FC2ブログ

汝の隣人を愛せよ

読者の皆様、おはようございますm(__)m。昨日は拙ブログを更新する事が出来ず、誠に申し訳ございませんでしたm(__)m。一枚の 毛布親しや 風邪心地、あきらかに 風邪ぞとおもふ 酔いの後、くれなゐの 紐に衣を締め 風邪ごもり、僕、どうも昨日の朝から熱があり悪寒がし、頭痛も酷かったんです。週末の北部九州の強行軍が悪かったのかなァ…。でも、うんと厚着をして早寝し、カラスカァと啼いて目が覚めたら、大量の寝汗をかいてまして、どうやら熱は下がった様子、まだフラフラしているんですが、何とか出社した次第です。大事に至らず良かった。此れから年末に向け、段々と忙しくなりますからね、寝込んじゃいられませんぜ。

さて、昨夕は僕、褥中にあって、横になってTVのニュースを見ていたんですが、日本の政界の醜態たるや、熱が上がるんじゃないかと謂う位に腹が立ちました。だって、片山さつき地方創生大臣、不明朗な政治資金報告書の問題で、幾度と無く訂正を連発してますでしょ。おまけに此のご仁、口利き疑惑があって、ご本人の音声テープまで出ているのに、白を切り通しているじゃありませんか。厚顔無恥とは此の事でありましょう。桜田五輪担当大臣は、オリンピックについて聞かれまともな国会答弁が出来ず、「知らない」を連発ですもんねえ。平井卓也内閣府担当大臣は、暴力団系企業から献金を受けたんですって。事実上の移民受け入れである、入国管理法を巡る国会答弁でも、政府側の対応は滅茶苦茶でして、具体的な話はちっとも出ませんでした。こんなにいい加減で良いんですかねえ…。

大体ね、外国の方に「魅力的な国は何処か」のアンケートを取った処、日本は63か国中51位だった由でして、アジアでは最下位なんですって。アベ総理は「クールジャパン」と嘯いてましたけれど、まるで人気が無いじゃん。でね、日本政府は主に、東南アジアから安い労働力をと考えているんでしょうが、例えばタイやシンガポールだって少子化なんですって。だったらねえ、日本に来る筈がありませんぜ。取らぬ狸の皮算用とは此の事でして、自民党の皆さんの、おつむの出来の悪さには呆れ果てます。しかもね、アベノミクスもとうとうメッキが剥がれまして、今夏のGDPって、年率-2・1㌫ですって。其れなのに消費税を10㌫に上げ、しかも将来は19㌫にすると謂う噂も飛んでいます。あのねえ、景気が悪いのに税金を上げてどうするの!?消費は冷え込む一方でしょ!最早常軌を逸しています。

僕、恐れている事がありまして、今、世界中が右傾化し、分裂の危機でしょ。昨夜投票のアメリカの中間選挙は、未だ結果が出ていませんけれど、どうやら上院は与党共和党が、下院は民主党が過半数になりそうでして、完全に割れています。イギリスはEUから離脱し、ケルト系のスコットランド・アイルランド・ウェールズは夫々、独立の可能性がありますでしょ。スペイン国内でも分離独立の動きがあり、ブラジルでは極右の大統領が誕生しました。そして南海の楽園、天国に一番近い島と呼ばれるニューカレドニア、此処はフランスの委任統治領でして、即ち実質的な植民地なのですけれど、昨日、独立するか否かの国民投票が行われました。結果は独立反対派が1万7千票差で勝利しました。でもねえ、此れって微差ですし、先住民族の独立運動って、もう半世紀以上やってますからね、次に投票したらひっくり返るかもしれませんよ。

実は、1980年代のニューカレドニアの独立運動派のリーダーは、フランス軍の特殊部隊から殺された可能性が極めて高いんです。こういう緊迫した状況になると必ず、敵対する相手を消せ、と謂うケースになりがちでして、こんなのねえ、国家の名は付いてますけれど、暴力団のヒットマンと変わりませんぜ。世界史を見ましても、古来から暗殺集団って沢山居たんですよ。かなり物騒ですし、決して許される事はありませんけど、今日の拙ブログは少しだけ其のお話を。

お釈迦様を産んだインドですけれど、何故か其の暗殺集団が多いのは歴史の不思議でありましょう。尤も、そんな物騒なお国柄だからこそ、逆にお釈迦様が産まれたのかも!?さて、其のインドの古代には、ヴィーシャ・カンヤと謂う美少女集団が居ました。幼い頃から少しづつ毒を飲ませて育てると。すると毒に対して免疫が出来ると。で、敵対する国の王様に仕え、食べ物に一服盛るんですって。怪しまれない様、一緒に食べるのですけれど、自分は毒に耐性があるので助かると謂う按配なんです。此の手の集団、世界中に居まして、枚挙に暇がありません。同じくインドのタギー。ナチス・ドイツが結成した「人狼」。セルビアのブラック・ハンド。イスラエルのナカム。凄いのはアメリカのマフィアでして、1930年代の事なのですけれど、24時間営業のコンビニで、暗殺依頼を受けていたそうで、此処まで来るともう、言葉もありません…。もっと凄いのはチェチェンでしょうか。此の国は何世紀にも渡りロシアから迫害を受け続けたんですね。其の犠牲者は何千万人にも達すると謂われているんです。とうとうチェチェンの160の部族が結集、山に籠り、ロシアに対しテロを繰り返すんですね。其処にマフィアやイスラム教徒も絡んでしまってさァ大変、2度に渡る大激戦を経て、国土の8割は崩壊しました…。現在は沈静化しつつあるんですが、其れでもロシアに復讐を誓い、国内外に潜伏しているグループも多く、全く予断を許しません。

分断や排除や憎しみからは、先のチェチェンの様に、何も生まれません。パーソナルな話で恐縮ですが、僕、もしかすると、他人様よりは嫌な思いを散々している方だと思うんです。今だって、嫌だなァと思う事は多々あります。でもね、人を恨んだって何も始まらないでしょ。青臭い理想論と嗤われそうですけれど、誰だって必ずや長所がある筈、ならば其処を認め、仲良くやる事って充分可能でしょう♡どんなに偏屈で気難しい人だって、長い時間を掛け話し合い、譲る処は譲り、相互理解を深めれば、何時の日かきっと、積極的は賛成はしなくとも、反対はしない筈、僕、そう信じているんです。感情をむき出しにして叱り付けても、互いに不快になり、溝が深まるだけでしょ。ならば怒りを感じてもぐっと堪え、ならぬ堪忍するが堪忍ですよ♡トランプの様に、移民が来る処に大量の軍隊を出すってのは、如何にも幼児的で下手糞な手段でしょう。僕、各国の首脳陣が忍耐と許容の心を持てば、様々な問題がどんどん解決すると思うんだけどなァ…、甘いですかね!?
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR