FC2ブログ

☀ 太陽の塔 ☀

読者の皆様、おはようございます。3連休、如何お過ごしでしたか!?冬の日や 馬上に氷る 影法師、僕、今年最後のまとまった休みでもあり、出張に行って参りました。連日の移動が続き、結構疲れたんですが、とある山中の街で、少しだけ散策する時間が取れたんですね。大きな河が流れ、夕陽が川面に光り、瓦屋根の家屋が並び、道行く人はおらず、どうにも鄙びた風情でして、何処へ行くとも無く、気の赴くままにフラフラ、此れって旅の醍醐味だなァと思っていましたら、小さな土産物屋があり、何かあるかと入ってみたんです。店長さんらしき女性と言葉を交わしたんですが、日本語ではあるんですが独特のアクセントでして、あれ、日本の方じゃないのかなァと思ってましたら、電話で呼ばれたんですね。そうしましたら若い女性が出て来まして、「ごめんなさい、聞き取りずらかったでしょう。母なんですが、フィリピン人なんですよ。私は其の娘です。」と流暢な日本語で喋っておられました。こんな山間の街にも、外国の方が移住し、そして其の2世の方までいらっしゃる訳で、何だか不思議な気がしました。頑張って欲しいなァと、幾ばくかのお金を払い土産物を買い、翌朝帰途に着きました。大分でお昼を摂ったんですが、注文を聞かれたのはインド系の方でして、後ろのテーブルでは白人カップルが器用に箸を使って、ご飯を食べてたんですね。コンビニで飲み物を買ったら、中央アジア系の店員の方でして、大分でもこうですもんね~。都内のコンビニだって、殆どが外国の方でしょ。恐らく、日本全国津々浦々で同様な筈、此れはもう、外国の方と共存共栄、仲良くやって行くしか無いんだなァと、再認識しました。

でね、帰りがけ、九州・山口圏内で発行される、西日本新聞と謂う地方紙を読んでいたんです。「外国人共生、自治体任せ 『国の関与』 不明確」と一面に大きく出ていました。因みに、全国紙は何も書いてませんでした。さて此れ、どういう事かと申しますと、日本語教育や生活相談、災害時支援に法整備等々、国が何処まで支援してくれるのか何も分からず、どうやら地域や自治体に丸投げするみたいなんです。あのねえ、此れから5年間で34万人の外国人を受け入れる上、其れはどんどんなし崩しに無制限になる勢いでしょ。其れなのに、国が何もしないって、そんな無責任な話ってあります!?先に触れた、昨日触れ合った外国の方々、皆さん穏和で、此の国にすっかり馴染んでいる感じでしたけれど、日本政府は呼ぶだけ呼んどいて、何のフォローもしないんですねえ。僕、本当に恥ずかしいですよ。どうせ何もしないのならば、国の権限を大幅に減らし、地方に移譲すべきです!もう、中央集権は止め、地方分権に移行するしかありませんぜ。中途半端は一番拙いと思うんですよね…。「地方には人材が居ない」なんて戯言を謂う人が居ますけれど、あのねえ、東京よりも地方の方が、人口は10倍なんですよ。野に遺賢あり、確率から謂っても、10倍の優れた人材が、地方に要る筈でしょ。

大体ね、此の度決まった大阪万博にしたって、愚の骨頂ですよ。もうねえ、東京五輪も同様ですけれど、巨大イベントを立ち上げて、其れで経済浮揚を狙ってるんでしょうが、発想が古過ぎて貧弱、陳腐極まりないですぜ。高度経済成長の夢よもう1度、だなんて、当時とは状況が全く違うでしょ。昭和30年代は、インフラ整備も未だ未だだった訳で、其の時に五輪や万博を利用して、一気に鉄道や空港を造るって理に適ってます。でもね、此れからの日本は人口も若者も減るんですよ。そんな中、万博の為に道路を拡張し、施設を新たに建てても、利用者は減るばかりじゃありませんか。どうしてこんな簡単な理屈が分からないのかなァ。

しかもね、自民党は、今回の万博誘致の為、世界100カ国に、240億円を支援するんだとか。其の他、万博会場の設置に、莫大な予算や土地を購入する由でして、もう此れ、狂気の沙汰ですよ。だって、お金の使い道って、山の様にあるでしょ。日本の子供の7人に1人は、日々の食事を満足に摂れていません。生活保護受給家庭は、過去最多です。年金問題だって、有耶無耶のままじゃありませんか。そんな中、来年消費税を上げるだなんて、もう悪魔ですよ。

僕、田中龍作さんと謂う、フリージャーナリストの方のブログを読むのを楽しみにしているんですが、彼が、四国の徳島の精密機器メーカーの取材をしたんですね。其のメーカー、取引先は数十社ある由なんですが、忘年会や新年会を開ける会社って、僅か1社か2社だそうです。徳島の夜の繁華街も、誰も歩いていないそうで、こりゃあ、実体経済は酷いもんだと思いますねえ。其れで居て、日本国は1000兆を超す借金がありながら、五輪や万博に巨費を投入するんですもん。因みに、万博の会場設営に1250億、地下鉄や道路整備で540億掛けるのは決定ですって。僕、1万円賭けても良いですけれど、東京五輪同様、運営費は5倍10倍に膨らみますよ。此れ、多額の借金を抱えた家庭が、返すあても無く又大金を借り、大酒呑んで乱痴気騒ぎの大盤振る舞いをし、憂さ晴らしをしているだけと思うなァ。行き付く処は大破産ですよ…。

大体ね、大阪で万博を、東京で五輪をやる理由、必然性って何なんでしょう!?僕、日本政府は、「金の為」としか答えられない気がしてなりません。因みに、フランスのパリも、万博に立候補していたんですが、早々に撤退したんですね。其の理由は、「客が集まらなかった場合、フランスの納税者がリスクを追うから」ですって。僕、此れが大人の冷静な判断と思うなァ。万博や五輪って、其の時最も勢いがある都市が開催すべき、僕、常々そう思ってたんです。かっての大阪万博は、インフラ整備を兼ねつつ、戦争が終わって平和になった日本をアピールすると謂う、一石二鳥のイベントでした。ですから、此処最近の万博開催地を見て下さいよ。去年はカザフスタンのアスタナと謂う地で行われましたが、日本のメディアはまるで無視でしたでしょ。実は此のアスタナ、中国が提唱する「一帯一路」プロジェクトの要衝の地であり、世界中の投資家が注目している地なんですね。そして2020年の万博は、UAEのドバイ、謂わずと知れた、中東一のお金持ちの街であり、アラビア半島最大の、巨大金融都市じゃありませんか。果たして、今の大阪に、そんな勢いなんてあります!?

僕、此の国は、分相応の政策を取るしか無いと思います。五輪や万博なぞ、一過性のイベントは止めましょう。今はじっと我慢、教育や福祉に投資し、子供や若者を大きく育て、次世代の彼らに此の国を託すべきです。其の為にも、彼らにお金を残しましょうよ。ですから僕、此の病院の重職に就いてからずうっと辛抱我慢、若いスタッフを育て、働き易い環境を造るべく、長年努力して来ました。ですから、図書室の蔵書も十倍以上となり、研修費も惜しみませんでした。看護学生さんの数も相当多いですし、様々な学校と提携し、そして当院の保育所から育った子供達も、もうかなりの数ですもんね♡よおし、地方が変われば国も変わるのは必定なんですから、先ずは当院から改革の旗を再び高く掲げ、今週も頑張るぞ!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR