FC2ブログ

☀ rising sun ☀

しかし、積水ハウスが被害にあった詐欺事件、酷かったですねえ…。だって、55億円を騙し取られた由でして、男女に外国籍らしき人物も含めた、10数人のグループが犯人だそうで、主犯格は既にフィリピンに高飛びしてるんでしょ。犯罪も国際化と申しますか、凄い時代になったものですけれど、此れ、僕、幾つか原因があると思うんですよ。此の犯人達、俗に地面師と呼ばれているそうですが、今、都市圏では地価が高騰してますでしょ。なのに所有者は高齢化、殆ど放置されている土地が随分増えたんですって。よって此の地面師が暗躍する土壌が出来上がったんじゃないかしらん。少子高齢化って、犯罪にも影響を及ぼすんですねえ…。其れで思い出したんですが、日本の中小企業って、社長さんが高齢化し、哀しい事に後継者が居ないと。で、日本の中小企業の3分の1、凡そ127万社に廃業のリスクがあると。約650万人が失業するのではと謂われて久しいんです。で、経済産業省が、此れらの中小企業のM&A情報を集めたデータベースを、外資系企業に開放するんだとか。例えば宮城県の温泉旅館が香港企業に買われたり、大分のもやし生産大手会社は、アメリカの投資グループの傘下に入ったそうです。う~ん、企業存続の為にはやむを得ないのかもしれませんが、先ずは国内企業同士で、売買のマッチングをすべきじゃないですかね。じゃないと、其の企業の持つ技術力やノウハウが、外資に全部取られちゃいますよ。経済産業省って、誠に亡国の徒でありまして、許せんなァ。

医療業界のダークサイドの話になるんですが、国の医療費の締め付けで、凡そ3割の病院が赤字と謂われています。経営状態の厳しい病院には、怪しげなブローカーが近寄り、喰い物にされてしまうんだとか。もう1つ、アベ政権は地方創生とぶち上げてますが、真っ赤な嘘でして、僕、読んでて悲しくなったんですが、山梨県に、大正元年創業の「やまと」と謂う大型スーパーがあったんですって。此のやまとさん、山間部や僻地にも軽トラで移動販売、老人達に非常に喜ばれていたんだとか。又、障害者雇用や貧困家庭への食品の寄付等も行い、勿論黒字であり、地元では知らない人が居ない優秀企業だったんですって。ところが好事魔多し、イオン等の大型店が続々と参入した上、此処の社長さんは有名人でしたから、凄まじい嫉妬や中傷もあり、とうとう潰れてしまったそうでした。其の地域特有の事情や歴史的経緯、地方ならではの濃密な人間関係等、様々な問題が絡み合い、東京在住の世襲議員が、地方創生って謂っても、何の説得力も無いですよね。

以前の拙ブログでも触れましたけれど、日本の研究者のレベルは年々歳々落ちる一方ですし、経済成長率も、先進国で最低だったでしょ。アメリカ32㌫増、フランス24㌫増、日本1㌫減、其れなのに消費税を上げるって、最早常軌を逸してますぜ。あのねえ、景気が悪い時に税金を上げて、消費が増える筈も無く、此れすら分からない位、日本の政治家や官僚は頭が悪いんですよ、もう嫌になっちゃう…。筆の穢れですから詳しく書きませんけれど、今の内閣の面々、柴山に菅、アベにアソウ、下村に稲田、み~んなスキャンダルばっかりでしょ。本当に此の国は問題が山積しているんです。ですから、国民全員が、此の国の来し方行く末を、もっともっと真剣に考えなくちゃ!

外交にしても、政府高官が続々と辞めて行くトランプ政権と、此のまま付き合っていて良いんでしょうか。そして、増える一方の外国人ですが、どう対応するのか、もういい加減に腹を決めなくちゃ。日本政府は本当にいい加減でして、何も考えておらず、外国人の方々と付き合うのは結局は我々民間の現場でしょ。物事何でも一長一短でして、外国人が来日して、日本で診察し高度な医療を受け治癒し、高額な医療費を踏み倒して帰国、と謂うケースも頻発しています。かと思えば、外国人労働者の時給が200円と謂うブラック企業も多々あるそうです。栃木県では、過酷な労働に耐え兼ねて会社から逃亡、職務質問をされ民家に逃げ込み、射殺された事件があったそうですよ…。或る識者のコメントは、「此の国には強い差別意識があり、目に見えない鎖国状態にある」ですって…。そして、此れ又考え込んじゃったんですが、イギリスがEUを離脱しますよね。彼の国の医療システムが崩壊寸前なんですって。どういう事かと謂いますと、EUのお蔭で、イギリスには欧州各地やかっての旧植民地から、多くのドクターやナースが集まったと。多くの病院で、沢山の多国籍医療チームが勤勉に働いているそうです。でも、イギリスがEUを離脱すれば、差別意識や排他的になる可能性が極めて高い訳でしょ。となると、優秀な先生方や看護師さん達は、何もイギリスで働く必要は無い訳でして、そりゃドイツでもフランスでもスペインでも、何処でも働けますもんね。ですから様々なメーカーも既に、イギリスを見捨て、欧州本土に支社や本社や工場を移してますもんね。イギリス政府も、日本政府に負けず劣らず、極めて愚かですよね。

閑話休題、いよいよプロ野球はクライマックスシリーズが今日開幕、セ・リーグは広島VS巨人、パ・リーグは西武VSソフトバンクでして、果たしてどちらが勝つのか、僕、今からドキドキワクワクしています。日本シリーズは恐らく、広島VS西武、そして広島が悲願の日本一と予想しますが、当たるも八卦当たらぬも八卦、果たしてどうなる事やら…。

でね、僕、此れからの日本の再生は、西武のチーム造りに学べと、声を大にして謂いたいんです。西武を率いるのは、往年の名選手、辻監督です。辻監督は、現役時代は何度も日本一になり、好打攻守俊足の名プレイヤーでした。広岡・森・野村・落合と謂ったプロ野球史に残る名将の元で学び、野球日本代表WBCでもコーチとして世界一となったんですね。将に野球を知り尽くした男なんです。僕、現役時代のいぶし銀のプレイぶりが目に焼き付いてますもの。そして歴代名監督から仕込まれた、緻密な野球で日本はおろか、世界まで制したんですね。ですから僕、辻監督が就任した時、往年の西武黄金時代の様な、守備と投手力とサインプレイをベースにした、精緻な野球をすると思い込んでいたんです。ところがどうしてとんでもない、辻監督って本当に頭が良くて感性に優れていると感心したんです。と謂いますのも、辻監督の現役時代の昭和の選手と、今の平成のプレイヤーでは、考え方から気質から練習法から、まるで違います。そして、辻監督就任前の西武って、かっての強豪ぶりはまるで無く、最下位に転落する程でした。流石の辻監督も苦戦するだろうな、でも、投手と守備を鍛え上げ、渋い強さを発揮すると僕、思っていました。西武は今年ぶっちぎりで優勝したんですが、投手力は極めて弱く、守備も左程優れないんですが、明るく溌剌とした若手野手達が自由奔放に、打って打って打ちまくるチームだったんですね。サインプレイは殆ど無く、盗塁も選手の自主判断に任すと謂う采配でして、僕、現役時代の緻密なプレイヤーだった辻監督を知っているだけに、本当に吃驚しました。

辻監督曰く、選手の自主性と個性を重んじ、そして励まし、信じたそうでした。でね、辻監督が凄いのが、チーム状態を見た時、とても自分の現役時の様な、緻密な野球は出来ないと直ぐ分かったと思うんです。ならば、今いる選手達の長所を最大限に伸ばし、打ち勝つ野球をしようと、180℃方針転換したんでしょう。此の柔軟性と感性には脱帽であります。

ですから僕、日本の国も、西武流でやれば良いのにと思うんですよ。少子高齢化をきちんと認識し、ならばロボット産業に力を入れ労働力を機械化すべきでしょ。原発は危険極まり無いんですから、太陽光にどんどん切り替えると。国の財政がピンチならば、国会議員や官僚を沢山減らせば良いじゃありませんか。現状を把握し、従来の価値観を棄て、柔軟性を持って対応すれば、日本人のポテンシャルって凄いんですもの、西武の様に、直ぐに再生出来ると思うんだけどなァ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR