FC2ブログ

☀ 元始、女性は太陽であった ☀

黒猫も いたく夏痩せ 吾が家に、其れにしても連日暑いですねえ。岐阜県の多治見では何と、40・7℃を記録した由、未だ7月ですよ~。此の1週間で、1万人もの方が熱中症で搬送され、羽田空港では、余りの暑さで滑走路に穴が空いたそうでして、もう此れじゃあインドとかマレーシアですねえ。僕、若かりし頃、其の両国で清遊しましたけれど、インドは全身が干上がる様な強烈な日差し、マレーシアは身体中から汗が噴き出す凄まじい湿気でして、閉口しました。でね、インドではチャイ、マレーシアではテタレが、両国を代表する飲み物なんですが、共に熱々のミルクティー、紅茶なんですね。チャイには大量の砂糖が、テタレには練乳が沢山入ってまして、劇甘なんですが、段々と慣れて来まして、猛暑の中、此れを呑まないと動けないんです。熱波の中、敢えて熱い甘い物を呑む、此れが夏を乗り切る秘訣なのかも。そうだ、今日は熱い甘酒を呑んでみようっと。

しかしねェ、今や技術革新は凄まじい訳でして、広島のベンチャー企業が人工の流れ星を造れる時代でしょ。ロシアでは2000人乗りの空飛ぶ列車の実験が始まり、其れに負けじとアメリカでは、マッハ5の超高速飛行機を開発するんだとか。マッハ5って、想像も付きませんけれど、成田からハワイまで1時間半ですって。1日で世界一周も可能だそうで、いや~、凄い時代ですよねえ。見逃せないのが遺伝子の世界でして、アフリカに棲むキタシロサイ、絶滅危惧種なんですが、もうメス2匹しか居ないんですって。でも、冷凍保存していたオスの精子を、別の種のサイのメスの卵子に人工授精する事に成功した由、此れ、様々な種に応用可能だそうで、でも、倫理的にはどうなんでしょうか…。映画「ジュラシックパーク」じゃありませんが、既に絶滅した種でも、何万年前の化石からDNAを取り出し、蘇えさせる事は、技術的には充分可能なんでしょ。実験室では、恐竜から鳥に進化する途中の生き物は既に出来たなんて噂も聞きますもんね。マウスではもう、記憶の書き換えの実験に成功したそうですし、5300年前に亡くなった人のミイラから胃を摘出、当時の食文化が分かったそうでして、こりゃ何時の日にか、タイムマシンだって出来そうですよ!?

でね、話を戻しまして、此の猛暑ですけれど、此れだけテクノロジーが発達しているんですもの、所謂気象制御、人工降雨なんて出来そうでしょ。現在、世界各国で研究が進んでいますけれど、天災が多い我が国なんて、率先して取り組むべきじゃないですかねえ。と、昨夜も負けた阪神の試合を見ながら、ビール片手にとつおいつ考えていました。カラスカァと啼いて夜が明けて、新聞を開きましたら僕、呑んでいたペリエを吹き出しそうになりました。だってね、政府が猛暑対策を検討しているそうなんですが、其の解決策は打ち水ですって…。いやまァその、そりゃ打ち水はしないよりした方がマシでしょう。でも、自民党の高学歴の男性達が集まって、税金を使って会議を開いて、打ち水って…。そげなすもつくれん事、言うなっちゃ。此れ、ハードな大分弁なんですが、翻訳しますと、「そんな詰まらない事を言わないで下さい」でして、本当に頭が悪い連中と痛感しました。新たな遮熱塗料や断熱材を開発するとか、先の人工降雨を研究するとか、幾ら何でももう少し、アカデミックなアプローチをして欲しいなァ。

ニューズウィーク誌に依れば、此の20年間で、日本の家賃は上昇、収入は減り、若者は実家に住むしか無いそうです。家賃の為に働いているのと同じでして、アベノミクスって、何だったんですかね…。其れを牽引して来たのが男性達でして、僕、つくづく男は駄目だなァと哀しくなるんですが、ところで先日、紀伊国屋で書籍を購入したんですね。

こう見えても僕、かっては国際政治を専攻、大学院まで行きましたから、近現代史にはずうっと興味を持ち続けているんです。其の手の新刊が出たら必ず読むんですが、先日買い求めたのが、「1941 決意なき開戦」と謂う書でした。此れ、太平洋戦争に突入した際の日本の指導者達--陸軍を中心とした男性達です--が、優柔不断で情けなく、視野狭窄かつどれだけ頭が悪かったかを、丁寧に検証した本でした。論旨もしっかりしている上、膨大な資料をきちんとまとめてまして、良書と思い感心しました。でね、著者は堀田江理さんと謂う女性なんですよ。アメリカの超名門プリンストン大学を出て、イギリスのオックスフォードで博士号を取り、同大で教鞭を執り、イスラエルの国立大に留学後、本書を執筆した由でした。未だ40代とお若いですし、僕、こういう人に立候補して欲しいなァ。ご主人は高名なオランダ人の大学教授ですから、国際感覚豊かでしょうし、堀田さんが外務大臣をしてくれたら良いのに。そうそう、我が国の河野外務大臣、現在フランス外遊中なんですが、彼の地の超高級ホテルに泊まり、豪奢なベッドでくつろぐ様子を写真に取り、浮かれたコメントと共にツイッターで大量にアップ、お前は何処かの女優かと謂いたくなりますけれど、「大雨で大変な被害が出ているのに、被災者をほったらかしで、税金で観光旅行か!」と大炎上したそうでした…。

堀田さん以外にも、素晴らしい女性って沢山いらっしゃいます。世界銀行MIGA長官の本田圭子さん。此のMIGAって、世界の貧困の撲滅の為、様々な国々に投資をしているのですけれど、本田さんは其処の最高責任者なんですね。世界各国の本当のエリート達130人を率い、地球上を飛び廻っているとか。本当にカッコ良い♡斎藤由桂子さんと謂う方は、日本の一流商社を退職後、幼子2人を連れてイタリアに移住、現地の大学院を出てワイン会社を設立、欧州の地で大成功しました。ユニセフのパレスチナ事務所代表の巧刀純子さんは、オランダの大学を出て、アメリカで大学院を出て国連に就職されたんですね。中東からボスニアから、危険地帯を飛び廻り、夫々の国々で代表を務め、貧しい子供達を救うべく、大変なご尽力をされています。弱冠37歳で、ユニセフの地域代表になるなんて、凄過ぎませんか!?

此れ以外にも、世界で大活躍されている大和撫子の皆さんって、沢山おられるんですが、其の紹介は又の機会としまして、僕、人間として、彼女達を心から尊敬します。出来れば当院も、彼女達の様な優秀な女性スタッフを、どんどん輩出出来たらと願っていますし、其れをアシストすべく、僕もより一層頑張らなくては!!でもねえ、哀しいのが、先にご紹介した方々って、皆さん外国の男性と結ばれたり、シングルマザーだったり独身だったりと、日本男児をちっとも必要としてない感じなんですよね、トホホ…。僕を含めて、我が国の男性の皆さん、共に頑張りましょう!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR