FC2ブログ

✝ アウトランダー ✝

時代錯誤で頓珍漢、ホントに溜息ばかりなんですが、世界経済フォーラムと謂う団体が、或る統計を取ったんですって。世界各国の女性の社会進出について調べた処、日本は110位の由、先進国ではぶっちぎりの最下位でありました。女性蔑視と謂いますか差別と謂うか、他の国々に較べ、女性議員や女性社長の数が、非常に少ないそうであります。あのねえ、今、世界の女性首相或いは大統領って、ドイツやイギリスやスイスを筆頭に、16人もの優れたリーダー達が、国際政治の最前線で、大活躍されておられます。因みに、今まで世界70か国、81人の女性首相が誕生していまして、そうじゃないのは、アメリカと日本位じゃないですか!?其のアメリカにしたって、ヒラリーさんは大統領になる寸前でしたし、次の大統領選も、野党民主党は、女性候補を立てる可能性が極めて高いんです。日本の政界を見ても、女性総理が出そうな感じは皆無ですもんね。あ~あ、日本って、世界最悪の女性差別大国じゃないかしらん…。医学部入試の女性差別問題についても、現役の医大生1万5千人が、「其れはおかしい」と署名を集めましたけれど、黙殺状態ですもんね。そして、都立高校では、学生全員に、「東京五輪のボランティア希望」の用紙を配布、「とりあえず書いて、全員提出する様に!」と先生が命令したとか。あの~、其れ、ボランティアじゃなくて、強制でしょ。何がボランティアですか、馬鹿馬鹿しい。僕が其の教室に居たら、其の用紙を紙飛行機にして、先生に向けて飛ばしてやりますぜ✈

そしてね、僕、空いた口が塞がらないんですが、リニア新幹線って計画中じゃないですか。僕、現状の新幹線で充分と思うなァ。で、此のリニア新幹線、9兆円掛かると謂われているんですが、どうにも雲行きが怪しくなりまして、3兆円を税金から出すそうです。どうやらね、建築費が数兆単位で増えている気配なんですよ。あのさあ、此れから此の国は、どんどん人口が減るんですよ。なのに、巨大な投資をして、鉄道路線を増やしても、利用者が居ないでしょうに…。

心の底からがっかりするんですが、五輪に万博に新幹線で、経済浮揚を狙うなんて、昭和30年代の発想でしょ。自民党も官僚どもも、おつむの出来が悪過ぎて、もう話になりませんやね。

今朝の日経を読んでましたら、日本中で、百貨店がどんどん閉鎖しているんだとか。2017年には7店舗が、今年は6店舗が、そして来年は6店舗の閉店が既に決まっているそうでした。うん、先の自民党同様、デパートと謂うビジネス・モデルが、現代にそぐわないと謂う証左でありましょう。まァねえ、今は郊外型のショッピングモールや、JRの駅ビルが主流ですもんね。デパートはまるで恐竜の様な物、どんどんと衰退して行くのでしょう…。

皆が気付かない間に、価値観や思想や嗜好が劇的に変わる事、其れをパラダイム・シフトと呼びます。特に現代は、急激に価値観が変わる訳ですから、其の流れに付いて行けない人や組織は、滅びて行くんでしょうね。今、日本の自衛隊は、空母保有にしゃかりきになっています。空母を持つ事は、海上自衛隊の長年の悲願と謂うのは良く分かるんですが、少々時代遅れじゃないですかね。と謂いますのも、古今東西のあらゆる戦争において、常にパラダイム・シフトが起き、新たな武器や作戦を用いた方が、必ず勝つんです。モンゴルの英雄、ジンギスカンが世界を制したのは、騎馬部隊と強力な弓矢でした。織田信長は鉄砲。欧州全土を征服したドイツは戦車と爆撃機。第二次世界大戦の勝者のアメリカは、原爆と高高度を飛ぶ長距離爆撃機。其のアメリカに対し、日本の作戦は竹槍なんですよ!?1万㍍上空を飛ぶ爆撃機を、竹槍でどうやって戦うんでしょうか!?もうねえ、僕、情けなくて涙が出ますよ。さて、此れらの武器、何れも開戦前は、軽視或いは無視されていた物なんですね。ですから僕、日本の自衛の為には、空母では無く、例えばAI搭載のロボット兵とか、新たなコンセプトを取り入れるべきと思えてなりません。

様々な分野でパラダイム・シフトが起きています。僕、若かりし頃、オーストラリアのメルボルンに2年程住んでいたのですけれど、バイト代を貯め、豪州のみならず、インドやネパールやインドネシア等々、様々な地を放浪していたんですね。で、豪州の砂漠地帯をバス旅行していた時の事、物凄い数のラクダの群れを見て、本当に吃驚しました。拙い英語で現地の人に聞くと、「何匹居るか分からないよ。多分数百万じゃない。」と謂う返事にも驚きました。其れから月日は流れ、ラクダの事はすっかり忘れていたんですが、今朝の朝日新聞に、「豪州のラクダファーム」と謂う記事が出てたんですね。何と、其の野性のラクダ達を飼い慣らし、世界遺産であるエアーズ・ロックに行く際の、観光客の移動手段として、大人気なんだとか。夕闇迫る砂漠を、ラクダに乗った人が行く、まるで平山郁夫の絵其のままでして、しかし、どんな処にもビジネス・チャンスってあるんですね~。

日本の松山、道後温泉の老舗旅館「大和屋本店」さんは、同館内に、能舞台を併設したんだとか。常に能を楽しめ、そしてフランスのTV局とタイアップ、日本の魅力を紹介する番組を、EUで放送したそうです。勿論、大和屋本店の中でたっぷり撮影を行なった訳で、此の発案者は、80歳の会長ですよ、いや、感心して感動しました。

スコットランドの経済が絶好調と、昨日の拙ブログで書きました。でね、吃驚したんですが、観光も絶好調なんですって。何と、過去最多の320万人の外国人観光客が、スコットランドを訪れた由、確かに風光明媚かつ治安の良い土地柄ですから、分からんでは無いですよね。でも、其の観光客のお目当ては、ドラマのロケ地の巡礼の旅なんですって。「アウトランダー」と謂うドラマだそうで、既にシーズン4に突入、5・6の放送も既に決まり、記録的な視聴率なんだとか。原作は既に2500万部を超すメガ・ヒットだそうです。ダイアナ・ガバルトンと謂う、動物学博士の女性が書いたのも驚きですよね。さて、粗筋は、20世紀に生きる人妻が、18世紀のスコットランドにタイム・スリップ、其処で精悍で勇敢で思いやりのある、知的で誠実でロマンチストなイケメンの戦士と出会うと。何だか赤面しそうな感じですし、展開も読めそうですけれど、ところがどうして、美男美女の激しい恋愛あり、スコットランド独立運動の政治ドラマあり、戦闘シーンあり、近世のイギリスの珍しい風俗あり、そして美しい自然の景観ありと、見所は充分過ぎる程でして、う~ん、此れ、TSUTAYAに行って借りてこようっと♡

縷々綴って来ましたけれど、世界各国の皆さんが、今まで無かったビジネス・スタイルで、夫々大成功を治めている訳で、自民党の皆さん、五輪や万博や新幹線等、過去の高度経済成長の夢はもう忘れませんか!?世の中はどんどん動いてますよ~。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR