FC2ブログ

♪ WAIT FOR YOU ♪

昨晩僕、冷凍庫で冷やしたジャックダニエルのハイボールにカボスを入れ、スカパーの野球観戦に勤しんでいました。高校日本代表VS大学日本代表の一戦でして、流石にお兄さんである大学生が7-3で勝ちましたけれど、日本のアマチュア野球は、本当にレベルが高いと痛感しました。だって、大学生の甲斐野投手、159㌔の快速球ですし、サイドハンドの津森君なんて、横から投げているのに147㌔とは、うう~ん、僕が愛する阪神の投手陣より、余程上じゃないかしらん…。確かに、大学生の方が身体が一回り大きく、筋力の差は否めませんでしたが、高校生も負けてはおりませんで、大阪桐蔭の根尾君、報徳学園の小園君の活躍には、僕、TVの前で大きい声が出まして、近所迷惑でした、ごめんなさいm(__)m。根尾君は投げては相手を三者凡退、外野守備でもファインプレイ、打っては華麗な流し打ちにセンターの頭上を大きく超える三塁打でして、圧巻でしたねえ。小園君は、抜群の守備力は甲子園で拝見しましたけれど、其れは勿論健在、俊敏な動きで俊足ランナーを刺し、打ってはホームラン、いやはや何とも、将に麒麟児達でして、恐れ入りましたm(__)m。僕、今年の阪神のドラフト1位は、大阪桐蔭の藤原君と確信していたんですが、こりゃあ迷いに迷いますねえ!?どうせならいっそ、皆阪神に入っちゃえば良いのにって、そりゃ不可能ですね、トホホ…。

閑話休題、こうした優れたアスリート達も、現在のテクノロジーの驚異の進化があれば、人為的に造れるのかもしれません。いやもう既に、実験室の中では誕生していたりして!?と謂いますのも、理研が、遺伝子操作により、夢を見ないマウスを造る事に成功しました。所謂レム睡眠が無いんですって。身体は寝ているけれど、脳が動いている状態が全く無いマウスだそうで、完全に熟睡している状態なんですね。どうやら睡眠障害等の新薬開発に活かすそうなんですが、最早神の領域でして、ちょっと怖くありませんか!?又、象って、滅多に癌にならないんですって。研究の結果、象には、傷付いたり損傷した細胞をやっつける遺伝子があるそうでして、将来的には其れが人間に応用可能と謂われているそうです。そして此れは人体とは関係ありませんけれど、ご婦人方には朗報ですが、ダイアモンドの養殖も始まっているそうで、非常に安価で品質も良い由、アメリカでは既に商品化され、近々日本でも発売されるそうですよ。将に、 diamonds are a girl's best friends 、でありましょう。そして、巨大な物質をレントゲンの様に透視出来る、ミュオグラフィーなる技術が進んでいるんですって。此れがもっともっと改良されれば、火山やピラミッドの内部、深海の奥深くにある地下資源等々、大発見が可能だとか。まァ、無人運転に空飛ぶ車まで誕生する訳で、様々な技術が競い合えば、超人間を造る事も可能でありましょう。身長2㍍、IQ200、100㍍を6秒で走る人間を造るべく、世界各国で研究が進んでいるそうですよ~。

思えば、ギリシャ神話にギルガメシュ叙事詩、本邦では撰集集と謂う鎌倉期の説話集にも、人造人間について触れた記述があります。ゲーテのファウストにはホムンクルスと謂う奇怪な人造人間が登場しますし、彼の有名なフランケンシュタインも同様でしょう。カレル・チャペックの「山椒魚戦争」、ディストピアを描いた世界的にも評価が高い小説ですが、此れは喋る山椒魚が、人間に対し反乱を起こします。SF映画の大傑作、「ブレードランナー」でも、レプリカントなる人造人間が現れます。楳図かずお先生の畢生の大作漫画、「14歳」には、チキン・ジョージと謂う天才科学者が登場するんですが、彼は、頭が鶏、身体は人間でありました。人工培養した鶏肉が育ち、そういう形になると謂う設定でして、平成2年に此れを描いていたんですから、楳図先生の発想には脱帽です。そして天才手塚治虫先生の大傑作漫画、「人間ども集まれ!」では、男性でも女性でも無い新たな人類、無性人間が物語のキーとなります。

此れからも科学者達はより進化を求め、研究を続け、新たな発見が相次ぐでしょう。此の流れを止める事は先ず不可能でありましょう。でもね、僕、本当に危惧しているのは、此の流れ、一種の優生思想に繋がらないか、と謂う事なんです。SF映画「ガタカ」では、「適性者」と「不適正者」で二分される社会を描いていまして、其れで職業まで全て決められてしまうんですね。賞は貰えなかったんですが、紛れも無く傑作ですから、未見の方は是非ご覧下さいm(__)m。僕、将来そうならない事を、心から願っています。

エリオット・ヤミンと謂う、素敵な歌声を持つ、アメリカの男性歌手が居ます。繊細で美しいメロディ、哀愁を帯びた歌声のR&Bでして、僕、10年以上前からファンなんです♪ wait for you と謂うヒット・ナンバーがありますから、ご存じの方も多いのでは。さて、ヤミンさんは、極貧の家に育ち、両親は離婚、全米を転々としていたのですが、13歳の時、感染症を患い、右耳の聴力を失います。16歳の時、1型糖尿病を発症、17歳の時から働き始めます。臥薪嘗胆の10年間、職場に行く為の電車賃も無い生活だったそうですが、彼には天性の歌声と音楽の才能がありました。ライブハウスでタダで唄ったり、陰に陽に友人達の支援もあり、27歳の時、TVオーディション番組に出演、或る審査員から大絶賛を受け、レコードデビューするんですね。其の審査員は、何とスティービー・ワンダーでした。彼は出すレコードが全て大ヒット、グラミー賞22回受賞、殆ど全ての楽器を達者に演奏出来る、音楽史に残るアーティストですが、生まれつきの盲目なんです。おまけに若い頃に交通事故に遭い、其の後遺症で、一時期味覚や臭覚までも失いました。でも、エリオット・ヤミンもスティービー・ワンダーも、人の心を揺さぶる、とっても優れたシンガーでして、ハンディキャップなんて、却って糧にしてますもんね。僕、其の高貴な人間性に、心から敬意を表しますm(__)m。

スティービー同様、盲目のレイ・チャールズ。彼はリズム&ブルーズの歴史に名を残す偉人です。アフリカのマリ出身のサリフ・ケイタ。彼はアルビノでありまして、黒人なのに肌が白いんですね。ですから古代から連綿と続く王族のご出身なのに、一族から追放され、極貧生活を送ったんだとか。でも、彼には、1度聞いたら決して忘れられない、強靭な歌声がありました。花の都パリでデビュー、アフリカの伝統音楽と現代音楽を融合させ、世界的な歌手になったんですね。そうそう、坂本龍一とも共演しているんですよ♪本邦ならば矢張り、長谷川きよしさんでしょう。彼も盲目ですけれど、其のギターテクニックは、超絶と謂っても過言ではありません。兎に角上手い!僕、かって遊びでギターをやった事がありますけれど、長谷川さんの曲なんて、ワンフレーズも弾けないと思いますし、全ての指が攣ると思います…。又ねえ、歌声も素晴らしいんですよ。透明感のある高音でして、読者の皆さんには、YOUTUBEで気軽に観られますから、是非とも「別れのサンバ」を聞いて欲しいなァ♪

さて僕、人を見た目や経歴や年齢、学歴や性別や国籍で判断する輩が大嫌いです。例え、其の人に何らかのハンディキャップがあっても、其処で差別するなんて最低でしょ。あくまで其の人の人間性が全てであり、そして仕事に対する姿勢や努力、其処を見たいと常々思っています。ですから、当院は今もそうですけれど、此れからもずっと、其の方針を貫きたいと此処に宣言します!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR