FC2ブログ

♪ 希望という名の光 ♪

朝夕は随分と冷える様になりまして、僕、ほんの少し風邪気味なのですけれど、皆様、週末は如何お過ごしでしたか!?僕、此の季節になりますと、何と謂っても食べたくなるのが、硝子戸に おでんの湯気の 消えてゆく、俳人高浜虚子も大好物だった、そう、おでんであります。熱々のちくわぶや厚揚げやしらたきを、辛子に付けて黒松剣菱の人肌燗でやると。あ~、もう堪らないッス!未だ早朝なのですけれど、何せ冷えますからね、いきなり食べて呑みたい処ですけれど、其れは今宵まで我慢しまして、おでんの歴史って古いんですよね。原型は室町期の味噌田楽だった由、其れが段々と進化、江戸期に今の様なおでんとなったそうであります。僕、かっての拙ブログで、東京のおでんの名店、銀座八丁目にある「お多幸」はご紹介したかと思います。で、今日は西の名店、大阪は道頓堀にある、「たこ梅」について少し書こうかな。僕、以前勤めていた病院ではかなり出張が多く、大阪もしばしば訪れていたんですが、秋から冬にかけて来阪した際には、此のお店には良く顔を出していました。創業弘化元年、170年以上続く、日本一古いおでんの店でして、味の良さは僕が保証するまでも無く、開店の17時前から長蛇の列なんです。此処のお薦めは、何と謂っても鯨でしょう。さえずりと呼ばれる舌の部分、ころと呼ばれる鯨の皮を脂抜きした物、何れも絶品なんです。で、名物の飯蛸の甘露煮を、錫のチロリの燗酒でやれば、其の日の疲れは吹っ飛んでしまいます。あ~、何だか行きたくなって来たな~♡

さて、昨日は僕、ひねもすのたりのたりかな、終日怠惰に過ごしていたんですが、お昼時、よく冷えた白ワインとチーズを片手に、WOWOWの007特集を観ていました。僕、殆ど観ているんですが、シリーズ全24作を一挙放送との由でして、楽しみにしていたんです。昨日観たのは、18作目の「トゥモロー・ネバー・ダイ」と、19作目の「ダイ・アナザー・デイ」でした。でね、僕、とっても感心したんですが、此の超人気シリーズも、時代の流れに非常に敏感でして、頻りに変化し、進化を繰り返しているんですね。昔のボンド・ガールって、金髪でグラマラスでセクシーな美女ばかりでしたけれど、今はもう、全く違いますもの。北欧系に香港、フランスにイタリア、黒人にアジア系、ハーフに東欧と、国際色豊かで、将に百花繚乱であります。でね、どんどんと女性が強くなりまして、昨日観た「ダイ・アナザー・デイ」など、ヒロインのジンクス役を演じたハル・ベリーの方が、ジェームス・ボンドより余程強く、魅力的でしたもの。最近のボンドガールは、セクシーでグラマラスなイタリアの宝石、当時51歳のモニカ・ベルッチが演じた事が大きく取り上げられました。シリーズ最新作では、大事な役柄である、マニー・ペニー役もうら若き黒人女性になり、秘密兵器担当のQ役を演じるのはゲイの役者さんですもんね。矢張り、世界屈指の人気を誇る映画シリーズを維持して行くには、其の時代に合わせて、常にバージョンアップし、アップトゥデイトする必要があるのでしょう。

閑話休題、其れに付けても旧態依然、いや寧ろ、時が止まって時代に逆行しているのが、現政権の面々ではないでしょうか。だってね、EUを始めとして、全世界が太陽光エネルギーに転換しつつあるのに、日本は未だ、原発にしがみ付いてますでしょ。そして、アベ総理のオトモダチだけが恩恵を受け、経済格差は広がるばかりじゃありませんか。そんな状況なのに消費税は来年、10㌫に上げるんでしょ。此れ、自殺行為ですぜ…。どうやら外国人労働者の受け入れは、ハードルが随分と下がり、殆ど無制限になりそうな勢いです。でもね、僕、新聞で此のニュースを読み、愕然としたんですが、其の外国人労働者の方々、過酷な労働条件や粗悪な環境に粗末な食事と謂った条件で契約を余儀無くされ、自殺したり突然死したりする方も多いんだとか。都内には、其の犠牲者を弔うお寺もあるそうでした。何だか、単なる奴隷と申しますか、働く機械としてしか、見てないんじゃないかなァ。僕、此れだけグローバルでボーダーレスな時代に、移民問題って、避けて通れないと思うんです。受け入れる僕達、外国から来た人々、互いが尊重し合うべきなんですが、こんな扱いではいつか必ず、しっぺ返しを喰らいますぜ。しかもね、善良な人々は兎も角、日本に来て治療を受け、踏み倒す悪質な輩や、アンダーグラウンドの連中が入国した時、何か防ぐ手当てはあるんですかね!?

しかもね、僕の世代はどうせ貰えないであろう年金、此れも政府の不手際で、手数料を多く払い過ぎ、6億円も損をしたんだとか。此れ、民間企業ならば、担当者はおろか、責任者や関係者全員の首が飛ぶと思うんですが、どうせ官僚の誰もお咎め無しなんでしょ。此れ以外にも、赤字国債に放射能の垂れ流し、少子高齢化にTPP等々、問題は山積しているのに、東京五輪と消費税増税に憲法改正って、時の為政者の面々のやる事は、本当にピントがズレている様に思えてなりません。

山下達郎の名曲、「希望という名の光」の一節に、♪底知れぬ闇の中から かすかな光のきざし 探し続けるその姿は 希望という名の船♪と謂う歌詞があります。僕、どんな悲惨な状況でも、必ずや再起の芽はある物と信じて止まないんです。其れは僕が、かって悲惨かつ絶望的な状況に何度も追い込まれましたけれど、諦めずに這い上がって来たからこそなんです。機会があれば何時か、拙ブログでご紹介します。今日は字数の制限もあり割愛しますけれど、さて先日、チェコの首都プラハで、第42回世界オセロ選手権が開催されたんですって。世界30か国、90人のプレイヤーから成る激戦を制したのは、日本人でした。其れもね、小学5年生の福地君と謂う、シャイであどけなく、そしていたいけな11歳の少年でして、史上最年少優勝の世界チャンピオンとなったんですから、いやはや何とも、素晴らしい快挙ですよね!福地君本当におめでとう、先ずはプラハの方角に向かって最敬礼、スタンディング・オベーションでありましょう。

話は変わりますがもう直ぐプロ野球ドラフト会議、僕のこよなく愛する阪神に誰が入団してくれるのか、今からドキドキハラハラしているんですが、高校野球界で、吃驚するニュースが飛び込んで来ました。関東を代表する超名門であり、強豪校の日大三高が、秋の都内予選で敗退しちゃったんですね。日大三高と謂えば、甲子園出場37回、全国制覇3回準優勝3回と謂う輝かしい実績で有名です。今年の夏の甲子園でもベスト4でしたもんね。で、秋の東京都大会で5-7で負けたんですが、相手は目白研白と謂う、全く無名のチームなんですね。2009年に創部したばかり、当初部員は僅か2名、校庭は極端に狭く、まともな練習も難しく、今まで公式戦で勝てる事は稀だったとか。ならば何故、そんな弱小校が、強豪校に勝てたのか、僕、目白研心高校の監督さんのインタビューを読んで感心しました。「チームが同じ方向を向いていれば、其の中で各自がどんな動きをしても構いません。野球をやらさせるのでは無く、如何にやる気にさせるかでしょう。野球は楽しいんです。楽しければ自然と笑顔になる。勝てばもっと楽しい。ならば自然と真剣になるでしょ。」ですって。其のモチベーションを楽しさを武器に、プロ野球候補生がゴロゴロ居て、猛練習で知られる日大三高に勝つんですもの。目白研心野球部ナインは、きっともっと、野球が楽しくなったに違いありません♡

そして今、社会問題化しているひきこもりの人達が集まったIT企業が急成長しているそうです。成程、ひきこもっていても、ネットで社会で繋がっている訳ですから、確かにビジネスは可能ですよね。此の会社、ホームページ作成やアプリ開発を生業としている由でして、うん、立派じゃありませんか。彼らはひきこもりではあるけれど、其の繊細さや感受性や仕事の丁寧さは、素晴らしい物があるんだとか。今、此の国には凡そ、55万人ものひきこもりの人が居るそうですが、今、在宅勤務が普及し、エンジニア不足でもありますし、此れだけSNSやネットが進化してますでしょ。此の55万の人達が、もしかしたら社会を大きく変えるかもしれませんよ。
僕、此の国が危機的な状況だからこそ、国民皆の叡智を結集すべきと思うんです。其処には、ひきこもりだろうとLGBTだろうと、ましてや年齢や経歴や性別なんて、何の関係も無いでしょ。現政権の様な排他的かつ差別的な思考を止めて初めて、此の国の新たな道標が見えて来るんじゃないかしらん。さて今日は週の初め、複数の会議に新入社員のオリエンテーションでの講義と、仕事が山積してますが、読者の皆様と共に、僕、今週も精一杯頑張ります!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR