FC2ブログ

♔♕ king lear ♕ ♔

しかし、毎朝行く愛犬の甲斐犬のコロちゃんの散歩、流石にキツくなりました…。だって毎日、3時起きなんですよ~。何だかまるで漁師さんの様な生活をずうっと続けていまして、道理で僕、体重も落ちる筈ですよ。慢性的な睡眠不足と申しますか、此れでも僕、時折夜の会食もあったりしますから、そうしますと、1時過ぎに床に就いて3時に起きねばならず、もうねェ、朝ご飯なんて喉を通りませんもの。ペリエかアイスコーヒーを飲むのがやっとでありまして、愛犬家の皆様、老犬って皆、こんなに早起きなんですかねえ!?彼女の散歩の時間帯を遅くする術があれば、是非ご教授賜りたいと切に願っていますm(__)m。

まァ、とは謂ってもコロちゃんとは今年で17年目の付き合いですから、時が2人を分かつまで、精一杯面倒を見ようと心に決めています。でね、僕、可哀相になるんですが、人と犬は此れだけ仲良く一緒にやれるのに、人間同士の関係って、かなりセンシティブですし、本当に難しいですもんね。特に親子となりますと、「父親なんだから分かってくれるだろう」「娘だから一々謂わなくても…」となり、気付いた時にはもう、関係改善は難しくなるのが世の常でありましょう。そして、血が繋がっているからこそ、骨肉の争いと謂う言葉通り、どうしても感情が先立ってしまい、抜き差しならなくなるんですよね…。でも僕、天下の大塚家具が此処まで転落するとは思ってもみませんでした。読者の皆様は疾うにご存じでしょうが、問題を要約しますと、父と娘の経営方針がまるで噛み合わず、兄弟や親子間でも大喧嘩となり、大塚家具は分裂してしまったと。そして、娘の大塚家具と、父親の匠大塚と謂う2つの会社が出来た訳ですが、両社ともに大赤字の由、此のままでは共倒れの可能性が高いと謂う惨状であります。

此の問題、僕の見る処、父と娘の価値観の違いが招いた悲劇と思うんです。創業者のお父さんは、貧困と苦学の末に定時制高校を出て、現場で仕事を覚えた職人肌の叩き上げでしょ。一方娘さんは、銀の匙をくわえて生まれたと謂いますか、裕福で恵まれた環境で育ち、私学の名門白百合学園を出て、一橋大学を卒業後みずほ銀行に入り、そして大塚家具の社長に就任と謂う、華麗過ぎる経歴であります。こりゃ、物事の捉え方や価値観が違っていて当たり前でしょう。娘さんが社長を継いだ時は、本当に仲が良かったそうで、でも業界全体の業績も落ち込む中、段々と不和になったのでしょう。此処ら辺はうちのドクターに教えて貰いたい処ですが、もしかするとファーザーコンプレックスやエレクトラコンプレックスと謂う、互いの心の中の葛藤があったのかもしれません。何だかまるで、シェークスピアのリア王の悲劇を見る思いで、いたたまれないなァ…。

パーソナルな話で恐縮なんですが、僕、大塚家具の件は他人事とは思えないんですよ。以前勤めていた病院では、父が理事長、僕が事務長でして、両者の意見が真っ向から対立、まるで上手く行かなかったですもんね。まァ、父は国立大を出た外科医、僕は私大の大学院の法学部に進みまして、其処でもう、まるで感覚が違うんですね。一言で謂えば、一流の鮨職人さんと女将さんの様な関係でした。「兎に角生きの良い鮪があったから、大量に買って来た」「エエッ、売れれば良いけど、そんなに沢山買って売れなかったらどうするんだい、お前さん」てな按配でして、父の患者さん第一の姿勢は素晴らしかったと思うんですが、例えば直ぐに最新の医療機器を揃えたがるんですね。「今度のCTは凄いぞ、直ぐ買おう」「其れは良いとは思いますが、2億近くしますが…」、此れが続くと、僕、人事は勿論、経理まで担当してましたから、反対せざるを得ません。最新のCTがあれば、確かに患者さんの為にはなりますけれど、ランニングコスト、借り入れの金利、メンテナンス、そして機器を扱う職員も増やさねばならず、相当お金が掛かっちゃうんですよね…。こうした事の繰り返しでありまして、僕が若かった所為もあり、論理や数字一辺倒で押し通したものですから、職人肌の父は面白く無かったのでしょう。仲違いも激しくなり、結局僕が辞める形となりました。もう少し上手くやれなかったのかと、些か残念ですけれど、僕、自分の経営上の判断が間違っていたとは決して思いませんし、後悔もしていません。ただね、此れが他人同士だったら、感情的にもならず、もっと上手く協力出来た気がするんですよ。そして僕、大塚家具の再生の道は、恩讐を越えて、父と娘が協力し合うしか無いと思います。お父さんの経験、娘さんの学識があれば、僕、まだまだ再建可能と思うんですけどねえ。僕が前の病院で散々苦労したからこそ、大塚家具には頑張って欲しいなァ。

現代の企業でも、富士通からセイコーから、ロッテにセブンイレブン、松竹や極真空手でも、誰が跡を継ぐかで、揉めに揉めましたでしょ。ビートたけしですら、自ら立ち上げたオフィス北野を退社しちゃいましたもんね。世界的歌手のビヨンセも、マネージャーだった父親を解雇しました。でも此れ、歴史を振り返りましても、江戸期のお家騒動を始め、本当に頻繁にありますもんね。鎌倉幕府の源家から北条家に政権交代した際、此れは巧妙なクーデターでしたが、お父さんが娘の嫁ぎ先の家を潰しちゃうんですもん、怖すぎます。戦国期の東北地方の雄、伊達政宗公なんて、実のお母さんから毒殺されそうになったんですね。義姫と謂うお母さんだったんですが、政宗公を忌み嫌い、弟の小次郎に家督を継がせようとしたんですね。そうしましたら政宗公、自ら弟を惨殺、母の陰謀を漸く止めたそうでした。何だかもう、此処まで来ますと、映画「ゴッドファーザー」の世界ですけれど、愛憎の念が行き付く処まで行くと、こうなってしまうのかもしれません。

でも僕、父との苦い経験を超えて今、人々は互いに認め合い、寛容であらねばと肝に銘じているんです。だってね、今の日本って、少子高齢化と人口の激減もあり、外国人の協力が無くては、最早成り立たなくなってますでしょ。群馬の大規模な農業法人では、210人の社員中、外国籍の方が44人を占めるんだとか。タイ・ベトナム・フィリピン・ネパール・中国・台湾から来られた由でした。北海道の寒村の日本語学校には、韓国台湾中国、タイベトナムインドネシア、そして中央アジアのウズベキスタンから、150人の生徒さんが集まったそうです。此れ、工場やコンビニでも同様ですもんね。僕、都内に行く度に驚きますけれど、ローソンでもファミリーマートでも、店員は外人さんばっかりでしょ。矢張り此れからの時代、共生と許容しか無い、僕、そう思えてなりません。

さて、当院は土曜日の祝日と日曜日を経てお盆休みでして、5日間の休診となります。此のお休み中、出来れば1度は拙ブログを更新出来ればと思っていますので、読者の皆様、もしお時間があれば覗いて頂ければ幸いです。では皆様、暑さに負けず、週末を楽しんで下さいね。僕は映画鑑賞と墓参の予定です。其れでは暫しの間、ごきげんようさようなら(^.^)/~~~
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR