FC2ブログ

興味が続く限り、集中力は続く

こんな人が総理を続けていて、本当に良いのか、僕、此の国の来し方行く末を考えた時、不安になるんですよ…。冒頭から暗い話で大変恐縮なんですが、アベ総理、直ぐバレる嘘ばっかり付いてますでしょ。嘘つきは泥棒の始まりって、学校で習わなかったのかしらん。と申しますのも、先ず、アベ総理は口利きは無かったと国会で強弁してましたが、昨日アメリカの大手ニュースサイトが、「アメリカ資本のカジノが日本に参入出来る様、トランプ大統領が強く求めた」そうでした。あの~、其れって口利きじゃないんですかね。で、確か年金についても、「全ての人に行き渡る様にする」と謂ってた筈なんですが、何時の間にか、「高齢者の自助努力を促進し、年金制度を見直す」そうなんです。アレレ、其れを翻訳しますと、「年金はもうあんまり支払いませんよ」って事になりませんか!?日米共同声明でも、姑息な嘘をついてましたし、森友や加計の問題に至ってはもう、謂わずもがなでしょ。しかもね、ロシアから北方領土を取り返すと息巻いてましたけれど、経済協力の美名の元、3000億取られちゃいました。其の挙句、北方領土はどんどん、軍事基地化しているそうじゃありませんか。新型主力戦車のT72を筆頭に、新鋭戦闘機のスホーイ35も配備され、北海道全域に届くミサイルも択捉島に沢山ある由、ありゃりゃ、此れって、プレゼントした3000億で、武器を買われただけじゃないんですか!?其れで居て、「外交のアベ」と自画自賛してるんですもの、どうかしてるぜ!!でね、子供は親の背を見て育つと謂うじゃありませんか。こんな隠蔽と糊塗ばかりする、総理の姿を見て、日本の子供達に悪影響が出ませんかねえ。此れから益々少子高齢化になる訳で、子供や若者を育てて行かねばならないのにねえ…。

閑話休題、其の若者の育成って、本当に大変な事と痛感します。と申しますのも、昨日、我が愛する阪神タイガースの金本監督が辞任しまして、僕、非常に複雑な心境なんですよ。金本監督は、低迷を続けるタイガースの再建の為、3年前に白羽の矢が立ち、火中の栗を拾い、監督に就任しました。確かに、采配や作戦については、其れ程上手には見えませんでした。実際、エエッと吃驚する様な選手起用もありましたもんね。でも、僕、とっても評価しているんですが、若手選手を育てようと、一所懸命でしたし、ベテラン頼りのタイガースには無かった、素晴らしいアプローチでした。不幸にも若手が左程育たなかったのが残念ですけれど、好漢金本監督、何時か又、是非とも球界に復帰して下さいm(__)m。兎に角ご苦労様でした。暫しの間、ゆっくりとお休み下さい。

でね、僕、どうしてタイガースでは若手が育たなかったのか、昨夜とつおいつ考えていたんです。選手の素質の有無もさる事ながら、矢張り、熱血指導が過ぎて、若い選手達が委縮した気がしてならないんです。「馬を水辺に連れて行く事は出来ても、水を飲ませる事は出来ない」訳で、成果を出すには無理矢理やらせるのでは無く、本人のモチベーションが一番大事ですよね。現役時代、偉大な実績を残し、誰もが一目置く金本監督も、厳しいばかりで、其の点の見通しが甘かったのかなァ。

さて、いよいよ将棋界最大の優勝賞金、4300万を誇る竜王戦が開幕します。国民栄誉賞の羽生先生と、若手のホープ広瀬8段の戦いなんですね。僕、矢張り羽生先生の勝利を予想しますけれど、今回は凄い記録が掛かっているんですよ。此の竜王位を獲得すれば、羽生先生、何と100回目のタイトルなんです。将棋のタイトルって、今は8つですが、かっては7つでした。年に1回しかタイトル戦ってありませんから、MAXで年7つのタイトルしか取れないんですね。其れを100回って…。前人未到の不滅の大記録と謂えましょう、流石は国民栄誉賞であります。でね、其の偉大なる羽生先生の師匠は、二上9段と謂う方でした。かって僕、随分前に新宿末廣亭で落語を聞いて、蕎麦屋で一杯引っ掛けて、夜風に吹かれて良い気分、ほろ酔いでフラフラ歩いていたんですね。で、新宿3丁目駅から神保町で乗り換えて人形町の定宿に帰るかァと、信号待ちしてましたら、何だかオーラがある、上品な老紳士がいらっしゃったんですね。あれ、何処かで見た事があるなとハッと気付いたんですが、二上9段でして、もう僕、酔いが吹っ飛びましたもんね。話しかけるのは断念したんですが、TVで何度も拝見してましたから間違いありません。其れはさておき、其の二上9段、現役時も超一流でしたが、兎に角穏和で寛容なお人柄で有名でした。函館の網元の裕福な家に生まれ、棋士としても順調に成功を治めたんですが、其の優しさ故か、冷酷な手が指せず、当時の大山名人と戦ったタイトル戦は2勝18敗、とうとう棋界のトップには届きませんでした。でも、二上先生の礼儀正しさ、品の良さ、優しさ、面倒見の良さ、負けても負けても将棋を追求する真摯な姿勢、其れが羽生先生に受け継がれ、見事大輪の花を咲かせたんじゃないでしょうか。

先日行なわれたボクシングのWBC世界ライトフライ級タイトルマッチ、チャンピオンの拳四朗選手が見事なKO勝ちを飾りました。僕、彼の世界戦は全て観戦してますけれど、チャンピオンになって本当に強くなりました。距離感の良さが生命線のボクサーと思っていたんですが、今は其れに加え、踏み込む力があり、KOを量産してますもんね。でね、拳四朗選手も立派なんですが、僕、父君でありトレーナーである、寺地永さんも偉大と思うんです。僕、お父さんの寺地さんのボクサーの現役時代もTVで観てますから、何だか思い入れもひとしおなんですね。さて、寺地さんは幼い頃にお父さんを亡くし、母子家庭で育ちました。大学在学中にご母堂も亡くし、天涯孤独の身となるんですね。立命館大を卒業後、プロボクサーとなり、日本・東洋太平洋とタイトルを獲得するんですが、寺地選手はライトヘビー級と謂う重量級でして、試合どころか練習相手にも事欠く有り様、とうとうチャンピオンのまま引退となり、世界までは届きませんでした。引退後はボクサー達の第2の人生を支援すべく、清掃とリフォームの会社を設立、社長に就任します。其の後、市会議員を2期務めた後ジムを開設、拳四朗選手を世界チャンピオンに育て上げた訳です。今までの散々な苦労が生きたのでしょう、見事息子さんと共に夢を叶えた訳です。またねえ、此の親子、何時見ても本当に仲が良く、息子はとっても愛嬌があり、其れをじっと見守る寡黙なお父さんでして、愛と絆を感じるんですよね~♡

こんな若輩者の僕が謂うのは何ですが、人を育てるのって本当に難しいと思います。でも、時には厳しく叱咤し尻を叩くのも必要でしょうが、やっぱり寛容さと優しさも必要ですし、根底に愛が無ければ、幾ら指導しても上手く行きませんよね。僕も、若手社員の育成に対し、情熱と愛を持って取り組まなくては!話を戻しまして、次期阪神監督には、野球とタイガースへの無限の愛を感じる、掛布さんしか居ないと思うんだけどなァ。タイガースのオーナー、何とかなりません!?

さて、此れから数日、お天気が回復して全国的にも快晴の由、皆様、素敵な週末をお過ごし下さいませm(__)m。其れでは暫しの間、ごきげんようさようなら。又月曜日、セイム・タイム、セイム・チャンネルでお会いしましょう(^.^)/~~~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR