました。」ですって。此れ、真っ赤な嘘でありまして、そんな事実は無い上に、世界的に見ても、珊瑚礁の移動に成功した例は、今だかって無いそうです。どういう性格してるんだか、重度の虚言癖じゃないですかね。またね、其の総理を支える官僚も酷過ぎるんです。1年間に400回、女性にセクハラメールを送り、退職した官僚が、茨城県に天下りしてましたでしょ。もう1人、接待汚職疑惑で退職した官僚が、東京五輪の重職に就くそうですよ。

こんな馬鹿げた事をしていたら、冒頭触れたAIの未来予想のワースト・シナリオ、即ち日本崩壊になると思えてなりません。

でもね、僕、根っからの楽天家、オプチミストですから、此の国の未来を、決して諦めていません。先ずは政権交代すれば、このアホらしい政治も終わりますでしょ。そしてね、日本や諸外国の民間の底力、ポテンシャルって、凄いですもん。

医療の世界では、老化を防ぐ研究が凄まじい勢いで進んでまして、日本の若手研究者の間では、人間は150歳まで生きられると謂うのが、最早定説なんだとか。再生医療、遺伝子治療、ips細胞、老化抑制物質の発見等々、こりゃホントに150まで生きられるかも!?しかもね、例えば手足の不自由な方でも、最先端のロボット・アームは、体内まで融合しちゃうそうですし、若返るクラゲが発見され、其の細胞を何とか活かせないか、日本人研究者が長年取り組んでいるそうでした。だって、ロシアでは、脳の記憶のデジタル移植の研究までしているそうですよ!

閑話休題、僕、野球をこよなく愛しているのですけれど、此処最近の、アメリカ大リーグの進化って、最早ベースボール革命と呼んでも良い位、凄いんですよ。映画にもなりました「マネーボール」、此れは、守備や盗塁なんてどうでも良い、大事なのは出塁率だ、と謂うコンセプトでした。其の理論を打ち立てる為、情報分析のプロやパソコンの専門家を招き、他所のチームで埋もれている、脚は遅いけれど選球眼が良く、フォアボールを選んで塁に出る選手をかき集め、大旋風を巻き起こしたんですね。其の後、守備位置のシフトの革命が起きました。即ち、打者の打球の方向を全てデータ化したんです。グラウンドを何百分割もし、打球方向を分析、飛んで来る処で守っていれば良いと謂う発想ですね。ですから、同じ球を15球続けて投げ、思い通りの処に打球を飛ばさせようと謂う訳でして、しかも其れ、ドローンで空撮して分析してるんですもん。そして去年、フライボール革命と謂われてるんですが、此れ、ゴロよりフライを打つ方がヒットになる確率が高いと謂う訳なんですよ。ですから、ボールの芯の少し下を叩き、敢えてフライを打つと謂う打法が今、大リーグでは大流行しています。今、流行っていますのが脳トレでして、専門のカウンセラーが付き、選手の意識改革を行っています。投手の側も負けてはいませんで、バック・ドアにフロント・ドア、ナックル・カーブやワン・シーム、新たな球種が続々と生まれてますもんね~。球界にも其のうち、作戦分析の為のAIや、練習用ロボットが導入されるのは間違い無いでしょう。

野球と謂うスポーツですら、此の15年で此れ程の飛躍的進化を遂げているんです。ならば、優秀な日本人が、各界で其れが出来ない筈が無い、僕、そう確信しているんです。でも、優秀な若い人材を活かす為には、今の利権まみれの政界では不可能でして、うん、やっぱり政権交代しか無いなァ。冒頭触れました様に、此の国に残された時間はもう、10年しか無い訳で、こうなったらもう、野党も与党もありません。有為で有能な政治家達が恩讐を超え、呉越同舟大同団結、新党を造って、政権奪取して、此の国を変えてくれないかなァ…。そんな新党が出来たら僕、全力でバック・アップします!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する