FC2ブログ

❀ 花も会津の 白虎隊 ❀

週末は又、台風が来るそうでして、今度のも相当大きいんでしょ!?僕、土曜日に飲み会が入っているのですけれど、大丈夫かなァ…。何だか毎週台風が来ている気がしますけれど、あなあわれ 初秋の夜の 雲間より いなづま走る おほわだつみへ、どうか皆様、嵐の中、屋根に登ったりせず河原や田圃を見に行かず、大事を取って下さいね。

さて、折角のウィークエンドが此の荒天、僕、些か憂鬱だったんですが、新聞を読んでいて、思わず微笑んでしまいました。何と、ムーミンのテーマパークが日本に出来るそうで、来月オープンなんでしょ。僕、ムーミンのお話、こよなく愛してまして、アニメは勿論の事、講談社文庫版は全て読破しています。特に僕、スナフキンの大ファンなんです♡さて、ムーミンの作者のトーベ・ヤンソンさんは、北欧の小国フィンランドのご出身でして、小説だけで無く、画家としても有名なんですよね。僕、彼女のフレスコ画を観た事がありますけれど、何処と無く藤田嗣治を思わせる繊細なタッチでしてセンス抜群、生まれながらの芸術家なんだと感心しました。其れも其の筈、ヤンソンさんのパートナーは同性である女性でして、其の人もグラフィック・デザイナーなんですよね。ご両親は彫刻家と画家でして成程成程、芸術家の血筋なんですねえ。

是非ともムーミンのテーマパークに行きたいなァと思っているのですけれど、場所を見て、思わず嘆息しちゃいました。大丈夫かいなと、インチキ関西弁の感想なんですが、場所がなァ…。埼玉県の飯能市と謂う処にムーミンランドが出来るんですが、此処、かなり遠いですよ。僕の旧友が埼玉に住んでまして、上京した際には偶に遊びに行きますから、土地勘はあるんですが、此の飯能市、確か、東京駅から山手線で20分で池袋に着き、其処から西武線の特急で40分、今度はバスに乗り換えて20分位掛かりますよ。乗り継ぎが悪ければ、都心から2時間掛かりますし、飯能市って確か林業の街ですから、山ばっかりなんですよね。ムーミンランド、大丈夫かなァ!?

此の手のテーマパークって、死屍累々でしょ。九州では割と人気があった、スペースワールドが閉館したのが去年でしたっけ。関東圏にお住いの方なら、多摩テックや横浜ドリームランドの閉園は忘れられないと思います。そうそう、富士ガリバー王国や、名作「赤毛のアン」をテーマにしたカナディアンワールド、東京ムツゴロウ動物王国等々、全て倒産してしまいました…。どうかムーミンランドがそうならない事を切に願っています。でもね、ディズニーランドやUSJの様に、大成功を収めている施設もある訳で、僕、閉園した処との差って、現状認識が出来ていたかどうか、其れに尽きると思うんです。こういうアトラクションがあれば此れだけ人が来て、客単価で1人○○円儲かり、其処から諸経費を引いてと、如何に其れが正確に予想出来るかですもんね~。

此の現状認識、企業経営だろうと部活動だろうと恋愛だろうと、全てに当てはまると思います。だって、独りよがりで彼氏彼女が喜ばない言動を繰り返していれば、そりゃ何時かはサヨナラを謂われますよね。此処が受験の正念場、勉学に励まねばならない時に、漫画を読み耽っていたり、ゲームに夢中になっていては、そりゃ試験に落ちますぜ。僕、今の日本って、其の現状認識が出来ているのか、とっても不安なんです。と申しますのも、先日の沖縄知事選、野党候補の玉城デニーさんが大勝したのが余程面白く無いのか、TV各局は殆ど、黙殺状態でしょ。玉城さんを落選させる為、誹謗中傷が書かれた悪質なデマ文書が大量に飛び交い、複数の殺人予告まで届いていたと仄聞します。でもね、海外メディアの反応って、全く異なるんですよね。アメリカのCNNやABC、ニューヨークタイムズにワシントンポスト。フランスのル・モンド。イギリスのロイター。何れも玉城さんの当選を絶賛しているんですね。玉城さんはアメリカ人と日本人のハーフですから、其処をフィーチャーして、「彼の勝利は、日本で人種の多様性の扉が開かれつつある事を証明した」「アベ首相とアメリカは、米軍基地について、公平な解決を目指すべきだ」「小さなアリは、象を倒す事も出来る」「寛容性と多様性を兼ね備えた、新たなリーダーが沖縄の地に誕生した」等々、本当に褒めちぎっているんですね。僕、此れが真っ当な意見だと思うのですけれど、自民党や日本のメディアは殆ど黙殺って、おかしくありませんか!?読者の皆様、如何思われますか!?

僕、物事の本質を見極めず、真実を隠蔽する組織って、必ず駄目になると思います。ですから当院は、出来る限りの情報を、職員は元より、皆様に公開しているんですね。実は先月、病院機能評価と謂う審査を受けたのですけれど、此れ、第3者機関に入って貰い、当院のありとあらゆる事--経営状態からキャッシュフロー、医療や看護、設備や衛生面、労務管理から災害時の対策まで--を全てチェックして頂きました。審査結果は年末に出るんですが、過分なお褒めの言葉を沢山頂き、本当に嬉しかったんです。当院が此の医療機能評価を受けたのがもう10年前でして、其れからずっと、此の資格を持ち続けています。読者の皆様、「病院機能評価」でパソコンで検索して下さって、大分の病院の欄をご覧になれば、当院のデータがたっぷり見られます。もしお時間がおありでしたら是非、ご覧になられて下さいませm(__)m。

閑話休題、江戸から明治へと変わる幕末の激動期、斗南藩と謂う小藩がありました。此の藩、元々は大藩だった会津藩でして、江戸期はとても勢いがあり、京都守護職--首都だった京都を守る大役です--を任せられる程だったんですね。ところが、徳川幕府に味方した為、朝敵とされ、広大な領地を取り上げられ、青森県の端っこの不毛な土地に追いやられるのです。会津藩の名前は斗南藩と変えられ、餓死者や凍死者が多数出るなど、大変な目に遭うんですね。さぞや、明治の新政府を恨んだ事でしょう。ところが此処に、広沢安任と謂うリーダーが現れ、皆の窮状を救うんですね。「恨んでいても何も始まらない。先ずは現状を認識し、武士だったプライドを棄て、皆が食べられる様にしよう。そして教育に力を入れよう。」と謂う訳で、広沢さん、勇敢な侍だったそうですが、何と日本初の酪農を始めるんですね。金策に駆け回り土地を確保、スコットランドから2人、酪農の専門家も招聘、大牧場を開くのでした。頭が良いなァと心底感心したんですが、バターやチーズ、牛乳やお肉って、勿論商品になりますし、困った時には食べられますもんね。そして、其れらを売ったお金で子弟の教育費を出すと。其の結果、貧乏極まりない此の斗南藩からは、本当に多くの教育者や村長さん、軍人に議員等々、日本を支えた優秀な人物が、沢山輩出されたんですね。

アベ総理、ホントに現実を見て下さいよ。憲法改正よりも、先にやる事があるでしょ。生活保護者は増え続け、満足に食事を摂れない子供が7人に1人、そして今日の新聞に、「貧困の高齢世帯 過去最多に 88万世帯を超す」と出ていました。僕、此れを解決するのが政治家の仕事と思うんですが、自民党の皆様、如何思われますか!?少なくとも斗南藩の人達ならば、憲法改正よりも、子供達や老人の食事の確保に走り廻ると思えてなりません。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR