FC2ブログ

✿ ひまわり ✿

僕、明け方と謂いますか深夜に、愛犬の甲斐犬のコロちゃんの散歩に行く関係上、なるべく早く床に就くのが常なのですけれど、昨日はついつい火曜日から夜更かしをしてしまいまして、少々寝不足気味、ちょっぴり罪悪感もあったりして、とりあえず、濃いエスプレッソを飲んで洗顔して、目を覚まさなくては。謂えね、我が愛する阪神の試合を観てましたら、本当に久方振りに巨人に快勝、漸く最下位を脱出したものですから、僕、テンションが上がっちゃったんでしょう、TVを観続けちゃいまして、其れがねえ、WOWOWで、エレファントカシマシのライブをやってたもんですから、ついつい一緒に歌っちゃいましたよ。♪輝く太陽は 俺のもので 煌めく月は そう お前の涙 普通の顔した そう いつも普通の 風に吹かれて消えちまうさ♪、やっぱりエレカシ良いなァ♡

でね、僕、彼らは殆ど同い年と謂う事もあり、デビューツアーのライブから生で観ていますから、一層感無量なのですけれど、昨日の放送では、埼玉スーパーアリーナと謂う、1万6千入る処が即完売、超満員でしたもんね。僕が観たデビュー当時の彼らって、ホント、100人位しかお客さんが居ませんでしたもの。僕、日本のロックシーンを変える逸材と思い、30年間ずうっと応援し続けて来たのですけれど、中々と謂うかちっとも売れず、レコード会社から幾度と無く契約を切られ、殆ど消えていた時期もありました。其れがねえ、「悲しみの果て」「今宵の月のように」が奇跡の大ヒット、見事に息を吹き返しての快進撃でありまして、去年は紅白初出演も果たし、僕、思わず泣いちゃって大変でした。サンキューエブリボデー♡♡

しかし、エレカシの4人のメンバーも、50を過ぎて天命を知る歳になって今が旬、青春真っ盛りの感があり、とっても素晴らしいと思いましたし、諦めずに30年やってて、本当に良かったなァ。でもね、上には上が居ると申しますか、其のエレカシの番組の後、イギリスのロックミュージシャンのライブがありまして、其れも僕、観ちゃったんですね♪ポール・ウェラー、60歳でありまして、彼も又、エレカシ同様紆余曲折の激しい人生なんです。ザ・モッズ、スタイルカウンシルと謂う、伝説的な2つのバンドでリーダーを務め一世を風靡、兎に角スタイリッシュでカッコ良かったです。音はソリッドですし、ポール・ウェラーが兎に角お洒落で二枚目ですし、一時期は、何処に行ってもスタイルカウンシルの音楽ばかりかかる程でしたもんねえ。ところが好事魔多し、バンドの解散のショックで音楽活動から離れた時期もあり、こんな大物が、契約を切られちゃったんですね。しかしソロ活動を地道に再開、従来では考えられなかった小さなライブハウスから再出発、そして昨日は天下の名門、ロイヤル・アルバート・ホールでのコンサートでして、超満員で大盛り上がり、僕、遅い時間だと謂うのに、思わずビールを開けて一緒に唄っちゃいまして、ご近所迷惑ですよね、ごめんなさいm(__)m。でね、僕、吃驚しましたのが、あんなにお洒落だったポール・ウェラーが、今ではファッションにすっかり無頓着と申しますか、地味なダンガリーシャツとパンツ姿なんですよ。武骨なギブソンSGと謂うギターを持ち、淡々と激しいロックナンバーを唄ってまして、其れが又シビれる程カッコ良いんですが、まるで哲学者の様な風貌となり、僕、何だか求道者の雰囲気を感じ、感動したなァ。ロックを信じ続けた超一流の職人と謂った風情でして、40年間の音楽活動は流石に伊達じゃありませんね~。

しかし、上には上が居まして、亡母が大好きだった、ロバート・レッドフォードと謂う俳優さん、81歳にして役者を辞め、此れからは監督業に専念すると報道されてました。僕、亡母に連れられ、未だ小学低学年なのに、「華麗なるギャツビー」「追憶」「明日に向かって撃て!」「スティング」「ナチュラル」「愛と哀しみの果て」「ハバナ」等々、全て当時スクリーンで観てますもんね。本当の美男子、天下の二枚目でありまして、3年前でしたか、今最も勢いのあるマーベル社の映画にも重要な役で出演、当時確か78歳ですよ、恐れ入りましたm(__)m。そして昨日ですか、独占インタビューが新聞に出てましたけれど、其の方は御年83歳、イタリアの女優ソフィア・ローレンさんでした。世界的大ヒットをした「ひまわり」を筆頭に、「ふたりの女」「ラ・マンチャの男」「昨日・今日・明日」「黒い蘭」等々、傑作に出演されています。ローレンさんはグラマラスかつ野性的な容姿で、世界中の殿方を虜にしたセックス・シンボルでして、僕、感心しますのが、83歳になった今でもスタイル抜群、真っ赤なジバンシィのドレスを着てまして、其れがカッコ良いですし、とってもセクシーなんです。将に太陽に向かって真っ直ぐに咲く、ひまわりの様な大輪の花と申しますか、凄いお婆さん、いや、お姉さんですねえ。

でもまだ、上には上が居まして、僕、彼の新作は必ず劇場で観るのですけれど、クリント・イーストウッド監督88歳でありまして、失礼ながら此のお歳で、作品のクオリティが全く下がらず、大傑作ばかりなんです。88歳にして、新作を期待されるなんて、本当に凄過ぎます!でね、今年から来年にかけて、彼の新作が2本来るそうでして、1つはミュージカル、1つはサスペンスだそうですが、何と主演までやるんだとか。ひえ~、恐れ入りましたm(__)m。しかし、88歳にして監督兼主演って、19世紀に始まった映画の歴史上、初の快挙じゃないかしらん。

繰り返しになって恐縮ですが、まだ上には上が居まして、ピカソなんて、91歳で亡くなる其の寸前まで、多くのガールフレンド達に囲まれ、絵を描きまくってた訳でしょ。そうそう、明日大分に来県して、別府のアジア太平洋立命館大学で講演をする、マレーシアのマハディール首相、93歳にして政権を再奪取した訳ですから、脱帽して最敬礼ですよねえ。惜しくも去年お亡くなりになりましたが、画家の後藤はつのさん、郷愁を誘う独特のタッチで僕、ファンなのですけれど、73歳にして初めて絵筆を取ったんですよね。82歳で現代童画展新人賞、96歳で文部大臣奨励賞、100歳にして渡米してニューヨークで絵を再勉強、102歳で銀座で初の個展、108歳で多くの美術館で展覧会、111歳にして初の書籍を出版って、いやはや何とも、大和撫子の底力には、ただただ頭が下がります。水墨画の篠田桃紅さんも、世界的な評価が極めて高い方ですけれど、105歳にしてバリバリの現役でして、此処まで来たら、先の後藤はつのさんの113歳を、是非とも超えて欲しいなァ。

此れからの日本は、世界でも類を見ない高齢化社会の到来ですけれど、上記の様な大先達がいらっしゃる訳で、僕、何も恐れる事は無いと思います。僕の先輩の多くの皆様方、そして読者の方々も、何時までもお元気で長生きして欲しいものです。うん、僕も健康管理には気を付けて、偉大な大先輩方に負けない様、頑張らなくては。とりあえず今日、鰻でも食べて、精をつけて来ようかしらん…。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR