FC2ブログ

♪ アンダルシアに憧れて ♪

食欲の秋と申しますけれど、いよいよ蟹のシーズン到来でして、ちょうど今、佐賀の太良町で獲れる、竹崎蟹が旬なんですって。僕、出張の折にご馳走になったんですが、大分の豊後高田のガザミ、所謂渡り蟹と甲乙付け難い美味でして、うう~ん、又行きたいなァ。はっきり謂って、タラバやズワイよりも美味しいんです。此の太良町、佐賀と長崎の県境にある小さな街でして、人口は1万人に満たない、正直辺鄙な処なんですが、有明海に面していて、海の幸の旨さは、少々時間を掛けても行く価値はあると思います。獲れます物は、蟹に牡蠣、海苔に車海老、タイラギ貝に多種多様なお魚。しかもね、どの海産物も吃驚する程安い上に、此処、山葵の名産地でもあり、こんなのねえ、刺身と冷酒しか無いでしょ!?

芸術の秋と謂えば、東京都美術館では藤田嗣治展が、国立博物館ではマルセル・デュシャン展が、奈良国立博物館では正倉院展が夫々開催されていまして、僕、どれも行きたいんですよね~。でも、今秋の白眉は矢張り、上野の森美術館で開催される、フェルメール展でありましょう。フェルメールの絵って、35点しか残っていないのですけれど、其の中から9点が日本に来まして、うち3点は本邦初公開なんでしょ。フェルメール・ブルーと呼ばれた美しく鮮烈な蒼、そして光の画家と呼ばれただけあって、其の表現力は一見の価値ありと謂えましょう。僕、かって国立博物館でフェルメールを観ましたけれど、確かに蒼も光も感心しましたが、其の構図や遠近法に驚いたんですよね。空間を構成する力と謂うのかなァ、デッサン力もずば抜けていたんでしょうが、静かな絵の中にも緊張感がありまして、将に眼福でした。しかしね、僕、「真珠の耳飾りの少女」を此の目で見られてハッピーだったんですが、本当に長蛇の列でして、絵の前に行くまでに3時間ですよ。あれには参ったなァ。

行楽の秋でもありまして、僕の定宿のホテルがある、都内の人形町では、毎年恒例の「人形市」が始まりました。此れ、人形町って元々人形師の街ですから、其れに因んで始まったんですね。其の歴史に因み、平成の今も、日本全国津々浦々から、人形師達が集まり、様々な人形を売ると。もうね、見ているだけで楽しいのですけれど、此の街、定食屋の小春軒に鳥鍋の玉ひで、サンドイッチパーラーまつむらに洋食店のラグー、和菓子にお蕎麦に鰻にお好み焼きと、何れ劣らぬ名店揃いなんですよ。しかもね、下町気質と申しますか、ざっくばらんで気さくなオーナーさん達ばかりなんです。路地に入りますと、小体ながら洒落たバーも多く、僕、其処のマスターと友達になりましたもんね♪定宿から少し歩けば隅田川、とっても風情がありますし、いや~、何だか又行きたくなっちゃったな~。

さて、僕のこよなく愛する人形町の景観も、今度の東京五輪で、すっかり様変わりするのではと、今から戦々恐々なんですが、皆様、今朝の新聞、ご覧になりました!?僕、本気で怒っているのですけれど、此れまで国は、五輪関連の予算を、1127億円と説明して来ました。ところが今になって、支出額は8011億になったそうです…。しかもね、当初は、大会の経費が1兆3500億と説明してましたけれど、どうやら此れ、3兆になるそうですよ。あの~、予算と経費を併せますと、当初の予想では全体で、1兆4627兆円を予定していた訳です。其れが、今になって3兆8011億円って…。余りに杜撰過ぎますし、此れ、民間企業でこんな事やっていたら、会社は直ぐに倒産、社長は夜逃げで行方不明でしょう。でも、此れが日本国の財政と謂う事になると、結局は誰も責任を取らない訳でしょ。僕もう、呆れに呆れて言葉もありませんぜ。責任者出てこ~い!

は~あ。嫌な話は此れでおつもりとしまして、我が国の政府とは大きく異なり、日本の民間企業は本当に頑張ってますよね。僕、吃驚したんですが、ソフトバンクとトヨタが提携、共同出資で新会社を造りましたでしょ。此れ、トヨタの自動運転車両を使い、ライドシェアや移動コンビニ、医療やオフィス空間提供等のサービスを行い、海外展開も視野に入れているんだとか。そうそう、ソフトバンクの孫社長は、新たな才能を育てるべく、多額の私財を擲ち、奨学金制度を造りましたよね。トヨタも、トヨタ工業学園と謂う職業訓練校を持ってますし、中高一貫のエリート私立校も設立しましたもんね。両社共、今後の日本を背負って立つ、次世代の育成までも手掛けている訳です。

北海道全域に展開している、セイコーマートと謂うコンビニチェーン会社があるんですね。此処、品揃えの豊富さと安さと接客態度の良さで、コンビニ業界の顧客満足度調査では、常に全国1位なんだとか。で、今回、北海道で地震による大停電がありましたよね。他店のコンビニは営業どころでは無かったそうですが、セイコーマートさんだけは全店舗が開いており、暖かいおにぎりを提供出来たんですって。どうやら、過去の停電の教訓を活かし、ガス釜による炊飯や、全店舗に車からの電力供給コードを常備しているんだとか。う~ん、頭が下がりますm(__)mm(__)m。

シャルル・アズナブールさんと謂う、シャンソン界の大御所がいらっしゃいます。大ヒット曲は多数あり、出演映画は60本以上、恐らく、世界一有名なシャンソン歌手と思うのですけれど、惜しくも先日、お亡くなりになりました。享年94歳、ご冥福をお祈り致します。さて、其のアズナブールさん、6度来日されているんですが、其処で日本製品の良さの虜になったんだとか。歌手ですから耳や喉が命ですけれど、彼の自宅のオーディオからビデオから加湿器から家電全般、そして愛車に至るまで、全てが日本製品だった由でした。現在公開中のドキュメンタリー映画、「世界が愛した料理人」で、スペイン史上最年少で3つ星レストランのシェフとなった方が出演しています。僕、此れ、早く観たいんですが、本作の主人公は、世界最高のシェフに選ばれたエネコ・アチャさんなんですね。さて、アチャさん、真のプロフェッショナルとして、料理の修業を続けているんですが、此の映画で彼が選んだ修行の地は、何と日本でありました。其れもね、鮨や天婦羅や懐石の名店だけじゃないんですよ。アチャさん曰く、「ラーメンで大満足です。日本は、何処で何を食べても本当に勉強になります」ですって!世界一のシェフに其処まで謂わせるなんて、日本人として誇らしいですよね~♪「日本では、魂で造る料理がある事を学んだ」そうでして、アチャさんのレストラン、行楽の秋でもありますし、是非行ってみたいけど、スペインまでは余りに遠いなァ…。

しかしね、こうした民間の営々たる日々の努力を、日本政府が滅茶苦茶にしていると思うのは僕だけでしょうか…。其れは兎も角、大型台風が接近中ですし、どうぞ皆様、お天気には気を付けて、素敵な週末をお過ごし下さい。其れでは、来週火曜日朝に、又お会いしましょう。ごきげんようさようなら(^.^)/~~~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR